トップへ戻る

お金に勝つ生き方

仕事はお金のため ?

 

 

 

お金のために働くのが間違いだったなんて???

 

 

 

なんのために働くのか  仕事の意味

 

 

あなたは考えたことがありますか?

 

 

『お金を稼ぐために働く』 すごく当たり前のことだと思っていました。

 

 

・・・ほんの少し前までは。

 

 

 

 

でもこの考え方は、お金が私の主人 と言っているようなものです。

 

 

世の中には一部の経営者と大勢の労働者(従業員) がいます。

 

 

従業員側の人は、自分のお金を稼ぐために働きます。

 

 

お金を中心に、自分が動いているようなものです。

 

 

 

 

経営者側の人は、お金を生み出す資産のために働きます。

 

 

自分のためにお金に働いてもらっているんですね。

 

 

この違いは、とても大きなものです。

 

 

お金のために働いている間は、どんなに頑張っても自分の時間の切り売り状態から脱出できません。

 

 

『自分の時間の切り売り』
・・・ 一日最大 24時間分です。

 

 

 

 

一方、資産を構築するために働いている場合は、その資産がやがては自分が直接手を下さなくても自動的にお金を生み出すようになります。

 

 

社長や重役と呼ばれている人たちは、ほとんど最前線にはいませんよね。

 

 

トップ同士での商談やゴルフ付き合い、海外視察などをしていても、構築できた資産が従業員の働きによってお金を生み出しています。

 

 

 

 

資産 というと何か大層なものの印象があります。

 

 

普通のサラリーマン家庭で育った人たちには、なかなか耳にする言葉ではないからです。

 

 

 


これこそ資産です

 

 

私がやっているから書くのですが、

 

アフィリエイトビジネスは、ブログでお客さんを呼び込んで、
ブログの内容やメルマガの内容によって商品を販売することで、
報酬を受け取るという仕組みですね。

 

 

今までの発想では、

 

ブログ記事を何枚書いたから いくらの報酬。
何文字書いたから いくらの報酬。
タイトルや挿入写真の提案が通ったので、プラスいくらの報酬。
何時間かかったので、人件費として いくら請求します。

 

って感覚でしたよね。

 

サラリーマンだともっと厳しいですよね。

 

 

 

自分でアフィリエイトをやるという事は
雇われているわけではないですし、
売れてナンボ です。

 

いくら書いても 何時間投入しても
結果が出なければ、報酬はゼロ。

 

ですが、
そのたった一つの記事が読者の関心を呼び
その記事で紹介する商品やサービスに注文が入ったら・・・

 

数時間で書いた文章が、
時間給とは比べようもない収入をもたらしますね。

 

 

 

例えば 一記事に 2時間費やしました。
時給 3千円の高額で雇われていても、
報酬は 6千円です。

 

一方アフィリエイトで その記事を全国の人(英語なら全世界) が
読んでくれて、そのうち たった20人の人が買ってくれたとします。

 

一つの報酬が 千円なら 報酬は 2万円。
情報商材であれば、報酬で5千円くらいは普通ですから
報酬は 10万円 です。

 

 

 

(もし、アフィリエイトの事がよく分からなければ
こちらを参照してください)

 

 

そうすると、書いているブログと言うのは、お金を生み出すための資産の一部という事になります。

 

 

実際に、ネット上の一つ一つのブログ記事がたくさん集まって、
検索上位に表示されるようになり、
何かを知りたい読者が検索することで、
ブログを訪れてくれています。

 

 

お店では呼び込みや、のぼりを立てて
お客さんにアピールするように、
ネット上の記事が集客してくれます。

 

 

お客さんが購入する場合の手続きや商品の受け渡しも
ネット上に構築されたシステムが自動でやってくれます。

 

 

アフィリエイトの仕組みがある程度、軌道に乗り始めると、
ブログの更新 (毎日でなくても) するだけで、
品物が売れ始めます。

 

 

これだけ読むと不思議で怪しげですが
ちゃんと勉強してみると、「なるほど」と思える仕組みが作れます。

 

いい大人がどこから見ても、健全です。

 

 

この仕組みなら資産になります。  

 

もう人生のパートナーみたいなものです。

 

 

 


お金のためではなく資産のために働く

 

 

サラリーマンのようにお金のために動くのではなく、お金を生み出す資産作りのために働くのです。

 

 

でもその場限りの一時的なシステムでは資産とは呼べません。

 

 

長く続くことが可能な仕組こそが資産と呼べるものです。

 

 

私が提唱し、紹介しているシステム
集まったお客さんに自動でセールスがかかり、
口座にお金が振り込まれるようにシステムを自動化しています。

 

 

映画を見ている最中にでもお金が振り込まれます。

 

 

ですがほとんどの人が、ここまで出来上がる前に辞めてしまいます。
3か月程度の間に諦めてしまうんですね。

 

 

理由はどうしてだと思いますか?

 

 

気持ちがサラリーマンだからです。

 

 

働けば (何かしらすれば) 給料がもらえる世界にどっぷりと浸かっていたからです。

 

 

タイムカードを押しても給料はもらえない と言う現実に、なかなかしっくり来ないんです。

 

 

記事を書いたら簡単に稼げると勘違いしている人が如何に多いかという事です。

 

 

誰からも何も知られていない、無反応状態からの出発です。

 

 

一定期間コツコツとやり続ける』 私がこのブログで何度も書いていることです。

 

 

いったん売れ始めれば、今度はその額を増やすことにシフトしていきます。

 

 

気を付けなければならないのは、お金の額にとらわれ過ぎるとどこまで行っても、
『もっともっと』となり、ちっとも幸せになれなくなります。

 

 

お金は生活のための道具です。

 

 

道具のために振り回されるのはおかしなことです。

 

 

お金が主人ではありません。

 

 

お金の主人はあなたであり、決してお金が主人ではないんです。

 

 

主人とは、自分を中心に自分のために働かせるものです。

 

 

そして自分は、そのシステム (資産) 管理のために働くのです。

 

 

そうすることで、お金のために働き
お金に振り回される人生から脱却できます。

 

 

そして、今まで手に入らなかった
5つの自由が手に入るわけです。

 

 

 

 

 

 

 


関連ページ

プレゼント老後は社会に頼らず自由な生活を手にする
自由を差し出し残業を手に入れた
リバティーとフリーダム
自由には程遠い若者たち
自由を主張しない日本人
定年後の自由な生活のためまたもアフィリを始めたワケ
自由になりたい
無職という不自由
仕事を選べば人生が変わる
老後の不安は不労所得で解消できるかof
老後の生活を自分で決める幸せ
スキルアップは楽しく生きるために
自由になるまでに必要な時間
ネットで稼いで環境を変える
老後の準備はいつ始めればいいか
老後こそ自由な仕事
自立収入から『怖い』を取り除けば自由が近づく
人付き合いがどうも苦手で
趣味を楽しむための老後もできる仕事
勤めてもリタイアしても生活苦
会社が嫌ならやめる準備をきちんとしよう
定年でも集団心理?
老後の残された人生と日々の労働時間
雇われの不自由が嫌なら起業してみればいい
社会に頼らない生活の仕方
楽しい老後を送るための準備の仕方
定年後の暮らしと生活費を何とかする
老後まで嫌な人間関係を持ち込みますか
老後まで会社勤めしますか
自由を手に入れた老後に備えて趣味を持とう
老後のために今を犠牲にする価値観
不自由な毎日に終止符を打とう
本当に仕事が趣味なんてすか

 
トップページ プロフィール 起業センスを磨く プレゼントを受取る 推奨教材