トップへ戻る

普通の生活と定年、老後を考える

苦労続きのサラリーマン 定年を機に老後を考える

 

勤める = 雇われる  

 

この期間に、理不尽な苦労を強いられたはずのあなた、

 

定年を機会に残りの人生の生活設計を立ててみませんか?

 

自分で人生のストーリーを描くというのです。

 

この歳からでも決して遅くはありません。

 

老後が定年から始まるとすれば、平均年齢で考えると

 

老後は20年以上あるんです。

 

これを成り行きで納得のできない生活を送るのか、

 

自分で計画を立て直して、筋書きの通りに楽しい老後を送るのか、

 

9回裏、2死 からの大逆転劇を実演しようではありませんか。


普通の生活と定年、老後を考えるhutsuunoseikatsu記事一覧

職場の過酷なサービス残業

誰が 『勤勉な日本人』 と言い出したのでしょうか誰が 『仕事が趣味』 なんて言い出したのでしょうかおかげで、ほとんどの日本人が ただただ一生懸命に働くようになりました。「たいへんですねぇ」 などと言われると 半分照れ隠しとは言え「いやぁ、仕事が趣味なもので」 なんて返してしまう始末。平均何時間残業し...

≫続きを読む

 

定年後の悲しい現実はあなたにも起こる

エッ ! 生活が出来ない ?年金で生活できないという現実が引き起こした不幸。この人に出来る自由は、これしかなかったのでしょうか。この人の対年後には、安心は訪れなかったのでしょうか。どんな老後だったのでしょう。あるニュースに愕然としました。東京八王子市で 83才のおじいさんが、刃物を持ってコンビニに...

≫続きを読む

 

昇進と引き換えに奪われた自由

定年がちらつき始めた頃の話です。比較的短期間に昇進してきた会社で起きたことを紹介します。そこはやたらと人事が発令される会社で、係長や課長にいきなり上がったかと思うと、3か月後には降格になるという誇りも自身もやる気も何も起きなくなるところでした。私は転職組でしたが、ヒラから始まって半年後に リーダーと...

≫続きを読む

 

定年を自由に決めるという生き方

「自分の人生は自分で決める」 と言うセリフは、ドラマだけの世界ではありません。定年を自分で決める という自由もアリだと思いませんか。本来自分の人生を自分で決めるというのはとても自然で芯のある生き方だと思うんです。いや、本来そうあるべきだと思うようになりました。今まで以上稼げれば自由にしていいわけです...

≫続きを読む

 

一番最初に教えてあげたかった

定年後、老後を自由に生きる そんな言葉が一番遠い人だった。その人は、小学生の時 水泳で当時の大人たちを魅了した。その人の書いた書道の掛け軸は、遠く中国の展覧会にも出展された。その人は、ボクシングで国体に出場した。若い頃は社交ダンスに熱中し、昼は技術者 夜は夜間学校の先生だった。部品を買ってきては、自...

≫続きを読む

 

定年まで残業ありきの賃金

この部品と本文の会社とは関係ありません残業したいですか? それとも外国みたいに定時で帰りたいですか?少し賃金について考えてみたいと思います。ほとんどの人たちが、会社や組織から賃金をもらって生活しています。賃金とは、働いた代償としての報酬ですよね。いわば、自分の人生を切り売りして 会社なり組織なりに...

≫続きを読む

 

なぜ自由になれないのか

私が目指してきて、アフィリエイトビジネスで手に入れることが出来た 5つの自由とは、①時間の自由②生活環境の自由③人間関係の自由④お金の自由⑤心の自由です。では、この自由を束縛するものとは一体何でしょう。時間で人を縛るもの行動範囲を縛るもの嫌な人とも付き合わなければならないもの収入が限られているもの我...

≫続きを読む

 

老後が心配

老後の年金これは、いまやあらゆる職業人に波及してきた問題と言えます。富山市の議員が、公的資金を不正に受給しており辞任したとの報道がありましたが、理由は、「議員年金の廃止で、老後の生活が心配だった」 とあります。普通の人よりは、かなりの額を収入としていたと思いますから、お金の使い方にも問題があったはず...

