トップへ戻る

自宅で稼げれば老後は安心

仕事は自宅でやろう

 

自宅で稼げれば老後は安心

 

心配事は誰しも歓迎しませんが老後の心配事の中でも1番は、やはり収入面なのではないでしょうか?

 

定年後などの老後とされる時期は、ほとんどの方がサラリーマンを退職しているか、現役時代よりはるかに少ない給料で再雇用、あるいはどこかに再就職しているか、かと思います。

 

年金の支給が始まったとしても現役時代ほどの収入は見込めないのではないでしょうか?

 

身体はどんどん言うことをきかなくなるし、それにつれて医療費もかかって来るはずですから、経済面での不安が1番の心配事なのですね。

 

長い間、仕事はお勤めに行くものだと、会社勤めありきの発想がいつの間にか根っこになっているようですが、本来仕事はどこで活動してもいいものです。

 

 

自宅で仕事が出来るならありがたい話です。

 

 

仕事 (商売) は、必ず相手がいるものです。 ですから商談ができる場所や商品を展示できるスペース、そして組織をうごすために、ある程度の人数 (仲間) が必要でした。

 

今ではそれらの場や人間を、コンピュータにやらせる事ができます。

 

Amazonや楽天に代表される、ネットショップなんかはその代表的なものです。

 

もちろんあのクラスになると、とんでもない人数を抱えることになります。

 

 

そもそも商品の仕入れや発送業務がありますからね。

 

このように商品の種類や業界によっては、今でもそれら環境が整わないと成り立たない商売もあります。

 

工場のプラントの設計や家の新築販売なんかもそうですよね。

 

昔はコンピュータも大きく簡単には動かせませんでした。

 

小型になったとはいえ、コンピュータとキーボード、ディスプレイを別の場所に自由に運べるかと言うと、『人間がコンピュータまで移動』した方が早いと言うことになってました。

 

ノートパソコンやタブレット端末が普及しだしてからは、『人間のいる場所にコンピュータがやって来る』という時代になってきましたね。

 

 

せっかくそんな便利な道具が身近になったのなら、それを使ってできる仕事を選ぶという選択肢は『多いにあり』ですよね。

 

冒頭に、自宅で稼げれば老後は安心 と書いたのはそういう意味です。

 

 

ただ、コンピュータを使うのは良いとして、
たった一人でも
体の調子に合わせながらでもできる仕事となると、
どんなものがいいでしょうか?

 

仲間と一緒の仕事では、各人のペースの違いや、互いの思い違いや、その人件費を賄える利益のことなど、余計な心配事が増えるからです。

 


仕事は一人の方が気楽

 

今日は気分が乗らないとか、体調がすっきりしないとか、必ず出てきます。

 

だから、1人で 尚且つ かなり自由に出来る仕事を選ばないと、辛くて給料に縛られるサラリーマン生活と同じになってしまいます。

 

では『一人で出来る』仕事とは、

 

小規模で、全体管理ができて、さらに歳を取っても体力的な負担が軽い仕事。

 

商品仕入れは×️ ですよね。

 

仕入れた商品を誰が整理し、誰が在庫管理するのか、ということになるからです。

 

商品発送も×️ ですよね。

 

棚から商品を出してきて、梱包し、運送伝票を作成して発送手続き。

 

たった1人でやりたいですか?

 

こんな作業が発生しないものでなくてはいけません。

 

私は、ネットを使って、アフィリエイトビジネスを勧めています。

 

ブログとメルマガで収入を得ています。

 

 

知り合いの中には、自分で中古の軽車両を購入して、宅配業に転じた人がいます。

 

朝の6時前から動き出して、立ち食いうどん屋さんに麺を届け、その後も別の荷物を積んで、夜の10時過ぎまで配達しています。

 

 

運ぶ仕事の大半は車がやってくれますが、玄関までは人の仕事です。

 

不在の率が高いと言ってました。

 

現役時代より、かなりキツイと漏らしています。

 

 

車に荷物を積んでしまえば、基本は1人仕事です。 でも渡す時は、お客さんが居なくては話になりません。

 

さらに、時間に追われます。

 

若いうちならともかく、定年後のタイミングから始める仕事ではないと感じました。

 

 


夢のようなアフィエイト

 

アフィリエイトの仕事がどんなものなのかは、リンクをクリックすれば、私の説明ページに飛びますので、参照してください。

 

 

アフィリエイトは、扱うのは様々な商品であることは間違いないのですが、アフィリエイターがその商品に直接触れることはありません。

 

私のページでの説明にもありますが、アフィリエイターから見れば、自動で事が進んでいくんです。

 

時間や納期に追われて、臨時にアルバイトを雇って、せっかくの利益をその人たちの給料に持っていかれるなんて事もありません。

 

 

振り込まれるお金は、必要な手数料も引かれてますので、全て自分のお金です。

 

掛かっている経費は、ノートパソコンの電気代と、サーバーやドメインの料金、メールマガジンの手数料、最初のうちに自分のために投資した教材代の数万円だけです。

 

 

誰に強要されるでもなく、誰に管理されるでもなく、好きなタイミングに、好きな量の仕事をすれば、あとは自動で収入の上がる仕組みが売り上げをもたらす という、真面目に働くのが嫌になるような、老後向けの仕事です。

 

でも、その仕事が軌道に乗れば、自宅で稼ぐ事ができるんです。

 

自宅でなくても、旅行先でも 静かな喫茶店でも、どこでも出来ます。

 

一人で出来ます。

 

老後が楽しくなると思いませんか?

 

老後の不安がどれほど解消されるか、こうしてお伝えしていて いつもワクワクしてきます。

 

 

私は、このアフィリエイトビジネスのおかげで、自分を取り戻してきました。

 

かなり、鬱っぽくなってましたから。

 

サラリーマン当時の私の直属の上司が、正真正銘 鬱 の診断を受け、程なく出社拒否となり、退職しましたので、もう少し決断が遅ければ私もそうなっていたかもしれません。

 

 

収入なくして生活はできない国です。

 

 

だからこそ、自分の力で稼ぐ能力を身につけなくては、いつまで経っても不自由な雇われ人を続けることになります。

 

 

 

アフィリエイトビジネスは、安易に取り組んだ人のほとんどが、挫折して辞めていきます。

 

ですがきちんと社会的にも認められて(ブログのファンが多勢支えてくれて) 大成功を収めている人も沢山いるんです。

 

では、その分かれ目とは何なのか?

 

こちらできちんと解説してますので、ぜひ読んでください。

 

 


page top