トップへ戻る

日本人の集団帰属欲

老後が不安な日本人

 

どうして自由に動かないのだろう

 

なぜ定年になっても同じサラリーマンを続けるのだろう

 

老後が不安なら、不安を安心に変える努力をすればいいのに

 

人は、みんなと同じを好む

 

自分だけ違う仕事や生活様式を試そうとしない。

 

 

特に日本人に多いのですが、
自分だけ違う というのを極端に嫌います。

 

周りの誰かと同じ というのが大好きです。

 

最近の若者は、ファッションでは、個性を追求していますが、
何か新しいことを手を挙げて主張させようとすると、
途端におとなしくなります。

 

よく会議の場で、意見を言わせようとすると
みんな判で押したように黙りこくってしまいます。

 

進行係が必死で議題を提案し、話を進めようとしますが
空回りで、進行役が議題を提案し、進行役が話をまとめる。

 

よくある話です。

 

そのくせ、みんなと一緒のくだけた場では、
いっちょまえの意見を言うんですね。

 

 

学生時代に、長期の休みを利用して仲間と車で移動しながら
ある社会問題に対しての署名とカンパを集める活動をしたことがあります。

 

説明をすると 「うんうん いいことだね」
一応趣旨は理解してくれます。

 

そこで、賛同してくれたなら署名とカンパをお願いしますと言うと、
「う~ん、先に隣に行ってきてよ。隣が書いたらうちも書くわ」

 

あぁ、日本人なんだ~  

 

私は学生のころから日本人のこういう主体性の無いところが嫌でした。

 

 

たしかに、町内で自分一人だったらどうしよう とか

 

隣に行ってお隣さんがこれを見たら

 

あ、隣の○○さん こういう考えなんだ  って思われないか とか

 

 

思うことはあるかもしれませんが、
考え方が違って当たり前 という発想がないんですね。日本人には。

 

同じでなければいけない なんて
いつ誰が決めたんでしょう。

 

いつの時代にか、周りと違うことをして村八分に遭った話はよく聞きます。

 

でも、今はそんなことでは起こり得ないですよね。

 

 

なにかイベントがあって、その日初めて何かのアクションを起こすとき、
みんな遠巻きに見て、誰かが最初に行動するのをじっと待ってたりしませんか。

 

 

これは、テレビで観た情報ですが
地下道で煙が発生したら、群衆はどう動くか。 
なんですが、日常と違うことが起きたとき、ほとんどの人が冷静でなくなり、最良の判断が出来にくくなる。
その結果、誰かがある方向に走り出したら、みんなも我先に走り出す。
という映像でした。

集団帰属欲

 

人々の心理 自己防衛 本能ともいうべき か弱い人間の習性です。

 

【 集団帰属欲 】と呼ばれています。

 

 

特に日本人は、みんなと同じ集団で、同じ方向を向いていると
とても安心するんですね。

 

 

この性質は、残念ながら様々なところで利用されています。

 

 

コンビニのトイレを思い出してください。

 

「いつもキレイに使っていただいて有難うございます。」

 

ありますよね。 初めて使うコンビニでも書いてあって違和感あります。

 

 

ですが、この貼り紙やシールのおかげで汚れが少なくなってるんですよ。

 

「あぁ、みんな綺麗に使っているんだ。自分も気を付けよう」

 

ということですね。

 

 

 

反対に、ここで犬におしっこをさせるな ! などと書いてあると

 

「おっ、みんなここでさせているんだ」と思い、

 

安心して 余計ひどくなるそうです。

 

 

まさに 【 集団帰属欲 】 による結果です。

 

 

人というのは、
どんなお願いをされているか  より
皆がどうしてるか  を意識して
自らの行動を決めるという事になります。

 

 

私たちは、アフィリエイトビジネスに この心理を取り入れます。

 

『多くの人が、この商品を購入し みなさんこんな風に喜んでますよ。』

 

これを具体的にイメージさせることが出来れば、
「買ってください」 と言わなくても
反応は大きくなるわけです。

 

更に、それが読み手の憧れているような集団であったり
その人たちの意見であることを上手く伝えられれば
効果はどんどん大きくなります。

 

 

その読み手が、どんな集団に憧れていて、集団帰属欲を持っているかを
見極められれば、より思った方向に話が進みます。

 

 

ですので、仕掛けたいターゲットの思い 心理 欲求 を
巧みにつかんで、それが満たされるように導くんですね。

 

そうすると、読み手は集団帰属欲により、
こちらの意図する行動を自ら取るようになるわけです。

 

 

 

ビジネスに取り入れて、全体像を知りたい方は
無料メルマガ で詳しく説明されています。

 

 

 


 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材