≫続きを読む

 

定年の不安

若いころ、定年というイメージは、『長年勤めあげてご苦労様 後はゆっくり余裕で暮らして下さい』というものでした。私も実際、そう思っており自分もそんな時期が必ず来るものなんだと思っていました。定年とは、サラリーマンにしか訪れないもの という認識もありませんでした。そもそもサラリーマン以外には考えていなか...

≫続きを読む

 

会社に潰された青年課長

その日は突然やってきました。その社長とは、昨日一緒にお客さんのところに営業に行って、そのついでに工事の手直しもしてきました。私が途中入社で何もわからないでいた時のこと、部署の工事部隊の長として彼は現場から戻ってきました。当時の彼の役職は課長。全くの未知の分野への途中入社でしたので、何もかもがチンプン...

≫続きを読む

 

働き過ぎは良いことなし

日本人は、総じて遊びが下手です。『遊ぶことが下手』な人が多いと言いますか 『時間の使い方が下手』 なのではないかと思うのです。ごく一部の働かなくてもいい人たち以外は、朝から晩まで働くだけでなく 有給休暇どころか本来の休日も返上して働いています。外国の労働者は、本当の底辺の人たちを除けば日本人ほど働い...

≫続きを読む

 

大好きな趣味を中断した訳

私は音楽が好きです。小さい頃に、ものすごく無理をして親がピアノを買ってくれました・・・ 兄に。私も黄色バイエル (最初から2番目にに使うピアノのテキスト) までは行ったのですが、練習が嫌でやめました。その辺は、優等生の兄とは全く違う点なのですが、音楽そのものが好きなのは間違いないことでした。幼稚園で...

≫続きを読む

 

先々の不安

私は経済学者でもなければ、政治学者でもありません。ですが、今より条件が悪くなるであろうことは、容易に想像できます。社会保障はなぜ出来るかを考えてみると、税金での収入が国に入るからですね。税金を納める人と、使われる人とのバランスで、充実した保障の中で生活出来るかどうかが決まります。納める人が多くて使う...

≫続きを読む

 

中小企業で好待遇は望めない ?

サラリーマン時代の勤め先の一つにお墓の仕事がありました。小さな小さな会社でした。お寺でお墓を紹介する仕事です。そのお寺の周囲の住民に、お墓の需要がないかを電話帳を見て片っ端から電話していくんです。そして少し考えていそうな人には、ダイレクトメールを送るからと言って、住所やお名前を聞き出します。あとはそ...

≫続きを読む

 

間違った価値観

勤めていた時期は、その仕事を 『楽しい』 と思う時と 『嫌だ』 と思う時がありました。これに関しては、このブログを読んでいただいているあなたに於いても、ほぼ同じではないかと思います。私は、コック時代と営業職、業務職 の大きく3種類を経験しました。『楽しい』は、仕事上で結果を出せた時、即ちコックではと...

≫続きを読む

 

仕事と人生

人の人生は、突然終わることもあるのだなぁと 当たり前のようなことを、あらためて感じています。突然こんな話で恐縮ですが、昨日私の学生時代の友人の奥様が亡くなられたのがきっかけです。その友人は、私が結婚のことで迷っている時に、勇気をくれた恩人でもあります。奥様が病気だったと知らされたのも、つい最近の事で...

≫続きを読む

 

病気でもクビになる危険な会社勤め

病気で会社を休んだ場合、その期間によってクビになるかどうか ?答えは、クビになる  です。私は呼吸器が弱く、風邪をひいたらまず 喉に来ます。咳が出始めると一週間は止まりません。若い頃肺炎を患い、何とか咳は止まったものの、完治していなかったのかしれませんが、5年くらいしてまた、肺炎にかかりました。一度...

