トップへ戻る

定年を楽しく迎える方法

定年は本来楽しみな行事

 

定年は一つの大きな区切りであり、自分の人生の証でもありますね。

 

 

本来、楽しみなお祭りごとでしょう。

 

 

真面目に勤めてきた人であれば余計にその思いは強いと思います。

 

 

人生の半分以上を、勤める と言う事に費やしてきたわけですから。

 

 

趣味や楽しみを我慢した人生でした。

 

 

 

 

定年の時は、必ず (と言っていいと思います) 自分を振り返ります。

 

 

幾つの時から働き出したかは人それぞれでしょうが、右も左も分からない若者が、不安な心を奥にしまい込んで社会に乗り出してから今までの歩みを思い出すことでしょう。

 

 

思い出されるのはどんな事でしょうか。

 

 

恐らく、苦しいことを乗り越えた時の事ではないでしょうか。

 

 

自分の前に壁が立ちはだかり、もがきながら打ち破った思い出が一番心に残っていると思います。

 

 

嫌だったことや同僚との楽しい思い出は、意外と出てこないかもしれません。

 

 

人は、自分のやったことを認めて欲しいし、誰かしらから褒めてもらいたいと願うものです。

 

 

そして達成できた回数が多いほど満足感も大きいのではないでしょうか。

 

 

その数は5回の人もいれば、10回以上と言う人もいるでしょう。

 

 

中にはたった一度だけ と言う人もいるかもしれません。

 

 

ですが私に言わせれば、壁を乗り越えたのは毎日でしょう? と言いたいのです。

 

 

会社に行くことそのものが、壁だったはずです。

 

 

みんな当たり前のことだから、特に取り上げないかも知れませんが

 

 

大好きなオーディオに夜更けまで浸っていることも出来ず、

 

 

アルコールも明日のために控えめにして、

 

 

好きな本も途中で読むのを止めて、

 

 

録画したたくさんの番組を観る時間も無く、

 

 

明日のために寝る。

 

 

ある時は頭が冴え過ぎて眠れず、
またある時は不安が頭をいっぱいにして眠れず、
「早く寝なきゃ」と思うほど眼が冴えて、
やっと明け方近くに眠りについたと思ったら、目覚ましに起こされる。

 

 

そんな日でも勇敢に会社に向かったでしょう?

 

 

これは、壁を乗り越え続けたと言えると思いませんか?

 

 

みんな真面目に闘って、無数の壁を乗り越えてきたんですよ。

 

 

素晴らしい実績じゃないですか !!

 

 

そんな毎日の末に迎える 定年 。

 

 

「おめでとう」の日なのでしょうが、素直に楽しめませんよね。

 

 

現実の定年は不安と口惜しさだらけ

 

今後の不安や、
お世話になった取引先への思い、
助けてくれた同僚への思い、
「自分はこれで良かったのか」との思い、
家族はどう迎えてくれるのか、

 

 

そして定年は区切りでもありますが、
これからどうしていくかの決断を迫られる時でもあるわけです。

 

 

会社からは、
このまま嘱託として残る
関連会社に再就職する
辞める

 

判断を迫られますよね。

 

 

楽しみどころか、切羽詰まった気持ちの方が強いのではないでしょうか。

 

 

そんな切羽詰まった気持ちにならない方法は、既に別の収入のアテを見つけている意外には無いですね。

 

 

経済面の余裕があれば、

 

 

意地悪っぽく判断を迫る担当者に、「じゃ、辞めますね」 と涼しい顔で言えるのです。

 

 

でも、あなたはもう少しご奉仕したいですか?
お世話になった人へ恩返ししたいですか?

 

本当ですか?

 

 

あなたは本当に心から『お世話になった』と思っていますか?

 

 

その人は、本当にあなたのことが心配で心配で寄り添ってくれたのでしょうか?

 

 

私断言します。

 

 

そんな人はいません。

 

 

あなたを助けてくれた人は、(利害関係のない人は別ですよ)
あなたが助かる事によって、その人も助かったはずです。

 

 

仕事関係の人なんて、そんなもんです。

 

 

人が好過ぎるかもしれませんよ。

 

 

 

今日の私は意地悪過ぎますかね。 ひねくれ過ぎですかね。

 

 

 

でもやっぱり 何の憂いも無く、「辞めます」と言える体制を作りたいのは事実でしょう。

 

 

収入のアテがあったとしても、それだけでは問題解決にはなりません。

 

 

今後の決断を『先延ばし』しただけです。

 

 

収入を発生させる仕事がどういうものかも大切だからです。

 

 

身体は間違いなく衰えます。

 

 

普通に勤めるのであれば、現役時代を思い出したくもないくらいの安い給料になるでしょう。

 

 

自分でなければ出来ないような、誇らしげな仕事でない可能性が大きいですね。

 

 

今までと変わらない、自由時間が取れない毎日かもしれません。

 

 

定年後までも、自分の楽しみを犠牲にして生きていきますか?

 

 

楽しめる定年にするには

 

このお話は、定年まで一年近くある方は、大当たりです。

 

 

半年を切っている方は、忙しくなるでしょう。

 

 

既に定年を迎えておられ、特に支障なく生活が出来ている方は、ご自分のペースで進まれたらいいかと思います。

 

 

定年後の体力に支障がなく、
自分なりの個性とセンスを表現しながら、
自分の時間をしっかり確保できて、
収入も問題ない金額の仕事、

 

 

私は、アフィリエイトビジネス以外にないと考えています。

 

 

それも、きちんとしたやり方で、
小手先のSEO対策ではなく、
長期安定するための地道な方法で仕組み作りを
着実に組み立てるやり方でのアフイリエイトです。

 

 

この方法は残念ながら、時間がかかるんですね。

 

 

ですが、長期安定の仕組み作りが出来るんです。

 

 

よほどセンスのある方ならともかく、まして仕事をしながら夜の数時間と休みの日にコツコツやっていくわけですから、余計に時間がかかります。

 

 

一年、頑張ることが出来れば、悪い教材に騙されでもしない限りは、ほぼ間違いなく収入が発生してます。

 

 

続かないんですよね。

 

私も苦しかったことをよく、覚えています。

 

 

でもよく考えたら、根気よくやるだけの話で、サラリーマン時代の追い立てられるような毎日から比べれば、どぉって事ないんです。

 

 

これからの数十年期間の食い扶持です。 
多少辛くて当たり前なんです。

 

 

アフィリエイトで充分な収入が得られるとどうなるのか?

 

 

時間が自由になります。
生活環境も自由になります。
嫌な人間関係から抜け出せます
必要なものを購入するのに変なためらいは必要なくなります
ゆとりの気持ちが心を開放してくれます

 

 

パソコン一台あれば、
ネットに繋がるところならどこでも一人で仕事が出来るからです。

 

 

サラリーマン時代に、取り上げられたものばかりでしょう?

 

 

これらを取り戻せるなら 定年 を楽しめますね。

 

 

余裕で 定年 のその瞬間を楽しく対応できますし、
定年後の 『勤め人』 ならではの不自由さから解放されると思うだけでも笑えてきます。

 

 

それでは、そんな 定年 の迎え方が出来る具体的な方法とは?

 

 

私のメールマガジンで、細かく解説してあります。

 

 

ぜひ、あなたのメールアドレスを登録して

 

無料で楽しんで下さい。

 

 

 

page top