トップへ戻る

老後の準備はいつ始めればいいか

老後の生活は早めの準備から

 

老後の準備は早いほど良い

 

 

このブログを読んでいただいているあなたが、 どのような環境におられるかを私は知る由もありませんが、現役でいられる時間がまだまだ残っていることを望んでいます。

 

 

サラリーマンから定年のない収入に切り替えるという事は、どのような形にしろ “ 脱サラ “ になります。

 

 

サラリーマンのいいところは、既に道が出来ていて会社の利益を生む流れに乗ればいいというところです。

 

 

転職にしても、一応軌道に乗っているところへ入り込むわけですから、誤解を承知で言うならば、楽 です。

 

 

それに比べれば、脱サラは苦労を伴います。

 

 

タイムカードはありません。

 

 

一生懸命頑張っても、収益が上がるまでは無給です。

 

 

これに慣れてないから、3か月 半年と積み上げている間は、ものすごく不安になりますし自分のやっていることを信じられなくなります。

 

 

サラリーマンでなくなるという事の洗礼をここで受けるわけです。

 

 

どんな仕事を選ぶかは、あなた次第です。

 

 

あらゆる方向に可能性があると思います。

 

 

仕事につながる趣味をお持ちなら、それを伸ばせばいいですし、

 

 

何かを作り出す仕事も憧れます。

 

 

困っている人や、社会的に弱い立場の人たちを支援する仕事もワクワクします。

 

 

経験を生かして、積み上げたノウハウを教えていくのも楽しそうです。

 

 

植物が好きなら、環境の整わない家庭でも簡単に育てられる植物育成グッズを考え出して販売やセミナーを開くのも夢があります。

 

 

これからは無駄遣いを反省して、修理や再生の事業が台頭してくるかもしれません。

 

 

忘れてはいけないのは、どのような仕事もすぐには軌道に乗らないという事です。

 

 

数か月から数年の助走期間が必要と考えた方が自然です。

 

 

ネットビジネスも同じく、早くても数か月の期間が必要です。

 

 

冒頭、『現役でいられる期間が残っていることを望んでいます』 と言うのは、そういう意味です。

 

 

メインの収入がある間は、比較的気持ちに余裕があるはずです。

 

 

定年を迎え、一日も早く収入源を確立しなければならない状況からでは、きちんとした仕事の形態に仕上げるのはとても大変でしょう。

 

 

お客さんとなる人からは、足元を見られるかもしれません。

 

 

焦りはあちこちに、いろんな形で出てくるものです。

 

 

ですから出だしは、ほんの副業程度の気持ちで自分に無用な圧力をかけないで、よりしっかりとしたものを構築していく心のゆとりが大切です。

 

 

少しずつ少しずつ、ウエイトを新しい事業に移行して行けばいいのではないでしょうか。

 

 

ただ、ネットビジネス以外の事業だと、両立するのに時間の配分がとても難しいと思います。

 

 

ある程度まとまった軍資金を必要としないのも、ネットビジネスだけです。

 

 

仕事の上で出てくる初耳な言葉の意味も、ネット上ですぐに調べられます。

 

 

ブログを読まれてるくらいですから、あなたはコンピュータを使えますね。

 

 

検索の仕方もご存じのはずです。

 

 

私はコンピュータ音痴なので、アフィリエイトビジネスの教材を読んでいても、わからない事ばかりでした。

 

 

マニュアルと言うのは、初耳な言葉で、サラッと解説してるんですね。

 

 

インターネットで調べながらの勉強でしたから、とても時間がかかりました。

 

 

二日間、答えに出会えないこともありました。

 

 

でも、出来ちゃうんですよ。

 

 

ただ、時間が余計にかかった と言うだけの事です。

 

 

ですので、「私には出来ないと思う」は、今の時代なら心配いりません。

 

 

少しでも可能性が高い “ 脱サラ “ を 始めるか 始めないか、

 

 

楽 を取るか  ある期間の 苦労 を取るか、

 

 

「あの時始めていれば良かった」 よくある後悔です。

 

 

数千万円規模の貯蓄でもない限り、
何かを始めなければ、定年後 老後の生活は 目に見えてると思いませんか ?

 

 

老後の準備を始めるのは

 

 

『今』が 最適です。

 

 

 


 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材