≫続きを読む

 

人生を変えたい人に読んでほしい

人生を変えたいと思ったことはありますか。私は、「変えたいと思ったことがない」という人に出会ったことがありません。皆変えたいと思っているようです。もちろん私もその一人です。なぜ変えたいのでしょうか。今のままでは、満ち足りていないからです。今のままでは、自分で思う幸せの領域に行きつけないと思うからです。...

≫続きを読む

 

アフィリエイトでセミリタイアを目指す

セミリタイアの勧めこのブログを読んで下さっている方のほとんどは、セミリタイアしなくても そのうちリタイアせざるを得ない年齢の方だと思います。あえてこういう内容にしたのは、今の収入減となっている仕事を自分の意志で、もっと言えば 『自分のその時の気分で』辞めることのできる、自由と心の余裕を手にして欲しい...

≫続きを読む

 

仕事と人生は切り離そう

仕事と人生の関係・・・どちらが優先?以前のサラリーマン時代、幸か不幸か転職してたくさんの業界を経験しました。生活のために仕事が必要でした。 仕事によって人生が決まるというか、仕事に合わせた人生になっていました。一般的な転職の場合、『経験を少しでも生かせるように』 と言うか、自分の過去が無駄にならない...

≫続きを読む

 

人生を変えるための行動

人生や生活を変えたいと思ったことはありませんか?生活は毎日の事です。毎日が集まると、人生になっていきますね。楽しいと感じる時がたくさんあれば、人生を変えたいなんて思わなくてもいいのですが、なかなか  ですよね。あなたもそうですか?“ 物は考えよう “  と言いますが、出来る事なら無理に楽しいと思わな...

≫続きを読む

 

仕事が楽しくない人へ

仕事が楽しくない人日々の仕事が楽しい と言える人は羨ましいですね。日本の就労人口の何%くらいの人が、楽しみながらの仕事をしているのでしょうか。あなたは今の仕事はどのくらい楽しいですか?私の過去を思い出してみると、楽しい時と楽しくない時がありました。楽しい時というのは自分の思う成果が出た時ですよね。し...

≫続きを読む

 

本当の事を進言すれば左遷かリストラof

勤め人がいる会社の中は、裸の王様だらけです。真実を知って、正義感の強いその人は問題の改善を進言し、『余計な人』 扱いを受けて左遷されました。翌年、退職しました。その会社は経理部門の人数がやけに多く、実に無駄な経費でした。ですが、その部署は経営者と仲の良すぎる "お局様" が仕切っていたんです。口をは...

≫続きを読む

 

不安な心がチャンスを奪う

あなたは自分お一人で仕事を興そうと考えると、やはり不安ですか?もし不安だとすると、そこから恐怖やリスクを感じてチャンスに目をつぶるタイプですか?集団の中で目立たずいい子にしている子供を量産するかのような日本の教育。そんな中で育った私たちは、会社勤めに安心感を抱き、一人で起業することにとんでもない不安...

≫続きを読む

 

余生の不安をなくし自由を楽しもう

余生くらいは自由気ままに生きたいものです。『若いうちは、がむしゃらに働いた方が良い』こんな言葉は今でも通じるのでしょうか。がむしゃらに働いたら、それに見合った給料が手に入り、欲しかったあんな物、こんな物が買えた時代は夢があって楽しかったですね。あなたにもそんな楽しい、希望を持って頑張れた時代があった...

≫続きを読む

 

サラリーマンになった理由を思い出せますか

突然ですが、あなたは今、お勤めの身でしょうか。だとしたら、なぜサラリーマンになったのか理由を考えたことはありますか。小学校、中学校、高校、専門学校、大学、夜間の学校、と義務教育の後は様々でしょうが、何らかの教育を受けられたことと思います。高校に進学するとき、あるいはその上の学校に進学したとき、あなた...

