トップへ戻る

自立の『怖い』を取り除けば自由が近づく

やっぱ自立でしょ

 

会社勤めはいろいろ堅苦しいことも多いですが、良いところもあります。

 

 

いったん独立を決めて自立を試みたものの、思ったような結果を出せず打開策も見つからず、借金を返すために勤めに戻る という話はよく聞きます。

 

 

そんな時の思いは、「自分には才能がない」 「だまされた」 「こんなにお金がかかるんだ」 「給料もらってる方が楽でいい」 などでしょうか。

 

 

自分で起業するという事は、机に向かっているだけではお金にならないという事です。

 

 

現実にお金が入ってくる事実がない限り、手元に何も得られないという事です。

 

 

その点サラリーマンに戻れば、タイムカードを押している間は自動的にお給料が発生します。

 

 

フルコミッションの営業でない限り、極端に言えば何もしなくてもお給料がもらえます。

 

 

それでも脱サラで起業する人が後を絶たないのは、なぜでしょう。

 

 

あなたがよくご存じの理由ですね。

 

 

サラリーマンには自由がなさすぎる。

 

 

残業してプライベート時間を削ることによって、やっと生活できる金額になる。

 

 

自分のアイデアで売り上げがどんどん伸びても、その数%がボーナスで貰えるかどうか。

 

 

やる事を他人に決められてしまう。

 

 

突然の人事にも逆らえないし、逆らえばリストラの対象にされてしまう。

 

 

自分がやっている感 がとても少ない。

 

 

嫌な人とでも、自分に嘘をつきながら心と違う顔をして仕事を続けなければならない。

 

 

どんなに上手く行きそうでも、会社の方針 という事で、その案件を諦めさせられることも多々ありますね。

 

 

そんなことが嫌で、会社を辞めて自分でやってみようと決意するんですよね。

 

 

ところがなかなか上手く行かない。

 

 

上手く行かない確率の方が高いですよね。普通に考えてそうですよね。

 

 

なぜなら、自分で起業するノウハウを誰からも教わってないのですから。

 

 

会社勤めすることを運命づけられたかのような教育を受けてきたのですから。

 

 

そして、何をやろうとしてもお金がかかり過ぎます。

 

 

一度失敗しただけで借金地獄になるようなことでは、怖くて独立なんかできません。

 

 

お金がかからないで、何度でもやり直すことが出来て、修正も簡単な仕事で独立を目指せれば、どうでしょうか。

 

 

一大決心をして独立するという決意をした人であれば、その熱意を維持できる環境が、ネットの世界にはあります。

 

 

自分の努力が、結果を結ぶ環境があります。

 

 

やり方さえきちんとしていれば、結果が出るまでやり続けるだけです。

 

 

やり続けるのが半年なのか、一年なのか、それはまちまちですが、その期間の経済を考えるのであれば、しばらくは副業のつもりで空いている時間や、テレビのバラエティ番組を見る時間を削って時間を作って、コツコツ続けて行けばいいんです。

 

 

会社には悪い気もしますが、どんなに頑張って働いても、身体を壊した者に対して陰で「馬鹿だなあ」としか言わない組織に義理を立てる必要もないでしょう。

 

 

そして、ネットの世界で充分稼げるようになってから辞めるなり、

 

 

今まで我慢していた分、会議の場や上司に対して本音で指摘して、首をほのめかされたら「はい、じゃあ○月○日付で辞めま~す」と明るく言ってやればいいんです。

 

 

それからの日々は、会社に投入していた時間の全てをネットのビジネス構築に振り分けられるわけですから、その発展たるや ワクワク期待できますね。

 

 

あのトランプ次期大統領でさえ、ホテルやカジノをいくつも倒産させ「トランプはもう終わりだ」と言われたわけでしょう。

 

 

諦めずにやり続けた結果、今では銀行もマスコミもトランプ氏に頭が上がらない状況になったわけです。

 

 

プロ中のプロが失敗するんです。

 

