トップへ戻る

老後の不労所得は生活を楽しくする

不労所得は素晴らしいけど・・・

 

 

夢の不労所得は今からでも作り出すことが出来ます。

 

不労所得での生活は、本来仕事でつぶれる時間をあなたの好きなことに使えます。

 

 

 

真面目にサラリーマンをやってきた人ほど、怪しい響きに感じると思います。

 

 

これも一つの人生における判断ですから

 

 

関心のある人だけ、読み進めてください。

 

 

 

老後に不労所得”という言葉は何とも聞こえが悪いのですが、
きちんとした手順を踏んでお金を生み出す仕組みを作り出せれば、そこから発生する所得は、働く量が極端に少なくても健全な所得です。

 

 

働く量が少ない、すなわち労働時間が短いというのは、体力が落ちてくる定年前後からの老後の仕事として、とてもふさわしいのではないでしょうか。

 

 

楽しい生活に欠かせない、ある程度のお金と自由に行動できる環境を手に入れようというのです。

 

 

ふつう家庭での生活は、現役・定年後を問わず家族の誰かが稼いだお金で成り立っています。

 

 

あなたも私も誰でも、きちんと働いてきた人であれば

 

 

『報酬とは、一生懸命働いた対価です』 と答えると思います。

 

 

働かずして手に入るようなお金は、
『何かしらウラのある』 『大きな声では言えない』 お金。
そんな気がしていると思います。

 

 

でも本当に、報酬が一生懸命働いたことに対する対価だとすると、

 

その人は生活費を稼ぐために、

 

雨の日も風の日も、台風が来てても
熱があってもお腹が痛くても、

 

お金のために労働し続けなければなりません。

 

 

死ぬ、前日までです。

 

労働をやめたとたんに、収入が止まりますから。

 

 

こんな、将来的に不安感で一杯の収入の形が、
日本人にとって最も健全とされて来たわけです。

 

 

私もそういう一人だったのですが、これっておかしいと思いませんか?

 

 

老後の年金での生活が、さっぱりあてにならない現状では
死ぬまで働くことを強いられるという事です。

 

 

実際に多くの日本人が、収入のため 生活費のため 
唯一の収入元である “お勤め”にしがみついて来ました。

 

 

それしか自分にはできないと
思い込んでいたんです。

 

 

 


仕事は労働の対価?

 

 

日本人は、世界で一番、投資をしない民族だそうです。

 

 

私たちは、幼い頃から、

 

お金は働いて、その代わりにいただくもの、
働きもしないで得るお金は悪いもの、

 

知らず知らずに、そんな教育、
そんな刷り込みを受けてきました。

 

 

国のお金は投資で運用しています。

 

でも国民には、投資ではなく、
労働収入第一主義でいてもらわないと困るんですね、

 

いわゆる労働者を確保しておかないと
困る人たちがいたんですね。

 

 

子供向けのドラマやニュース、絵本や道徳の授業、
あらゆるメディアを使って、

 

長い年月をかけ、
労働して得たお金だけが尊いものであると
刷り込まれてきたのです。

 

 

 

確かに、

 

一生懸命に考えて行動して得ることが出来たお金、

 

額に汗してクタクタになりながら手にした報酬、

 

そうして得たお金はとても尊く、
貴重で、とても無駄遣いなど出来ない気持ちになります。

 

 

ですから一生懸命に働くことを否定するつもりはありません。

 

 

特に若者には、汗して働くことを知ってほしいです。

 

 

 

 

今は、中高年向けの話です。

 

 

老後の話です。

 

 

 

 


老後に相応しい仕事とは?

 

 

作られた仕組みの中で仕事を与えられ、
その仕事を真面目にこなすことで報酬を得ていた時代から、

 

お客さんに報酬を払ってもらう仕組みを自分で作る人生に変えて行きましょうというお話です。

 

 

 

仕事の仕組みがを作り上げ、
宣伝から営業・販売・代金回収まで
コンピュータを使用して自動化出来たら・・・。
(一人でも楽々できる仕事)

 

 

これは不労所得と言ってもいいと考えてます。

 

 

老後にこそ健全な不労所得で、安心な生活と楽しめる毎日を手に入れたいものです。

 

 

 

皆が夢見た、安心の年金生活。

 

今は、時代が変わりました

 

 

 

道路を走っていても、いたる所に初老の紳士が “ドカジャン”を着て交通整理をしています。

 

 

よくよくお顔を覗いてみると、現役の頃はそれなりの地位にいたであろう顔つきをしています。

 

 

・・・恐らく時間給でしょう。

 

 

『不労所得』とは対極にあると思いますが、多くの紳士がこの流れに飲み込まれていきます。

 

 

どんなに頑張っても、一日は 最大で24時間です。

 

 

時間給では限界があり過ぎです。

 

 

私は老後にまで、そんな生活をする気にはなれませんでした。

 

 

だんだんと残り少なくなる人生の貴重な時間を、

 

大安売りで切り売りする毎日なんか「とんでもない」と思ったのです。

 

 

 

所有している会社の一つが
倒産してしまいましたが、( 計画倒産かも )
あの、ロバート・キヨサキさんの
「金持ち父さん、貧乏父さん」に、
こう書いてあります。

 

「中流以下の人間はお金のために働く」

 

「金持ちは自分のためにお金を働かせる」

 

 

お金を働かせる・・・ お金を生み出せる仕組みを作るんです。

 

 

 

労働者から、労働者 (コンピュータ) を管理する側に回る事は誰にでも出来る時代になりました。

 

 

 

 

「自分はパソコンは苦手で・・・』そんな声が聞こえてきます。

 

今やパソコンは家電です。

 

苦手な人に使えないような商品は、誰も買いません。

 

メーカーは、どんな人にでも扱いやすいように改良してきています。

 

 

 

定年を境に、老後こそ不労所得で、

 

失われた自由時間と

 

失われた楽しみ

 

失いかけた家族との絆

 

ゆとりの心に基ずく、優しい施しの気持ち

 

これらを取戻せたら、どれほど老後の心は安定するでしょうか。

 

 

 

残りの人生は、常に今日から始まります

 

24時間が MAX なんです。

 

あなたは老後を
どんなふうに働きたいですか ?

 

 

 

 

 

無料ダウンロードできます

 

『こうすれば人生はもっと良くなる』
ずっとガマンしてきた人生は
誰にでも変えることができます
夢物語だと諦めていた自由な生活
少しの勇気で人生は変えられます


 

 

 

 

 

 

 

 

 


page top