≫続きを読む

 

サラリーマンは報われない

サラリーマンは報われない定年まで報われない昔は第一次産業が主で、農業や漁業、林業に携わっている人が多く、企業は少数派でした。国内だけで需要を満たしていた時期はそれでよかったのでしょうが、外国の文化が入り、便利な暮らしや贅沢な暮らしを見てしまうと、やっぱりなびいてしまいます。 私だって憧れますもの。そ...

≫続きを読む

 

老後の不安は雇用の不安

雇用がどんどん減っていく大昔私たちは、何でも自分の手で物を作っていました。何かを運ぶときは、自分たちの力で手と足など身体を使って運んでいました。ですので、人の力を合わせても無理なものは無理でした。そして、今でこそ『手作り』は貴重で価格も高く設定されていますが、そもそもみんな『手作り』だったわけです。...

≫続きを読む

 

定年を楽しく迎える方法

定年は一つの大きな区切りであり、自分の人生の証でもありますね。本来、楽しみなお祭りごとでしょう。真面目に勤めてきた人であれば余計にその思いは強いと思います。人生の半分以上を、勤める と言う事に費やしてきたわけですから。趣味や楽しみを我慢した人生でした。定年の時は、必ず (と言っていいと思います) 自...

≫続きを読む

 

定年後の生活

ついに定年の日サラリーマンとしてどんなに頑張っていても、誰にも定年という区切りが訪れます。その後の生活は未知なので不安です。その不安が無くなった私が何をしたのかを書いていきます。定年の時、そのまま会社に残る人もいれば、別の会社に転職する人もいます。または、脱サラしていく人もいます。「働かなくてもいい...

≫続きを読む

 

老後の不労所得は生活を楽しくする

夢の不労所得は今からでも作り出すことが出来ます。不労所得での生活は、本来仕事でつぶれる時間をあなたの好きなことに使えます。“老後に不労所得”という言葉は何とも聞こえが悪いのですが、きちんとした手順を踏んでお金を生み出す仕組みを作り出せれば、そこから発生する所得は、働く量が極端に少なくても健全な所得で...

≫続きを読む

 

老後はみんな不安

人は、同じ境遇の人が集まるほど心強くなります。これは老後の不安でも同じことで、年齢を重ねるごとにつのる不安も仲間がいれば、その度合いも少なくなります。シェアハウスが流行りだしていて、複数の知らない人たちが生活を共にしますが、私たちの年齢では抵抗のある人も多いのではないでしょうか。やはり家族で一緒にい...

≫続きを読む

 

定年の不安を安心に変える

定年の時期に不安を抱える人はたくさんいます。それは、定年後の収入がどれだけあるかで実生活に大きな影響を与えるからです。収入ともう一つ大きな心配が、『夫が家庭にずっといる』 ということが夫婦それぞれに不安の種になっているということです。収入に対する不安もさることながら、家庭内の不安も大きなものがあるよ...

≫続きを読む

 

今の仕事が嫌な人

今の仕事を好きですか と聞かれると、嫌だ と答える人の方が 好き よりはるかに多いそうです。そうだろうな とは思ってましたが、特に女性では顕著だそうです。仕事が嫌だなと思うランキングでは、①給料が安い②昇給しない③上司がたまらなく嫌これ以外にも、仕事がつまらない とか やりがいが起きない とか やり...

≫続きを読む

 

現実となった老後の心配事

老後の心配事の一つが、いきなり襲ってきた普通に歩いてたんです。道の隅に側溝がありますよね。その溝には大概フタが載せてあります。金属製のフタだったんですが、周りより数ミリ浮いていたんです。私、つまづきました。歩いていてつまづいたら、「おっとっとっ」て感じで 数歩歩くうちに普通の状態に戻れますよね。私は...

≫続きを読む

 

定年に備えて副業を始める

隠れて副業を行う時代ではなくなりました。ご存知のように、いくつかの大手企業は副業を認めています。会社の規定で支払われる給料では、十分な生活と老後の貯えには足らないと知っているのでしょう。副業が許されても、やる側は自分の人生の時間を割いてやるわけですので大変です。少ない自由時間をそれに充てなければなり...

