トップへ戻る

老後のために今を犠牲にする価値観

今が大事? 将来が大事?

 

 

老後を楽しみに、定年まではと生活を犠牲にする価値観ってどうなんでしょう?

 

 

働くのが普通と思っているのは、日本人だけらしいです。

 

 

今の生活や家族の時間よりも
将来必ず訪れる定年や老後の暮らしを心配してしまう。

 

 

老後を楽しみたい という人が普通の気持ちを全うできるようにするために

 

 

家族との約束を破っても仕事を優先する。

 

 

生活を犠牲にするんです。

 

 

定時で帰ったら後ろめたい気持ちになるのも日本人だけです。

 

 

残業するのが普通 というのも日本人だけです。

 

 

もちろんほかの国にもいるでしょうが、

 

 

日本人の場合、その比率はダントツで高いようです。

 

 

このことに対しては外国人からは、いい評価ばかりではありません。
必ずしも「彼は頑張っている」という評価ではないという事です。

 

 

働くのは生活のため という意識がはっきりしていて
必要以上に自分の時間を売りません。

 

 

定時で帰るのが当たり前です。

 

 

残業する人は能力が低いから、時間がかかるんです。

 

 

無駄なミーティングでも、日本人は参加するものだと思っている。

 

 

 

以上の内容は "マイナビニュース" に出ていた内容ですが、

 

 

外国人の感想は、実に マトモ だと感じました。

 

 

外国の人にとって、将来は大切なことですが、

 

 

『今』はもっと大切なんだそうです。

 

 

『今』が積み重なったのが、『将来』ですものね。

 

 

そのせいか、外国の人の方が

 

 

充実した老後を過ごしているような気がしませんか?

 

 

 

 


いい行動は、周りに逆らわないことが前提

脅迫観念

 

 

『断れない』  『周りに合わせたい』  『目立ちたくない』

 

 

そんな事が日本人の判断基準のかなりの部分を占めていると思いませんか?

 

 

小さい頃からの学校教育が、『平均してみんないい子を育てる』でしょうから

 

 

サッサと仕事を終えて、「それじゃあ、お先に !」 とは言えないんですね。

 

 

おかしな習慣でも誰もが従います。

 

 

たくさん転職した私の場合も、働いたすべての会社でそうでした。

 

 

『同じ仕事なら早く仕上げる』 という格好のいいことを言いながら

 

 

だらだらと会社にいる民族なんですね。

 

 

 

組織も個人も、もっと効率よくやれば、

 

家族との時間やプライベートの時間が

 

たくさん取れるようになるし、余暇の使い方も上手くなるでしょう。

 

 

 

そんなに長時間会社にいるくせに、

 

 

みんな会社なんて嫌いなんです。

 

 

どう考えてもおかしな話です。

 

 

愉しみは老後に取っておいて、今は苦しくても頑張る。

 

 

尊敬すべき考えですが、

 

 

老後を安心して楽しめるほどの貯えがあればの話です。

 

 

たいていのサラリーマンは、一年分の生活費が

 

 

貯えてあれば多い方でしょう。

 

 

貯蓄がそれより多いのは少数派です。

 

 

少数派が莫大な資金を持っているので

 

 

貯蓄の平均が上がっているだけです。

 

 

では、今の頑張り 今までの頑張りは何のためでしょう。

 

 

明確な理由もないなら

 

 

まさにおかしな価値観を持った日本人 という事になります。

 

 

私も長い間、それほど大事でもないことのために残業していました。

 

 

でもリタイアすると決めた目標の日からさかのぼって

 

 

一年半くらいは、会社の価値観を変えようと、

 

 

率先して帰る人を演じていました。

 

 

休みはしっかり休みました。

 

 

休み中は、仕事の電話には極力出ませんてした。

 

 

自分がそうするようなると、

 

 

本当に周りで頑張ったふりをしている同僚が

 

 

アホに見えました。

 

