トップへ戻る

老後は趣味を楽しめる時間をつくろう

楽しい人生と楽しくない人生

 

 

 

趣味を楽しむために必要なもの

 

 

  それは『時間』 と 『お金』 です。

 

 

 

・開業資金 ないない

 

・経営ノウハウ ないない

 

・人を使う人格 ないない

 

・土地建物 ないない

 

・お客につながる人脈 ないない

 

・コンピュータの知識 ないない

 

・体力 ないない

 

・芸術センス ないない

 

・文才 ないない

 

 

こんな私が、日々の自由時間を増やすために取った行動とは

 

 

 

 

今日は、老後に趣味を楽しむための時間づくりのお話です。

 

 

本人の考え方次第ですが
世の中には楽しい人生を送る人と、楽しくない人生を送る人がいます。

 

 

まるで遊んでるかのように見える人もいれば、

 

毎日12時間以上、拘束され続ける人もいます。

 

 

不公平だと思ったことはありませんか。

 

 

実は私、
若いころは『仕事とはやる事を見つけて会社に貢献すること』

 

 

などと、誰に教えられたのか そんなことに誇りすら感じて頑張っていました。

 

 

会社と言うか上司に上手いこと乗せられていたんですね。

 

 

ひたすら働く

 

 

今でもうっかりすると、立派な考え方だと思いそうになります。

 

 

サラリーマン生活が長かったので、ある意味病気になってます。

 

 

『やるべき仕事は自分で見つける』というのは、
とても良いことですが、会社のためではないですよね。

 

 

大事なのは『何のために働くか』 という事ではないでしょうか?

 

 

会社のための仕事  お金のための仕事  

 

 

家族や生活のためと思いながらも、
結局はお金のために働いていました。

 

 

だからダメだったんですね。

 

 

時間に縛られる人生に突入してしまいました。

 

 


成功者との違い

雇われていると忙しいだけ?

 

 

 

成功者 と言われる人たちは、お金のためではなくお金を生み出す資産を作るために動いています。

 

資産構築のために仕事をしているんです。

 

 

 

お金のために働いている人は、いつまでも止まることなく働き続けなければなりません。

 

雇われ漁師は毎日海に出て、荒れた海の中 必死に網を引き揚げます。

 

 

 

網元は、より効率よく魚が獲れる知恵を絞り、その方法で漁師を動かします。

 

資産を生み出す仕組みを作って、実際の作業は他の人に任せます。

 

資産作りのための仕事は、仕組みを構築しさえすればその後はいわゆるメンテナンス業務のみになります。

 

 

 

なので、きちんとした経営者は、自分の時間が持てて趣味に高じることだって、情報収集に時間を割くことも出来るわけです。

 

サラリーマンでいるうちは、趣味を楽しめる時間など ず~っと得られないぞ という事です。

 

 

だからと言って、

 

サラリーマンになるため とも言える教育の中で育った私たちにとって
自分で起業するのは怖いですね。

 

 

 

冒頭に書いたとおり、ないない尽くしの私でも
自分で興せる仕事とは、インターネットビジネスでした。

 

 

無料のメルマガ講座でもお伝えしていますが
軌道に乗るまでの、いわば『仕組構築期間』は
それなりに辛いです。

 

 

ですが軌道に乗り始めると
自分で自分の予定を立てることが出来ます。

 

従業員はコンピュータです。
彼らは 無給でも24時間働きます。
教えたとおりに ( 作った仕組通りに ) 不平不満なく働きます。

 

 

 

今では、自分の通勤のために目覚ましをセットすることは無くなりました。

 

自宅で出来る仕事ですから。

 

毎朝あわただしく支度して・・・なんてことも無くなりました。

 

 

 

趣味のサックスを手にするのが楽しいです。

 

あっ、すごい下手くそですよ。

 

 

でもねぇ、時間に縛られずに趣味に没頭できるって、ホントに楽しいんです。

 

 

音を小さくする器具も持っていますので、家の中でも吹けます。

 

 

白い変な形のケースが音を小さくします

 

 

が、やっぱりオープンで吹いた方が気持ちがいいので、車で川っぺりまで出かけて思いっきり息を吹き込みます。

 

楽しみながら練習しています。 

 

下手でもいいんです。

 

だって、趣味ですもん。

 

 

あなたの趣味は何ですか?

 

 

朝から一日中、芝居を観たい人もいるでしょう。

 

 

映画もいいです。

 

 

 

私はパラグライダーと言う、空を飛ぶ趣味も持っていますが、20kg以上の重さの機体を背負っての山道歩きは、ちょっときつそうなのでまだ再開していません。

 

いつかはヨーロッパの空を飛びたかった

 

 

平日は、それこそ空を独り占めできるので、また始めたいとは思っているのですが、なかなか決断できません。

 

 

少し怖いですしね。

 

 

それもこれも
自分で稼ぐことを、コンピュータを使って実現できたからこその楽しみです。

 

 

以前に比べると、コンピュータも廉価で身近になりました。

 

 

仕組構築のための環境も教育体制も、

 

私が以前挫折した時代に比べると、とても整っています。

 

 

楽しい人生は、あなたの目の前の手の届くところにあります。

 

 

 

 

 

 

--- 追伸 ---

 

青山にご意見・ご感想を送ってください。

 

我慢しながら生きてきた者同士、助け合いましょう。



 
トップページ プロフィール 起業センスを磨く 無料のメール講座 推奨教材