トップへ戻る

仕事が楽しくないのに、辞めない

仕事は楽しくないのに辞めない

 

 

「仕事が楽しくない」そう思っている人

 

 

私の経験上、言えます。

 

 

ほとんどの人が、楽しくないと思っています。

 

 

「辞めてやる ! こんな会社」

 

「もー、やってらんない」

 

 

 

では、
「楽しくない」のはなぜでしょうか?

 

職種やその人の性格でも違うのでしょうが、

 

・気に入らないモノを売らされている
・決まりごとが多すぎる
・職場に嫌なヤツがいる
・通勤が辛い
・終わっても帰りづらい雰囲気がある
・トップだけがイケイケ
・同じことを繰り返しやらされる
・意見しても取り上げてくれない
・労働時間が長すぎる
・社内ミスが多く、取引先に謝ってばかり

 

 

理由は様々キリがありませんが、

 

組織の中で働くというからには、多かれ少なかれ生ずることです。

 

 

ふた昔ばかり前の時代ですと

 

「そんなのは当たり前」
「みんな我慢してやっている」
「なにを寝ぼけた事、言ってるんだ」
「甘いんだよ」
「仕事なんだから」

 

などと、『会社が全て論』がまかり通っていましたね。

 

 

今は通じません。
そんな時代ではありません。

 

そんな意味もなく抑え込むような考え方に従う必要はありません。

 

 

それでは、「楽しい仕事」とはどんなものでしょうか?

 

先ほどの楽しくない理由をクリアすればいいのでしょうか?

 

それは、ただのワガママですよね。

 

一つクリアしても、次の不満が出てくるのがオチです。

 

 

 

では、
『楽しい仕事』とは、

 

自分で仕切って、自分からアクションを起こして売り上げ・利益を上げていく仕事です。

 

そして、自分が心を込めたモノで相手が喜んだ時です。

 

そうです
ワクワク出来る仕事です。

 

 

 

 

 

 

 


転職しても同じこと

 

 

 

 

じゃあ、その人 会社辞めるか、というと そうでもないんですね。

 

 

ガマンする道を選びます。

 

 

日本人らしくて立派です。

 

 

私はどんどん転職をしました。

 

 

片手の指より多い回数をしました。

 

 

今から思い出すと、「恥ずかしい」 理由です。

 

 

ガマンが出来なかっただけです。

 

 

あなたがそんな状態からの転職だったら、

 

 

私はお勧めできません。

 

 

不満が原因の転職は、次の会社でも別の不満が出てくるからです。

 

 

経験者の言葉です。

 

 

あなたがすごく能力があって、
それを生かせる環境を追い求めての転職なら
ぜひ、チャレンジして欲しいと思います。

 

 

ですが、このブログに行きつく人は

 

「不満」型の人ですね。

 

 

 

不満にキリが無く、新しい環境になれるために相当なエネルギーを消費するのなら、

 

転職なんかしない方が良いです。

 

 

 

どうしてもその会社が嫌なら

 

転職ではなく

 

独立の道もあります。

 

何か喜んでもらえる仕事を自分でやってみませんか?

 

自信ないですか?

 

 

実は、「自信がない」 と言うのはあなただけではありません。

 

 

サラリーマンは嫌だけど、
「自分で経営するより勤めていた方が安心」
と、思っています。

 

 

 

ですが、本当にそうでしょうか?

 

 

知らず知らずのうちに、
『そう思い込まされている』とは、考えられないですか?

 

 

言葉が分からない
どう見ても高学歴に見えない
そんな外国人が、
屋台でも車でもお国の食べ物を作って売って、
日本で生活できています。

 

 

 

彼らを馬鹿にしているのではありませんよ。

 

そこから世の中の真実を見抜いていただきたいんです。

 

品物やサービスが何であれ、
人が喜ぶものを提供できれば、仕事になるんです。

 

 

 

『喜ぶものを提供する』 というと、どんな品物だろうと思いましたか ?

 

 

人を喜ばすことが出来るのは、品物だけではありません。

 

 

手を貸してあげる

 

言葉をかけてあげる

 

困っていることを補ってあげる

 

 

心や文章、身体を動かすことだって

 

人を喜ばすことは出来ます。

 

 

 

私は文章で、人様の役に立とうとする道を選んだことになります。

 

 

何故ブログを書くことが、人を喜ばすことにつながるのか ?

 

 

たくさん転職してきた私が

 

独立の道を選んだ理由。

 

その手段が、なぜブログだったのか ?

 

 

あなたがもし、気になるのでしたら

 

 

ぜひ、メールマガジンを確認してください。

 

 

会社のとどまるのでも

 

転職でもない

 

別の道が見えてきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

page top