トップへ戻る

5つの自由を手にしよう

5つの自由

 

5つの自由

 

 

自由に数があるなんて少し変ですかね。

 

 

私は一口に自由と言っても、いろいろあると思っています。

 

 

ワガママ放題やる事を自由とは呼んでいません。

 

 

もちろん、そのために周りの人に迷惑が掛かるのなら、自由とは呼びません。

 

 

自由には責任があると考えます。

 

 

 

5つの自由とは

 

①時間の自由
②生活環境の自由
③人間関係の自由
④お金の自由
⑤心の自由

 

です。


時間の自由

 

①の時間の自由とは、文字通り平等に与えられているはずの時間、一日24時間 一年365日、この時間を自分で管理出来て自由に使うことが出来ることを指します。

 

 

休みの日の夜、笑点のテーマやサザエさんが聞こえてくると、子供でもないのに憂鬱になります。 ( 私だけかもしれませんが )

 

 

休みが終わってしまう と言う、無言の圧力が私の心に圧し掛かってくるんですね。
明日からまた、一週間の間 どうやって過ごそうか どうすれば受注できるだろうか そんな事が、頭の中をぐるぐる回りだして辛くなるんですね。

 

 

それ程でなくても、休みが終わるころはやっぱりグレーな気持ちになりますよね。

 

 

そして寝ると、あっという間に朝が来るんですよ。 
目覚ましに起こされるのも嫌ですが、目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまう、熟睡できてない状態で朝を迎えるのも嫌です。

 

 

遅れないように、チャチャっと支度して軽くご飯を食べて、いつもの時間に家を出る。

 

 

会社なんか行きたくないのに、道路が渋滞してるとイライラする。
早く着きたい気持ちなんか無いくせに。

 

 

昼休みも時間に管理される。 
食べられればいい方で、食べたとしてもゆっくり食べられない日もありますよね。

 

 

自分の仕事は一段落しているのに、何となく帰りづらい雰囲気って日本の職場にはあります。

 

 

上の立場の人にはそれなりの理由、下の立場の人にもその立場ならではの理由があって、みんなが帰れない。
無駄に、周りのバランスを考えてしまうんです。

 

 

実に馬鹿げてます。

 

 

そんな窮屈な時間から解放されたいと思いませんか。

 

 

強制されない中で、自分の好きに早起きしてみると とても気持ちいいんですね。

 

 

空気が違うんです。

 

 

起きてもいいし、寝ていてもいいんです。

 

 

毎日、ゆっくり朝食を味わいます。

 

 

あくせく出かけていくご近所さんを見ながら、少し前の自分を思い出しては、「お気の毒に」と心から思えるんですよ。

 

 

コンピュータを使ったアフィリエイトビジネスで仕組みを作り上げたからこそ、実現できたんです。

 

 

今の仕事は、仕組みがおかしくなっていないかと確認しながら、時々記事を書く。

 

 

その時間は、自分の気が向いて、言葉がどんどん出てくる時でいいんです。

 

 

平日に朝から遊びほうけていても、いいのです。

 

 

自由でしょ ?

 

 

 

 


生活環境の自由

 

②の生活環境の自由は、どこでも仕事が出来るという事です。

 

 

どんなに素敵な旅行をしていても、会社に行く日の朝には、通勤可能なところに帰ってきて居なくてはならない。

 

 

家をどこにするか、 勤め先から通える範囲ですよね。

 

 

逆もあるでしょう。 転職するときは、単身赴任を覚悟でもしない限り、家から半径○○km 、あるいは通勤時間 何分以内とか。

 

 

仕事が私の生活環境、生活地域を決めているんです。

 

 

コンピュータによるアフィリエイトビジネスの仕組みが出来上がれば、ネットにつながる環境さえあれば、仕事場はどこでもいいんです。

 

 

冬の日本海側でも、外国の島でも、健康ランドの長机の上でもどこでもいいんです。

 

 

仕事で生活環境が決められてしまうなんて、馬鹿げたことから解放されます。

 

 

身体の具合が思わしくなければ自宅の部屋でもいいですし、温泉の湯治場でもいいんです。

 

 

自由に自分で決められるんです。

 

 

好きな地域で暮らせばいいんです。

 

 

相性のいい場所ってありますよね。

 

 

そこに居続けても、何の問題も生じません。

 

 

 

朝の9時前に、開いてるレストランに入り、大好きなチョコレートパフェを注文する。

 

外にはしかめっ面をしながら足早に歩くサラリーマンやOLの姿。

 

私はゆっくりノートパソコンを開き、昨日起きた事件を読み直す。

 

やがてウエイトレスさんが、私のチョコレートパフェを運んできます。

 

パフェグラスの中には、プリン コーンフレーク ミルクの風味たっぷりのバニラアイスクリーム。 チョコアイスともう一つバニラアイス。ハーシーのチョコシロップがかかっているけど、個人的にはバンホーテンのココアを使った手作りのチョコシロップが良い。
薄い目のスライスバナナ。トッピングはアーモンドスライス。

 

中身を一つ一つじっくり見て、目でも味わうゆとりは ここ何十年もなかったこと。

 

