トップへ戻る

社会に頼らない生活の仕方

社会を頼りますか 自分で稼ぎますか

社会に頼らず楽しく生きる

 

 

我慢してきた趣味の世界や家族との時間、
制限のない旅行、ゆっくりとした時間に浸る 
などなど、楽しい人生を送りたいと思いませんか?

 

 

サラリーマンのままでは諦めさせられます。

 

 

それとも既に、あなたは人生の楽しみには諦めがついていますか?

 

 

 

 

諦めているはずはないですよね。

 

 

どうにもならないから我慢を続けているだけです。

 

 

誰しも、楽しくもない人生を送りたいはずはありません。

 

 

 

もし諦めることが必要だとしたら、
それは “人生の楽しみ” ではなく、 “社会を頼る気持ち” です。

 

 

企業を含めた “社会に何とかしてもらう” と言う思いを断ち切ることが、楽しい人生、そして楽しい老後への第一歩ではないでしょうか。

 

 

無料ダウンロードできます

 

『こうすれば人生はもっと良くなる』
ずっとガマンしてきた人生は
誰にでも変えることができます
夢物語だと諦めていた自由な生活
少しの勇気で人生は変えられます



高すぎる生活費

 

 

例えば、先の話かもしれませんが
年金は65歳からです。

 

 

無いよりは助かりますが、本来老後の生活は社会が補償すべきです。

 

 

そのために身を粉なにして働いてきたのですから。

 

 

また、普通のサラリーマンで生きてきたとしたら、あまり貯金のない人の方が多いようです。

 

 

貯金に回せるほどの給料を支給できる企業なんて、そうはありません。

 

 

ボーナスも無きに等しい会社の方が多いでしょう。

 

 

貯金が無くでも社会には頼らず老後の20年余りを楽しく過ごすにはどうしたらいいでしょう。

 

 

日本では衣食住、生きていくのに必要なものに対して高いですよね。

 

 

子供の学費も高すぎます。

 

 

収入に対して支出の占める割合が多ければ、貯蓄なんて出来るはずがありません。

 

 

問題なのは、サラリーマンでいる以上
『貯蓄のある人にも無い人にも “定年” “老後” がやってくる』
という事です。

 

 

 

 

そして、何が何でも生活して生き抜いていかなければなりません。

 

 

住む費用 食べる費用 着る費用 
これら最低限の費用を定年後の20年以上賄っていくのは、
60歳以上の身体にはものすごく “酷” な仕打ちです。

 

 

考えただけでも不安になります。

 

 

私たちは定年になるまで楽しみを『お預け』にして、
家族にも犠牲になってもらいながらひたすら会社の言い分に従って生きてきたんです。

 

 

 

なのに貯蓄も収入も…

 

 

たぶん年金は破たんしますよね。

 

 

医療費の負担割合も増える一方でしょう。

 

 

介護保険料を納めなければなりません。

 

 

孫にもお金がかかるようになります。

 

 

息子や娘の世代は、私達より収入の条件が厳しいと思います。

 

 

孫の養育費などを、私たち祖父祖母が援助せざるを得ない状況が見えてきます。

 

 

でも、助けてあげたくても自分たちの生活でいっぱいいっぱいです。

 

 

定年後にどこかに再就職しても、
同じ会社に再雇用してもらっても、現役時代のようには給料はもらえません。

 

 

給料は半分 と踏んでおいた方が良いみたいです。 

 

 

貯蓄もないのに、毎日の収入が減ってはたまりません。

 

 

いっぱい働いてきたのだから、豪華客船に乗って世界一周の旅くらいのご褒美はあってもいいですよね。

 

 

 

 

これから仕事をするなら
自分で好きな計画を立てて、仕事をする時と遊んでいる時ときちんと分けられて、趣味の時間も取れる方が良いですよね。

 

 

そのような仕事とは

 

会社に勤めることが道の誤り?

 

 

若いうちでも嫌なのに
定年近くの歳で通勤なんて嫌でしょう?

 

 

“通勤の無い生活” 考えたことありますか?

 

 

通勤がないことでの一番の大きな変化は、 “生活の場所の自由” です。

 

 

職場ありきで自分の生活圏が決まっていたんですね。

 

 

 

 

会社からの給料が、自分たち家族の生活レベルを決めていたように、生活範囲と言うものも勤めている会社に決められていたんです。

 

 

だから、たまの旅行に行って「もっと滞在したい」と思っても、月曜の朝までには家で臨戦体制になっていなけれはならなかったなんですね。

 

 

会社に通える場所に住む家を構えなければなりません。

 

 

 

考えてみると、おかしな話です。

 

自分たちの好きな場所で暮らしたいと思いませんか?

 

定年してからでも、まだ20年以上の生活があるんですよ。

 

人生の中心は一体何なのでしょう?

 

会社ですか?

 

 

会社や取引先の人間関係は、どうでしたか?

 

できたら「もう勘弁してくれ」 ではないでしょうか?

 

 

 

とは言え、
会社と言う組織から解放され、
かつてない自由を手に入れたところで、
お金が無ければどうにもなりません

 

 

たった一人で自宅てもどこでも好きな時に仕事が出来る。

 

 

 

 

でも、本当に稼ぐことが出来るのか?
不安ですよね。
実際に、それで生活が成り立っている人もちゃんといますよ。

 

 

 

もしあなたが、今までの生活を変えたい とか

 

老後に安心で自由な自分や家族を取り戻したいとお考えなら、

 

私のメルマガを読んでいただき

 

そのような生活がどの程度実現できそうかを

 

あなたが判断してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

プレゼント老後は社会に頼らず自由な生活を手にする
自由を差し出し残業を手に入れた
リバティーとフリーダム
自由には程遠い若者たち
自由を主張しない日本人
定年後の自由な生活のためまたもアフィリを始めたワケ
自由になりたい
無職という不自由
仕事を選べば人生が変わる
老後の不安は不労所得で解消できるかof
老後の生活を自分で決める幸せ
スキルアップは楽しく生きるために
自由になるまでに必要な時間
ネットで稼いで環境を変える
老後の準備はいつ始めればいいか
老後こそ自由な仕事
お金に勝つ生き方
自立収入から『怖い』を取り除けば自由が近づく
人付き合いがどうも苦手で
☆趣味を楽しめるこんな仕事なら老後に最適
勤めてもリタイアしても生活苦
会社が嫌ならやめる準備をきちんとしよう
定年でも集団心理?
老後の残された人生と日々の労働時間
雇われの不自由が嫌なら起業してみればいい
楽しい老後を送るための準備の仕方
定年後の暮らしと生活費を何とかする
老後まで嫌な人間関係を持ち込みますか
老後まで会社勤めしますか
自由を手に入れた老後に備えて趣味を持とう
老後のために今を犠牲にする価値観
不自由な毎日に終止符を打とう
本当に仕事が趣味なんてすか

 
トップページ プロフィール 起業センスを磨く 無料のメール講座 推奨教材