 

ど素人の私たちが、失敗するのはむしろ当たり前で、普通の出来事 くらいに考えていいのだと思います。

 

 

何も考えなくてもいい と言ってしまうとサラリーマンの方からお叱りを受けると思いますが、起業した立場での心労に比べれば、サラリーマンは楽でしたね。

 

 

ネットである程度の収入が出てくると、別の心労が発生します。

 

 

自由時間が出来過ぎるので、自己管理です。

 

 

お金の使い方です。

 

 

安い月給で、一日の半分以上の時間を拘束され続けてきたサラリーマンにとっては、結構辛いものがあります。

 

 

あくせく時間に追われることが普通になっていたんですね。

 

 

ギリギリの予算で、少しでも安いものを探して購入し、ささやかな喜びを感じることに慣らされていたんですね。

 

 

いわば、職業病です。

 

 

病気なのですから治るんですよ。

 

 

うっかりすると反対側の病気になってしまいますが、そこは自己管理をしっかりしないとだめです。

 

 

心の中で、常に『人に見られてもいい状態なのか』を問うようにするといいですよ。

 

 

社会人としての節度を守りながらでも、充分自由を満喫できます。

 

 

自由になったからと言って若い頃のように、羽目を外すことには何ら喜びや楽しみを感じなくなっています。

 

 

そういう点では、より若い人の方が難しいでしょう。

 

 

そういう人のサイトは、すぐに札束の写真が載っかってますね。

 

 

マルチレベルマーケティングでそこそこ稼いだ若者は、判で押したように高級外車を買い、似合いもしないのにブランドスーツを着て、低い鼻にサングラスをかけ、ジャグジー付きの風呂がある家を購入する。

 

 

なぜかしら、みんながみんなそうなってしまう。

 

 

私たちはそんな物にではなく、時間を贅沢に使う事に喜びを感じることのできる世代です。

 

 

楽しみ方も、カッコイイですよね。

 

 

サラリーマンは確かに安全度は高いですが、定年という日が必ずやってきます。

 

 

努力も報われないことの方が多いです。

 

 

ネットビジネスは、諦めなければ いつか報われます。

 

 

定年がないどころか、本当の楽しい老後があります。

 

 

一人でも連れ合いさんとでも、いっしょに介護施設で手間いらずの生活をして、パソコンで稼ぎまくっていてもいいんです。

 

 

見た目は地味でも、本当はスゲェ人になれるんです。

 

 

始めたモン勝ちですよ。

 

 

最初は不安でも、入ってみることで不安解消の糸口が見えてくるものです。

 

 

遠巻きに見ているだけでは、抱いている不安や疑いは一向に晴れることはありません。

 

 

あなたがどうかは知りませんが、私は 負け組 でした。

 

 

動かなければ、いつまでも 負け組 のままだったでしょうね。

 

 

あなたもやってみましょう。

 

 

 

 

 

---PS---

 

最初に就職したレストランに、初老の男性がホール係で入ってきました。 
おちついた感じが採用の理由だったのでしょう。

 

周りの従業員は、正社員でも30代前半まで。 他は学生アルバイト。

 

仕事は遅いし効率も悪い。

 

一度ホールに出たら、帰ってくるときにはどれだけの空いた皿を回収してこれるかで、ホールスタッフ全員の仕事量が増えたり減ったりします。

 

「手は二本、持つものも二つ」

 

その男性は、子供のような歳の学生アルバイトに陰口をたたかれていました。

 

私はその人が私の父親の年齢に近かったこともあり、その仲間には加わらなったのですが、『長年生きて来て、この歳になってこんなに惨めな現実が待っているのか』と思ったものです。

 

その方は、雰囲気を感じたのか、ほどなく辞めて行かれましたが、何十年か後に自分は絶対にああはなりたくないと思いました。

 

年配者に厳しい世の中です。

 

自分に力を付けなければと、ふと昔のそんな出来事を思い出しました。

 

 

 


 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材