トップへ戻る

待ちの仕事と攻めの仕事

待ちの仕事はもどかしい

 

 

待ちの仕事と攻めの仕事とは

 

 

攻めの仕事と言うと、なんだか過激な響きになりますが、
こちらからお客様に能動的に働きかけられる仕事という事です。

 

 

以前私は、アルバイトが高じてレストランに就職したとプロフィールにも書いてありますが、このレストランや喫茶店と言うのが典型的な待ちの仕事だったんですね。

 

 

店を構えてメニューを作り、メニューに沿った下ごしらえをしてお客さんが来るのを待つ。

 

 

チラシくらいは撒きますが、能動的に働きかけることはそれくらいです。

 

 

ひたすら待つしかない仕事。

 

 

 

 

お客さんが引きも切らさず続いて来店してくれるなら、こんなに良いことはありません。

 

 

ですが現実は昼時 晩御飯時 以外の時間帯はカラ~ンとしているんです。

 

 

この時間帯の事をアイドルタイムと呼んでいましたが、昔のガソリンスタンドみたいに道路っ端にでて、自動車レースでよく見るチェッカーフラッグを振ったところでお客さんが入ってくるとも思えません。

 

 

私が勤めていた店は学生の街の駅前でしたから、お昼前の時間と午後の時間に学生さんが授業のない時間を過ごしてもらえるように、スウィーツやちょっとしたお茶菓子とのセットをメニューに加えたりすることで、少しはお客さんの入りが増えました。

 

 

ですがそれまでです。

 

 

何かのクーポン券を配って、仮にも店のキャパを超えた来客があれば、お客さんを外で待たせてしまう事になります。

 

 

食べ物屋さんですから、お腹を空かせたままかもしれません。

 

 

冬だったらお客さんは凍えてしまいます。

 

 

夏だったら倒れてしまうかもしれません。

 

 

溢れない程度に、空いたテーブルがない程度に、なんて難しすぎますね。

 

 

そこで、洋食のレストランだったにもかかわらず、出前を始めました。

 

 

今でこそピザやファミレスも出前をする時代になりましたが、今から30年も前の事です。

 

 

スパゲッティもピラフもピザや洋食の定食も、パフェやサンデーも出前しました。

 

 

 

 

実に珍しく、画期的でした。

 

 

パフェをお届けすると、「あっ本当に持ってきた !」 と驚かれました。

 

 

「ご自分が頼んだんでしょ」 と言いたくなりますが、こちらも嬉しく誇らしかったものです。

 

 

でも私たちの店は珍しい部類で、ほとんどの店が手をこまねいているのが現状でした。

 

 


起業して自分で攻めていく

 

 

サラリーマンは、会社から給料や休日が決められています。

 

 

言われた仕事はしているものの、『攻め』の仕事とは少し違います。

 

 

攻めてるつもりでも、給料はアップしないからです。

 

 

そこで、起業して攻めていくことを考えますが、
最初から人は雇えませんから自分でお客さんを見つけてこなければなりません。

 

 

どんな仕事でもそれは同じですね。 

 

 

たった一人でも攻めないといけないんです。

 

 

ですが攻めているうちは、仕事の主導権はあなたにあります。

 

 

待ちの仕事の主導権は、お客さんですね。

 

 

 

 

経費も掛けずに手軽に参入できる
インターネットによる攻めのアフィリエイトビジネス。

 

あなたのタイミングで、情報をどんどん発信していけます。

 

 

安いコンピュータとネットにつながる環境
それに、最低限の教材がそろえば立ち上げを開始できます。

 

 

これだけで攻めの仕事が出来るようになります。

 

 

 

 

一番重要な事 (『集客』と『お客様の心理』) を教えないままの教材でスタートさせて、購入者は「売れない」と言う壁にぶち当たり、やがて諦めて辞めていきました。

 

 

誰もが気になる 重要なその部分を、下記のフォームから無料で手に入れられます。

 

 

私が無料で手に出来たので、このブログを読んでいただいた あなたにも無料で提供します。

 

 

この画像をクリックしたら、プレゼントのお知らせページへ飛びます

 



 
トップページ プロフィール 起業センスを磨く 無料のメール講座 推奨教材