ロングスプーンでパフェグラスの底のシロップまですくって 最後の一口。

 

外にはまだまだ続く通勤の列。  彼らとは明らかに違う、私の日常。

 

誰にも何の気兼ねもいらない、私の時間。

 

 

 

 


人間関係の自由

 

③の人間関係の自由は、誤解を受けやすいのですが、現場をわかっていない上司や指示を理解できない部下や、足を引っ張る同僚、悪くもないのに頭を下げなければならない高飛車の得意先、そんな人たちに気を遣う必要がなくなる と言う意味です。

 

 

『人とのかかわりを絶つ』 と言う意味ではありませんよ。 もちろんそれも可能ですが。

 

 

人間関係は、いつの時代もストレスのトップですね。

 

 

コンピュータによるアフィリエイトビジネスの仕組みが出来上がれば、究極的には一人でもやっていけます。

 

 

そして、価値観を共有できる大切な人とだけ、深く付き合っていくこともできます。

 

 

仕事のために人間環境が決められてしまうという、悲しい現実から解放されるんです。

 

 

ちゃんと喧嘩のできる友達も、大切ですね。

 

 

自分で決めたことを進もうとしていることに対して、無責任なチャチャも入りません。

 

 

ゆっくり過ごしたい時間になると不思議にかかってくる、無粋な電話も無くなります。

 

 

自分のペースで仕事を進めながら、付き合う人も自分で選ぶことが出来ます。

 

 

 

 

 


お金の自由

 

④お金の自由は、『贅沢する』という事ではありません。

 

 

私の場合、必要なものであっても子供に買ってあげられない悲しい時期もありました。

 

 

家内を綺麗なままにしてあげるのは夫の役目だと考えますが、女性を綺麗に保つには、お金がかかるんですね。

 

 

たまに旅行に行っても、来月の生活を考えて料理やお土産代を少しケチってしまう。

 

 

もう少し観て行きたい処があったのに、財布の中身と相談して 断念する。

 

 

買い物に行っても、良い物や本当に役に立つ方を購入するのではなくて、我慢して財布に優しい方を購入してしまう。 

 

値札で買うものを決めてしまうのは、あまり楽しいものではありませんし、惨めな気持ちにもなります。

 

 

必要なものであれば、必要十分なレベルの物を購入できる財力という事です。

 

 

外食だって、出かける回数が、月に1回でも増えれば幸せは多くなりますよね。

 

 

誰にも気づかれず、寄付をするのもいいことだと思います。

 

 

気持ちにゆとりが出来ます。

 

 

人にも優しい気持ちになれます。

 

 

正しい判断をしやすくなるとも思っています。

 

 

ATMがお財布みたいになります。

 

 

ですが、自己管理と果てしない欲望に駆られないだけの強い意志は必要です。

 

 

人間の欲望は果てがありませんから。

 

 

プチ贅沢で満足して、幸せを感じていられる心の在り方、これが次の ⑤の心の自由です。

 

 

 

心の自由

 

心の自由は、私のように貧しい期間が長かった人にこそ必要な事です。

 

 

人は油断するとすぐに、傲慢になり贅沢が癖になり、一度上げた生活レベルを落とすのにはとんでもない苦痛が伴うようになってしまいます。

 

 

最初から贅沢に身を落としてはいけないんです。

 

 

日本には昔からの言葉にいいものがあります。

 

 

『吾、唯、足るを知る』 です。  『見栄を張る』 じゃぁないですよ。

 

 

禅の教えです。

 

 

今の自分が、充分幸せなのだと思える心ですね。

 

 

そして、他人と比較しない心も大切です。

 

 

私も含めて人は、人と同じ物、あるいはそれ以上の物を持ちたがる傾向があります。

 

 

またそんな気持ちに駆り立てるようなCMもたくさんあります。

 

 

企業の戦略に乗ってはいけません。

 

 

自分や家族の生活が全く問題ない程度に収入があれば、そして先々までの収入の基盤が出来れば、心は落ち着き 周りへの思いやりも出てきます。

 

 

『足るを知る』を忘れてしまうと、まだ足りない まだ足りないと お金を追い求め、いつまでたっても心が満たされることはありません。

 

 

これはとても不幸なことです。

 

 

収入が増えたために、かえって不幸になっていくんですね。

 

 

幸せかどうか、自由かどうかを判断できるのは、良心に基づいた自分の心です。

 

 

他人に迷惑が掛かっていたり、良くない商品を騙して買わせたりして得たお金では、良心が喜べないから結局満たされないままなんです。

 

 

心が自由に解放されて、初めて人は自由になれます。

 

 

だから、私は今までの様々なしがらみから解放される 四つの自由を経て、最後に心の自由を掲げているのです。

 

 

また、そういう心にれないと、人を何らかの形で傷つけますからね。

 

 

そんな事をしたら、どれほど長い間 後悔をするかわかりません。

 

 

これらの5つの自由を勝ち取り、長いサラリーマン生活にピリオドを打って、プチ贅沢しながら、奪われていた幸せな時を取り戻しましょう。

 

 

アフィリエイトで実現できます。

 

 

 

 

 

 


page top