トップへ戻る

老後は笑顔で楽しく生活する

楽しく笑えてますか

 

最近笑ってますか?

 

笑いのある生活の方が素晴らしいのは、誰もが認めるところです。

 

だったら笑いのある生活をどうしたら手に出来るか考えてみましょう。

 

 

 

 

気が付くと
私は子供の頃のように笑えなくなっていたんですよ。

 

 

歳のせいで表情が硬くなっていることを差し引いても、笑っている時間が少なくなっていました。

 

 

家族との会話の時も、バラエティ番組でお笑いさんが一生懸命演じている時も、「なんか笑わなくなったなぁ」と感じるのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

笑いは、健康増進にもとても効果があるようです。

 

 

ジェネリック薬品で最近CMをやってる、
サワイ製薬のサイトで見かけたのですが、

 

 

若くて健康な人の体にも1日3000~5000個ものがん細胞が発生しているのだそうです。

 

 

これらのがん細胞やウイルスなどの、体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、テレビでも時々出てくるナチュラルキラー(NK)細胞です。 

 

 

リンパ球の一種だそうで、
通常体内にはなんと50億個もあるのだそうです。

 

 

そのNK細胞の働きが活発だと、
がんや感染症にかかりにくくなるとテレビでも言ってました。

 

私たちが笑うと、
情報伝達物質の神経ペプチドというものが活発に生産されます。

 

 

“笑い”が発端となって作られた ”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。

 

 

その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。

 

 

逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまうとのことです。
ただ、リウマチや膠原病など自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫のシステムが自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。

 

 

実験では、”笑い”にはこうした免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかになりました。

 

 

つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるというのです。

 

 

たった3時間の漫才や喜劇で大笑いするだけで、すぐにNK細胞の活性化が確認できたのだそうです。

 

 

 

 

私たちは、気が付かないうちに自然の力で健康を維持する力を持つ
“笑い”を遠ざけてしまったようです。

 

 

 

世界を歩かなくても
テレビを通じて外国の人たちを見ることが出来ますが、
どんな国の人でも、
どんな宗教を信じていても、
違う文化圏の人も、
一様に笑顔は素晴らしいと思いませんか?

 

 

これって不思議な気がします。

 

 

そして凄いことだとも思います。

 

 

本来、人は笑って生きていくように出来ていたんじゃないかと思うくらいです。

 

 

嬉しいことがあった時は、自然に顔がほころびます。

 

 

とても自然で、美しく気持ちの良い笑顔になります。

 

 

反対に、心からの笑いでない 笑顔は、見てても気分が悪くなりますね。

 

 

 

いやな大人になったもんだと思いました。

 

 

気持ちの上でも、健康の上でも、
笑顔を作れる自分にならなくては と思います。

 

 

どうすれば、自然の笑顔をもっとたくさん作れるのでしょう。

 

 

どうなれば、楽しいのでしょう。

 

 

心から “嬉しい” と感じるには、何が変わればいいんでしょう。

 

 

笑顔を取り戻す

 

まず、管理されているところでは楽しくないです。

 

 

自分の心の願いと違う事をしても楽しくないです。

 

 

欲しい物を我慢するばかりでは楽しくないです。

 

 

愛する人がそばにいないと楽しくないです。

 

 

自由な時間がないと楽しくないです。

 

 

 

管理されない毎日を送るためには、どこかでサラリーマンを卒業しなくてはなりません。

 

 

自分の心に従うというのは、自由がないと難しいですね。

 

 

欲しいものをある程度手にするためには、余裕のある経済力が必要です。

 

 

愛する人に、出来る限りのことをして喜んでもらうためには、やはりある程度のお金と、自由に使える時間がたくさん必要です。

 

 

自由な時間も、”期限付きの休み” 程度の物ではダメですね。

 

 

束縛からの解放程度の自由を、英語でリバティと言います。
マイナスの状態から、やっとゼロまで復帰する感じでしょうか。

 

 

それに対し、マイナスからプラスまで昇華する自由を、英語ではフリーダムと言います。

 

 

本当の自由ですね。

 

 

同じ自由でも、世の中にあるリバティーではなく、失われたフリーダムを手にしなければなりません。

 

 

定年という区切りまでは、楽しみも喜びも自由も家族愛も、我慢してきました。

 

 

会社と言う組織から解放されるチャンスともいえる定年。

 

 

その記念すべき時に、一人で自分の思うように自由に、やりたい時に仕事が出来るようになっていると、老後に希望の光が射してきます。

 

 

定年より前に、そんな仕事の体制が確立されて安心の生活が出来るようになっていれば、定年の時期を自分で決めることも出来ます。

 

 

自由を手にする事で、自然の笑顔が生活の一部となるような、
そんな老後を実現させる、

 

理想の仕事の組み立て方とは?

 

ただいまキャンペーン無料購読できます。

 

 

 

 

 

 

 

---- 追伸 ----

 

私たちが目指す自由な生き方とは、
この フリーダムの世界です。

 

時間から解放され
環境から解放され
人間関係から解放され
お金からも解放され
心が自由に羽ばたき
元に戻る不安からも解放される

 

そして、元の世界に戻る心配のない 安心でプラスの自由。

 

笑顔が絶えない家族を作ることは、男の責任です。


 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材