 

もちろん本来の意味ではありませんよ。

 

 

滑稽に見えたという事です。

 

 


企業は、働きやすい環境を作ってあげて

 

 

その我慢や頑張りが、どれほどの役に立っているのかを

 

 

客観的に見れるようになったからです。

 

 

『取引先からの連絡が遅くて、自分の仕事もその分遅れた。』

 

 

なんてこともあるでしょうが、おおむねその日の夜でなくても

 

 

何とかなってしまいます。

 

 

会社は無駄な電気を使われ

 

 

電話時間も増え

 

 

空調代も多くかかります。

 

 

良心的な会社なら、残業代を支払うでしょう。

 

 

従業員の非効率さ のために会社の支出が増えます。

 

 

その分確実に利益が減るわけですから

 

 

従業員に還元なんてされるわけがありません。

 

 

良いことなんてありませんよね。

 

 

それでも改めようとしない。 不思議なことです。

 

 

職場の環境が悪ければ、やがては他の職場を見つけようとします。

 

 

私がお勧めしている、一人で起業に転じてしまう人も増えてきます。

 

 

こんなに売れて稼げる仕事は他にないと、

 

 

皆がネットビジネスに流れてきては困ります。

 

 

日本人は数の原理に弱いですから心配です。

 

 

正しいのか間違っているのかよりも、

 

 

大勢の中にいることを好むからです。

 

 

ネットビジネスが本当のブームになったらどうなるでしょう。

 

 

すぐに飛びつくのが日本人です。

 

 

自分の主体性より、お隣さんの意見です。

 

 

この文化はそう簡単には変わらない気がしています。

 

 

ある程度はサラリーマンとして過ごしてくれる人が残っていないと

 

 

国の生産性が破たんします。

 

 

各企業は、環境を変えることをきちんとしないと

 

 

本当に後が続かなくなるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

あんなに長時間拘束されていたのが

 

 

今ではウソのようです。

 

 

会社の利益のために、日本人の変な習慣のために

 

 

大勢の貴重な時間と努力が

 

 

本人になんら還元されないまま、地に流れています。

 

 

そんな環境が心底嫌になった人は、

 

 

いっしょにアフィリエイトで、自由を掴みましょう。

 

 

 

 

 

無料ダウンロードできます

 

『こうすれば人生はもっと良くなる』
ずっとガマンしてきた人生は
誰にでも変えることができます
夢物語だと諦めていた自由な生活
少しの勇気で人生は変えられます


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関連ページ

プレゼント老後は社会に頼らず自由な生活を手にする
自由を差し出し残業を手に入れた
リバティーとフリーダム
自由には程遠い若者たち
自由を主張しない日本人
定年後の自由な生活のためまたもアフィリを始めたワケ
自由になりたい
無職という不自由
仕事を選べば人生が変わる
老後の不安は不労所得で解消できるかof
老後の生活を自分で決める幸せ
スキルアップは楽しく生きるために
自由になるまでに必要な時間
ネットで稼いで環境を変える
老後の準備はいつ始めればいいか
老後こそ自由な仕事
お金に勝つ生き方
自立収入から『怖い』を取り除けば自由が近づく
人付き合いがどうも苦手で
☆趣味を楽しめるこんな仕事なら老後に最適
勤めてもリタイアしても生活苦
会社が嫌ならやめる準備をきちんとしよう
定年でも集団心理?
老後の残された人生と日々の労働時間
雇われの不自由が嫌なら起業してみればいい
社会に頼らない生活の仕方
楽しい老後を送るための準備の仕方
定年後の暮らしと生活費を何とかする
老後まで嫌な人間関係を持ち込みますか
老後まで会社勤めしますか
自由を手に入れた老後に備えて趣味を持とう
不自由な毎日に終止符を打とう
本当に仕事が趣味なんてすか

 
トップページ プロフィール 起業センスを磨く 無料のメール講座 推奨教材