トップへ戻る

サラリーマンが不安なら転職せずに独立

5年後を予測してみよう

 

 

私は経済学者でもなければ、政治学者でもありません。

 

ですが、これからの時代は今より生活の条件が悪くなるであろうことは、容易に想像できます。

 

社会保障はなぜ出来るかを考えてみると、税金での収入が国に入るからですね。

 

 

税金を納める人と、使われる人とのバランスで、充実した保障の中で生活出来るかどうかが決まります。

 

納める人が多くて使う人が少なければ、保証は充実します。

 

もっと言えば、人数ではなくて 金額ですよね。

 

 

ご存知の通り、税金を納める場合、仕事などでの収入が多い人ほどたくさんの税金を納めます。

 

なので収入が増えないと税金も増えません。

 

景気が良くなって給料が上がることも必要ですが、若いうちはそもそも給料はそれほど高くないです。

 

 

人口の分布では、間違いなく年齢が高いほど人数が多くなる 『逆三角形』 になっているのは誰でもが知っていることです。

 

しかも、人口そのものがどんどん減っています。

 

 

どう考えても年金を含めて社会保障として、あなたや私に廻ってくるお金は、減らされていく一方のようです。

 

 

 

では、景気は良くなるでしょうか。

 

人口が減って消費が上向くとは思えません。

 

あらゆる品物の流通が減るからです。

 

物が売れなくなれば、生産も減らします。

 

すると、生産のために必要な経費の比率が上がるので、同じものでも値上がりしますよね。

 

生活そのものが苦しくなりますね。

 

そして、ますます外国製の商品が溢れる事でしょう。

 

 

あなたも私も、どうやって生活の基盤を維持しましょうか。

 

消費が減れば、仕事も減ります。

 

働き口も減るという事です。

 

 

なんだか希望のない話ばかりしていますが、無理に楽観的に考えるのは危険と思います。

 

 

私の予想が大きく外れて、収入も社会保障も充実すれば、大いに結構なことです。

 

このままサラリーマンでいても、何とかなるでしょう。

 

 

でも、そうでないことを想定して、準備はしておくべきです。

 

何事も、一朝一夕には軌道には乗りません。

 

時間がかかることを予定に入れて早めの行動が、自分を楽にしてくれます。

 

 

現在の生活が成り立っているのであれば、ぜひ今から動き出した方がいいです。

 

 

私は勤める先を変えるのではなく、自分の力で一人であっても稼いでいく術を身に付ける準備を始めました。

 

サラリーマンで一生働き続けるのが嫌でしたし、一生働かせてくれる会社も無いと思ったからです。

 

事業主として、極力資金を使わない形で、体力がなくても死ぬまで活動できる職を掴むのです。

 

今の勤めで収入がある間でないと、じっくり取り組めません。

 

じっくり取り組める時間が毎日とれなくても、将来のためにじっくり取り組みました。

 

きつい日もありましたよ。

 

 

私は経営などの経験など全くない、根っからの 『勤め人』 でしたが、あなたはどうですか?

 

 

世の中の大半は、サラリーマンです。

 

東大出てもサラリーマンになるのが当たり前のような国ですから。

 

 

学校では教えてくれない、意識の改革は必要です。

 

この本を差し上げますので、読んでみるといいですよ。

 

 

ちょっとした発想の転換が、サラリーマンから脱出させてくれます。

 

 

 

 

 

 

=== 追伸 ===

 

自分で仕事をするにあたって、初めての人や経営者の経験者もいるでしょうが、そのために世の中には様々な本が出版されています。
ビジネスをやっていく立場で、外国の成功者が書いた物を厳選し、時間をかけて翻訳したものがあります。

 

 

日本の本屋さんは、売れそうな本ばかりを置きます。
それがたとえ、内容の薄っぺらい物でも です。

 

内容が素晴らしいものでも、難しそうだったり 購買層が少なそうな本は、扱いません。

 

 

ですが、外国はそうではありません。
その内容は驚くべき考え方で、読んでみると まさに 『目からウロコ』 なことが書かれています。

 

例えば、販売会社であれば、自社で扱っている商品をいかに多く売るかを考えるのが普通ですが、
成功者はそうではないと真っ向からその考え方を否定します。

 

 

そんな、日本の本屋さんでは売っていない、素晴らしいビジネス本を集めました。
もちろん翻訳されて、日本語で書かれています。

 

これらの本で、上手く行かない "常識" を通過せずに、最短で軌道に乗せる道を歩きましょう。

 

『絶対おすすめの本』 は、こちらのページで、紹介しています。

 

新しく見つかり次第、追加して紹介しますね。

 

 

 

 

 

歩き出さなければ、
永遠にゴールにはたどり着けません。

 

 

 

 

page top