トップへ戻る

サイドビジネスで失敗した人の話

失敗したくなければ

 

 

 

サイドビジネスで失敗した人の話

 

 

サイドビジネスとされる仕事に最初の一歩が踏み出せないのは、失敗が恐ろしいからです。

 

 

失敗した人がいるので、自分はそうなりたくないと思うのです。

 

 

失敗する人が多いと風の便りに聞いているからです。

 

 

では、どんな人がどんな形でサイドビジネスで失敗しているのでしょう。

 

 

それを探って、あなたはそうならない道を歩き出せばいいと思うのです。

 

 

 

 

サイドビジネスを外で出来る人は 稀 ですね。

 

 

ほとんどのサラリーマンは、一日の半分以上が今の勤め先関係でつぶれるからです。

 

 

そんな状況で外で出来るサイドビジネス (副業) は、夜中の居酒屋さんかレストランの後片付け、コンビニのバイト、夜のビル清掃、夜中の点検業務 などなど。

 

 

本業と別に勤めようとすると、身体がもちません。

 

 

と言うより、そこからの給料で本業の会社に 副業がバレます。

 

 

副業 OKの会社もあるようですが、出来れば内緒でやりたいものですよね。

 

 

そこで考えられるのが、コンピュータを使った自宅でのサイドビジネスです。

 

 

インターネットビジネスを中心に話を進めていきますね。

 

 

私がコンピュータを使って稼げることを知ったのは、もう 15年くらい前の事です。

 

 

当時、知る人ぞ知るカタカナの名前の方の発案で爆発的にヒットした商材を紹介して、私も稼ごうとしました。

 

 

その仕組みを教えてもらうのに、教材代が 5,000円でした。

 

 

もちろん今から思えば、かなり怪しい商売です。(笑)

 

 

仕組は単純、自分で紹介するサイトを作り、申し込みが有ったらその情報をメールで送る、と言うものです。

 

 

今でも私のそのサイトはありますよ。

 

 

たった一枚のペラサイト。

 

 

そのサイトを作成するサービスサイトがあるのですが、そこへのログインの仕方が分からなくなっているので、メンテも出来ず 今はほったらかしになっています。

 

 

酷いサイトです。

 

 

売れるわけありません。

 

 

15年前は疑問すら感じなかったのですが、今なら大笑いのサイトです。

 

 

何故ひどいサイトなのか?
何故大笑いのサイトなのか?

 

 

そこがわからなかったから、失敗したんです。

 

 

あっ、これは私の体験談ですよ。

 

 

私の恥をお伝えして、共有して、あなたも成功して欲しいというお話です。

 

 

 

 

まず、仕組みの宣伝しかやってません。

 

 

つまり そのノウハウを売り込むだけのサイトなんです。

 

 

読者 (お客さん) の気持ちを置いてきぼりにしてるんです。

 

 

お客さんの購買心理や、お悩み解決法  皆無です。

 

 

そして一体だれが、どうやってこのサイトにたどり着けると思っていたのでしょう。

 

 

誰かが検索して私のサイトが上位に表示されない限り、絶対に見てもらえません。

 

 

有名人ならともかく、全く無名の私のサイトを見てもらう方法・・・

 

 

それが SEO です。

 

 

検索エンジンに引っかかっていくように作り上げていく手法 の事ですが、

 

 

その対策も 皆無 です。(笑)

 

 

そもそも、そのことにその教材は触れてもいません。

 

 

そして、その対策を施していたとしても、検索上位にランクされるまでは プロでもない限り 最低3ヵ月はかかる という事も何にも知らないままやっていました。

 

 

ネットビジネスの教材を読まなくても、今の人はある程度までは何となく知っています。

 

 

でも当時は私を含め、多くの素人は 何にも知りません。

 

 

だからこそ、内容が大したことなくても売れる人は売っていたんですね。

 

 

今よりもっと純粋な善人が、たくさん食い物にされていたという事です。

 

 

 

 

 


こうすれば失敗しない

 

 

あなたがネットビジネスで失敗しない方法。

 

 

実は簡単なことです。

 

 

失敗した人の 反対の事を続ければいいわけです。

 

 

お客さんが損しないで、『良かった』と思ってもらえる内容の記事を毎日毎日更新して、お客さんが検索時に入力しそうなキーワードをタイトルや本文に入れて、

 

 

最低 3ヵ月は努力するんです。

 

 

もちろん間違った方向に 3ヵ月走っても何にもなりません。

 

 

お客さんが求める情報を提供しながら

 

 

信頼関係を築くことが大切です。

 

 

なので、記事から売ろうと考えていけません。

 

 

記事はあくまで あなたと読者さんを結びつけるきっかけのような存在ですから。

 

 

ブログの記事に興味を持ってもらったら、メールマガジンで共感して信頼関係を築いてもらえるよう配信します。

 

 

共感を感じてもらえれば、売る動作に入っても快く行動してくれることでしょう。

 

 

ネットビジネスで成功している人は、必ずと言っていいくらい メールマガジンを発行・配信しているのはそのためです。

 

 

ブログ記事から売ろうとして、やたらと広告を貼っているサイトからは売れませんよね。

 

 

あなたも買おうと思わないはずです。

 

 

人の心理に沿った販売方法を取り入れていかなければ、ネットにも慣れてしまった現代でのネットビジネスに成功はありません。

 

 

これは、ダイレクト・レスポンス・マーケティング と呼ばれる手法です。

 

 

当時の私には、この大事なところが完全に抜けていました。

 

 

宣伝サイトを作って、インターネット上に置いておけば売れるもんだ と単純に信じてました。

 

 

そしてダイレクト・レスポンス・マーケティングを無視していました。
いえ、知りませんでした。

 

 

これは、TVショッピングや地域のスーパーでも取り入れています。

 

 

気付かないなら、お店側の勝利 と言う訳です。

 

 

 

 

そろそろ纏めます。

 

 

①読者さんが喜べる記事を書く

 

②ブログでは売り込まない

 

③ダイレクト・レスポンス・マーケティングに沿った仕組みを作る

 

④メールマガジンで信頼関係を築く

 

⑤検索エンジンで上位が狙えるよう、SEO対策をしていく

 

⑥最低でも三ヵ月は、毎日ブログを更新する。

 

 

 

こうして地道な努力を続けられた人が、

 

 

たった 5%と言われる、ネットビジネスの成功者となります。

 

 

教えられたことを素直に地味に続けられる人が、失敗しない人です。

 

 

私の場合、過去の恥ずかしい失敗があったからこそ

 

 

今の生活が実現しています。

 

 

 


page top