トップへ戻る

定年  どうしよう

未来に行って当たり馬券買ってきますか

 

 

定年 どうしよう

 

 

バックトゥザフューチャーのように未来に行って、当選の馬券を買いますか?

 

 

定年しても今までと同じように、食べて着て住まわなければなりません。

 

 

急に裸で外に放り出されるような気分です。

 

 

でも定年してからの生活が心配なのは、あなただけではありません。

 

 

生涯学習支援や投資家情報を発信している民間会社の調べですが、
何と8割の人が、定年後の生活に不安を感じています。

 

 

その反面、介護の会社の調べでは、貯蓄が4,000万以上ある家庭は18.3% もいるのだそうです。

 

 

何だか数が合いますね。  8割対2割です。

 

 

4,000万円の貯蓄は凄いと思いますが、定年後は間違いなく減っていきますから 不安が無いはずはないでしょう。

 

 

 


定年後の再就職は給料半分?

 

 

定年で『どうしよう』というのは、いろんな意味での『どうしよう』でしょうが、一番多いのは やはり収入源を『どうしよう』ではないでしょうか。

 

 

定年すると、収入が現役時代の半分になる人がほとんどらしいです。

 

 

あなたなら、この現実にどう対応されますか?

 

 

昨日までバリバリに働いていた人が、いきなり給料半分です。

 

 

もっともこれは、継続雇用制度で60歳定年ではなく65歳まで雇用を延長しましょうという制度を利用した場合です。

 

 

本人が今までの会社に残りたいという意思表示をすれば、会社としては雇わなければならないが、給料はそれなりで・・・というものですかね。

 

 

なんだかんだ、一般従業員に厚い制度とは思えません。

 

 

年金支給を遅らせた代わりに、企業に負担させようという風に見えます。

 

 

出来る事なら自分で稼ぎたい

 

 

さて、本当にどうしましょう。

 

 

『どうしよう』には実は
「こうしたい」という思いがあるけれど、「腹が決まらない」 ですよね。

 

 

みんなサラリーマン生活には辟易していて、『出来る事なら自立したい』

 

 

独立起業したいと思っている人は、私の周りにもたくさんいます。

 

 

でも、何を始めたらいいのかわかりません。

 

 

その方法もわかりません。

 

 

資金もありません。

 

 

何かの商売をやるにも、適当な場所も見つけられません。

 

 

失敗した人の噂ばかりが耳に入って来て、“独立”= “失敗”
そして60過ぎてから 自己破産 。

 

 

これでは怖くて起業なんてとても出来ません。

 

 

だから、人間らしい楽しみを犠牲にしてまでも、再び勤め人に収まってしまうんですね。

 

 

私たち日本人の今までの教育では、誰も起業することを教えてくれませんでしたから。

 

 

サラリーマンとしてどこかの会社に勤めるのが、普通で当たり前と教えられてきましたから。

 

 

だけど、その歳になってもサラリーマンを続けたいかと問われると、
実はみんな「嫌」なんです。  

 

 

少しずつ積み上げて来てやっと築いた地位、
経験と努力で作り上げた人間関係、
給料だってそうです。

 

 

同じ会社でも再雇用となると、失うんです。

 

 

失う事への不安と悔しさは相当なものです。

 

勤めなおしたら またこんな生活

 

 

そして、勤めたら最後 相変わらずの長時間拘束。

 

 

自分の人生なのに、休みを決めるのは会社。

 

 

毎朝 時間になったら支度して会社へ向かう。

 

 

車通勤だったら、大して急いで着きたくもないくせに、渋滞でいらいらする。

 

 

仕事の都合で、昼ごはんもゆっくりとれない。

 

 

嫌な相手にも愛想笑いをして、『使えない』と思っていた部下が自分に指示を出す。

 

 

明日の仕事のために、早めに寝る。

 

 

絶対『嫌』でしょ。

 

 

違う会社に転職するとしても、何か特技や凄い経験とか、値千金の人脈を持ってるとかじゃなければ、やはり安い給料で「雇ってやるよ」みたいな態度で、 いいように使われます。

 

 

サラリーマンを続けている以上は、時間も生活環境も人間関係もお金の面も
みんな不自由のままになり兼ねません。というか間違いなく、不自由です。

 

 

不安なくアフィリエイトしてみる

 

 

あなたの好きな時間で
あなたの好きな場所で
あなたが気の合う人とだけで
現役時代と同等かそれ以上の収入があって
開業資金がほとんどかからず
万一失敗しても、失うものは最小限。

 

 

こんな仕事で起業できたらいいですね。

 

 

無駄な不安のない状態で、希望を感じながら起業したいですね。

 

 

それを具体的にお伝えしているのが、このブログと無料のメルマガです。

 

 

世間一般の見方を大きく覆す、
『アフィリエイトビジネスが如何に妥当か』 
ということをきちんとお知らせしています。

 

 

メルマガの講座で、
「そうだったんだ、意外だけどその通りですね」 と、
感想をいただけます。

 

 

「なるほど、これなら出来る !」
潜在的な恐怖も感じなくなるはずです。

 

 

過去に三度もインターネットビジネスを試みて、三度とも失敗し挫折した私がそうであったように です。

 

 

お便り 感想、無料メルマガへの登録 お待ちしてます。

 

 

 

 


page top