トップへ戻る

失敗しました

読者さん、ごめんなさい

 

私、メール配信システムの操作を間違えました。

 

 

老後の生活を5つの自由で楽しく生きて行こうと、このブログを開設し

 

 

ご希望の方にはメールマガジンも配信しているのですが、

 

 

うっかり操作ミスをしてしまい、一度配信された文章が一部の方々に再度配信されてしまいました。

 

 

全員さんにではなかったようで良かったのですが、

 

 

届いてしまった方、申し訳ありませんでした。

 

 

このビジネスにかかわるようになると、ただでさえ配信されるメールが増えて困るかと思います。

 

 

それなのにそこに来て 同じものを読まされる苦痛は、本当に申し訳ないと思っております。

 

 

まだよく、扱い方がわかってない様で、恥ずかしいです。

 

 

 

そんな操作ミスを起こす私のような者は少数派なのでしょうが、
クリック一つで読者の数、いっぺんに配信されるというのも
何だか怖いものだなぁと感じました。

 

 

便利と引き換えに・・・ってヤツですかね。

 

 

私は『老後こそ自由を掴んでほしい』との思いをブログに書くときに、時々タブレットで作文をしていますが、もしタブレットでシステム操作までやると もっと怖いことになります。

 

 

クリックならミスの前段階で気づくこともあるでしょうが、
タブレットの場合、画面に触れて指を話した途端、
タブレットは「かしこまりましたぁ」と動いてしまうからです。

 

 

画面に触れただけで一斉配信されたら・・・
画面に触れただけで全削除されたら・・・

 

 

ブログなどのサイトなら、後からでも修正は出来ますし、
削除することも出来ますが、
メルマガは、配信されたら最後 もうどうすることも出来ません。

 

 

簡単操作 だけに、慎重さか必要になります。

 

 

反省です。

 

 

 

 


仕事って、楽しくない?

 

話は変わりますが、

 

昨日隣に住む人が、こんなこと話してくれました。

 

大手の電化量販店でテレビを買ったのだそうです。

 

昔と違って画面は薄くなりましたが、大きさはどんどん大きくなる傾向です。

 

一人では持って帰れないし、

 

配送と設置もサービスだと言うので

 

そのサービスを受けることにしたそうです。

 

当日、二人の若いお兄さんが届けに来ました。

 

休日で混んでいて忙しいのか

 

予定の時間より3時間も遅れたそうです。

 

 

お兄さんは、

 

「休みは配達が混んでまして・・・」

 

だけを言って、サッサと中へ上がり込んできました。

 

指定の場所へ設置 アンテナ線の接続  リモコンの設定

 

終始 無言のまま。

 

最後にお兄さんが

 

「お客さん、リモコンでちゃんと動作するか確認してください」

 

と言うので、リモコンのスイッチはどのボタンかなと見ていたら、

 

もう一人のお兄さんが小声で

 

「早くしろよ  ったくぅ」

 

運ぶだけでなく、設置して接続して設定して・・・

 

一軒にかかる時間は、宅配品のそれとは大きく違うでしょう。

 

休日ともなれば、贅沢が当たり前になってしまったお客さんが集中し、

 

どんどん遅れが出るのでしょう。

 

ても、でもですよ。

 

 

遅れた事への謝罪は一言も無いどころか

 

遅れたのは「依頼心の強い客が増えたせいだ」 
とでも言うかのような言葉。

 

 

隣の人は、怒っていました と言うより あきれ返っていました。

 

 

 

 

昨年末の、大手佐川急便の配達員が荷物を叩きつけたり蹴飛ばしたりする映像が問題になりましたが、運送業界の人は皆さん、よほどストレスが溜まっているのでしょう。

 

実は義理の兄がクロネコヤマトの従業員なんですが、
正月に会った時に、佐川の映像をどう思うか聞いてみたんです。

 

そしたら
「あんなことはしない。 でも、あんなことする気持ちはよく分かる」

 

と、半分同情するように言っていました。

 

 

ほとんどの社会人は何らかの仕事をしています。

 

運送業も、以前私がいた飲食業もそうなのですが、
普通に仕事している人たちの、仕事が終わった後の時間帯に
サービスしなければならないんですよね。

 

当然、労働時間が延びます。

 

 

値下げ合戦もあり、そのしわ寄せは現場のスタッフに来るんですね。

 

 

運送業界には、時短と運賃の見直し適正化を指導することに
なったそうですが・・・

 

 

 


消費者意識にも問題あり

 

1円でも安い方を選択する消費者、
何でもやってもらえると勘違いしている消費者、

 

まず、我々消費者の意識を変えることが必要だと感じました。

 

 

そうでないと、そのサービスを提供する現場のサラリーマンにしわ寄せが集中して、生活はますます理不尽でまるで奴隷のような毎日を強いられるようになるからです。

 

 

不満は増えても要望は通らない社会です。

 

 

汗をかいて仕事をすることが好きな人もいます。

 

 

時間に追われてのプレッシャーに責任を感じる人もいるでしょう。

 

 

でも、楽しく働いてほしいものです。

 

 

私たち 自由に生きる会は、それこそ時短を目標の一つにしていますよね。

 

 

自由にできる時間を増やし、

 

会社と言う場所にとらわれることなく生活し、

 

ストレスの元凶ともいえる人間関係に縛られる事なく

 

生活に充分なお金を生む仕組みを構築し

 

心のゆとりから、心まで自由になろう

 

 

という

 

5つの自由を取戻す事で歩き始めましたよね。

 

 

人生の半分以上を会社のために捧げたに違いない、私たちの世代。

 

 

ぜひ、失われた自由を取戻し、心からの笑顔で趣味や喜びに

 

 

向き合えますことを願ってやみません。

 

 

あの配送のお兄さんたちだって、平静でいられる環境ならもっと紳士的な物言いも出来た事でしょう。

 

 

辛いことは現場に押し付けて、現場スタッフののサービスが会社のサービスのように見せて、世間受けを良くしようとする企業体質が、従業員を追い込む要因の一つだと思います。

 

 

会社の体質が変わるか 消費者がもっと賢くなるか 自分で稼ぐ仕組み作りに精を出すかです。

 

 

私が思うに、自分が変わった方が早いです。

 

 

経験からすると、世間はなかなか変わるものではありません。

 

 

 

 

 

---- 追伸 ----

 

そんなわけで、一人でも多くの方に自分で稼ぐ仕組み作りに励んでいただこうと、新しいメールマガジンシリーズを構築中です。

 

 

プレゼントも用意しています。

 

 

もうしばらく時間がかかりそうですが、出来上がりましたら現在の物と、
順次切り替えていきます。

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 


 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材