トップへ戻る

会社勤めが向いてないなら一人でも起業

『会社勤めに向かない』は、おかしいことではない

しばられたくなくって・・・

 

 

 

「自分は会社勤めに向いてない」

 

そんな人がいても、ちっとも不思議ではありません。

 

恥ずかしいことでも社会不適合者と決めつける事でもありません。

 

 

 

「自分は会社勤めが好き」

 

そんな人がいるのも不思議ではありません。

 

自慢しても良いことです。

 

 

 

 

「自分は会社勤めは嫌いだけど我慢して頑張っている」 

 

そんな人もたくさんいます。

 

 

 

それでは、自然じゃないのはどちらの人でしょうか?

 

 

嫌いなのに我慢して頑張っている人ですよね。

 

 

 

会社員が好きだから勤めている・・・OK!
会社員、向いてないけど勤めている・・・???

 

会社員に向いてないから、起業した・・・OK!

 

 

すな~~お になってみると、この感覚でしょ?

 

 

 

 

我慢して頑張るのは、とても立派なことです。

 

人として大切なことでもあります。

 

腰を据えてじっくり取り組むことも大切です。

 

 

ですが、本当に会社に合わない人もいるでしょうし、その人に向かって「我慢が足らない」なんて言うのはおかしいです。

 

 

 


『向いてない』理由によって、次の手を見極めよう

 

 

ここで大事なのは 2つ

 

一つ目は その人が『向いてないと思う理由』

 

二つ目は 同僚の『サラリーマンとして徒党を組みたがる日本人気質』

 

 

飽きっぽい とか 
遊んでいたい などが理由だとしたら
サラリーマンを辞めて起業しても難しいかもしれません。

 

 

でも
人との付き合いがストレスになる とか 
決まった枠の中で仕事するのが嫌 だとか 
仕事は好きだけど時間に縛られたくない

 

こういう人は、会社なんて飛び出してしまえばいいと考えてます。

 

 

困ったことに日本人は、飛び出そうとする人に
「残れ」
「我慢が足らない」
「みんな辛抱している」
「どうせ失敗するから」
「ここの方が安定している」

 

などと言って引き止めようとします。

 

 

その「安定」なはずの大手企業が倒産してます。

 

希望退職を募ります。

 

いきなり転勤を命ずる会社もあります。

 

ずさんな品質管理で世界の日本品質の評判を落としている大企業もあります。

 

 

こんなセミナーも流行っている

 

 

不正をしない多くの中小企業では、昇給カーブが緩やかになりボーナスもほとんど出ません。

 

 

残業代を合わせてひと月分の家計を組んでいたのに、会社は残業をしないよう業務の効率改善をしています。

 

 

生活できなくなりますね。

 

 

安定安心神話なんて崩れかけていると思いませんか。

 

 

でも日本の教育は、『たくさん勉強して良い会社に入りなさい』なので
サラリーマンが標準で普通で安心な場所なんです。

 

 

そのせいか、会社に就職が決まると親も親戚も取りあえず安心します。

 

 

これって一種の洗脳ですかね。

 

 

世の中が、一人でも多くの人をサラリーマンに留めておきたいような風潮です。

 

 

企業の数が日本ほど多くない他の国の人たちはどうしているのでしょう?

 

 

何かしらのお金を生む仕組みを自分で作るしかないです。

 

 

『会社に勤めることが、普通で最良の道かどうかは分からないのだ』
という価値観こそが普通な気がします。

 

 

本当に会社員が合わないなら、別の道を探って歩き出してもいいんじゃないですか。

 

 

一昔前までは、起業しようと思えばまとまったお金やある程度の人脈が必要でした。

 

 

自分で『起業なんて無理』と制限をかけていないか

 

 

今は、一人でやっている起業家がたくさんいます。

 

 

大手の会社は、パソコンによる在宅業務を許可しています。

 

 

 

 

個人企業なら尚の事
在宅で一人でこなせる仕事はたくさんあります。

 

 

時代の利器 (パソコン) は大いに使いましょう。

 

 

郵便も宅配もほぼ最高レベルにまでサービスがいきわたっています。

 

 

そしてインターネット、メールの普及。

 

 

SNSを使えば、情報は一気に拡散できる時代です。

 

 

扱う物がデジタル商品なら、発送経費すら掛かりません。

 

 

パソコン一台で出来る仕事なら、
オフィスを借りる必要もないし、通勤費用もいりません。

 

 

お客さんを集めるための宣伝広告費も、
ネットの普及で極端に安価で済ませられます。

 

 

このように
個人で始められる仕事は、以前に比べるととても身近になりました。

 

 

サラリーマン至上主義のような日本社会の変な良識に縛られる必要はありません。

 

 

本当に会社が合わないのなら、やがては辞めてもいいように独立の準備を始めるのがストレスのない人生の出発点となるでしょう。

 

 

いずれにしても、生きていくためには収入が必要です。

 

 

出来れば、今までのようなお金のために生活を犠牲にするのではなく、
生活を楽しめるためにお金に働いてもらう仕組み作りをしたいものです。

 

 

 

 


 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材