≫続きを読む

 

定年後の再雇用は、現役時代よりガマンを強いられる

定年後の再雇用は、現役時代より我慢を強いらます。 我慢し続ける生活を選ぶか、行動に移して自由な老後をつかみ取るか、あなたにとっての大きな分かれ道です。私が新社会人の頃に比べれば、定年の年齢は上がっていますし、以前に比べると再雇用の人数も増えてきているようです。私が新人の頃は 定年55歳だったかと思い...

≫続きを読む

 

定年時に職探しをしないで済む方法

定年前後の職探しは想像以上に大変ですみなさん老後の不安が冷静な判断を出来なくしているようです。定年より前に、先々まで少しでも条件のいい会社に転職しようとか、昔の友人で会社経営してる人を探し始めるとか、今いる会社を一歩出たら頭の中は全然仕事とは関係ない と言う人もいそうです。一般的に企業は年寄りよりは...

≫続きを読む

 

定年前の起業こそが老後に楽しさをもたらす

定年前の起業こそが老後に楽しさをもたらす定年後に何かしら起業して、サラリーマン生活に終止符を打ちたいと考えている人は増えています。そこには老後を少しでも楽しい物にしたいという、思いやあこがれが感じられます。裏を返せば、サラリーマン時代に楽しみがあまりにも少なかったことを物語っています。定年前に仕事を...

≫続きを読む

 

自由なのに楽しくない

『自由なのに楽しくない』 こんな悩みが始まります。そうならないための解決法があります。アフィリエイトで収入が上がり始めると色々な落とし穴に落ちます。地味にこつこつ収入を得ていたサラリーマンが、急に不労所得なみの収入の取り方に変わるのですから。特に会社に行くわけではありませんし、どこかの会場に出かけて...

≫続きを読む

 

定年  どうしよう

定年 どうしようバックトゥザフューチャーのように未来に行って、当選の馬券を買いますか?定年しても今までと同じように、食べて着て住まわなければなりません。急に裸で外に放り出されるような気分です。でも定年してからの生活が心配なのは、あなただけではありません。生涯学習支援や投資家情報を発信している民間会社...

≫続きを読む

 

今考えないと老後の仕事は悲惨

その仕事は、どう見ても若者がやるべき仕事でした。自分の老後もこんな仕事をすることになるのだろうか?年配の人ほど、老後に近づく程、悲惨な環境を強いられているようで・・・。もしかしたら今頃、好きなお酒を片手にじっくりと新聞に目を通し世の中の動きを確認していたかもしれません。もしかしたら今頃、夫婦仲よく旅...

≫続きを読む

 

定年後の不安、解消できる人います?

定年後の収入、不安ですか?今は普通にやっていても、定年という節目にはいろいろな問題が出てきます。一番大きな問題は、収入が半減するかもしれないという恐怖でしょう。昔は、定年しても「何とかなる」と考えていたら、本当に何とかなっていたようです。でも今は違いますね。何ともならなくなって刑務所に入って生活しよ...

≫続きを読む

 

副業と収入が老後の生活を決める

濡れ落ち葉老後の人生が全然違ってくるかもしれません。副業なのか本業なのか収入はやっぱり頭打ち?  いくらでも伸びる?仕事の場所は?『自宅でもどこでも好きな時に仕事をすればいい』そういう仕事には憧れますが、気をつけなければならない事もあります。30年、40年前とは事情が変わっているという事です。どうい...

≫続きを読む

 

定年が不安なら・・・

定年が不安な人はあなただけではありません。今までをどんなに頑張って来ても、機械的にやってくる節目です。ほんの一握りの重役待遇の人以外は、会社を一旦辞めなくてはなりません。一旦 というのは、一応企業には65歳まで再雇用しなさいという決まりが出来たので、年金支給時期までの5年間は、今までの会社にもう一度...

≫続きを読む

 
 
PageTop▲