トップへ戻る

自由なのに楽しくない

楽しくなくなるには理由がある

 

 

 

『自由なのに楽しくない』 こんな悩みが始まります。

 

 

そうならないための解決法があります。

 

 

 

アフィリエイトで収入が上がり始めると

 

 

色々な落とし穴に落ちます。

 

 

地味にこつこつ収入を得ていたサラリーマンが、

 

 

急に不労所得なみの収入の取り方に変わるのですから。

 

 

特に会社に行くわけではありませんし、

 

 

どこかの会場に出かけて講演をするわけでもありません。

 

 

『今日は何をして時間をつぶそうか』 

 

 

それが続けば、考えただけでも憂鬱になります。

 

 

自由の使い道を日々、

 

 

楽しく夢見ていないと 後で『こんなはずでは・・・』になります。

 

 

ブログのメンテナンス、

 

 

ステップメールの充実化、

 

 

記事の投稿、

 

 

ブログのアクセス数に気持ちを奪われ、少しでも目に留めてもらうべく、

 

 

必死に記事を書いたり 

 

 

ヒットされやすいようにとタイトルにこだわろうとしてトレンドを追いかけたり・・・

 

 

いつの間にか家族はほったらかしで、コンピュータに取り掛かりっきり。

 

 

でも、それも終わるとやる事が無くなり、むなしい時間を過ごしてしまう。

 

 

『あれっ、自由のはずなのにちっとも楽しくない』

 

 

なぜでしょう。

 

 

自由とお金を得たら、どうしたかったのか?

 

 

いくらまで稼ぎたかったのか ?

 

 

ある程度まで、漠然とでも目標があるうちは、

 

 

そこに達するまで一生懸命に記事を書いて 

 

 

充実させることに集中すればいいことです。

 

 

では、そこまで行った人は どうしましょう。

 

 

欲しかった、時間の自由と

 

 

お金による経済的な自由というのは、

 

 

その使い方とセットなんです。

 

 

そして、『このくらいでいいや』 というラインを設けておくことです。

 

 


そもそも楽しさって何?

 

楽しさとは、欲望を満たすことに他なりません。

 

 

その人間の欲望というのは、果てしがありません。

 

 

幸福に限界がないからですね。

 

 

もしも幸福に限界があれば、

 

 

世の中の何人かは限界まで行ってしまって、

 

 

それ以上幸せにはなれない という事が起きます。

 

 

そんなことはおかしいですね。

 

 

幸せにたどり着いたがために、それ以上の希望が持てず、

 

 

悲観して自殺に追い込まれる なんてことも起こるかもしれません。

 

 

幸せをつかんだ人から順番に不幸に落とされる なんて、おかしいでしょう?

 

 

幸せが限界にぶつからないように 

 

 

欲望には限界がないんです。

 

 

欲望に限界がないから、

 

 

新たな幸せが発見されてくるんです。

 

 

よく出来てますね。

 

 

それは、どこまで行っても新しい幸せをエンドレスに感じられるようにとの

 

 

神様からの贈り物かも知れません。

 

 

いつまでも、どこまで行っても、新たな喜びに出会えるなんて希望です。

 

 

でも、自由な時間を得ることと

 

 

生活に充分なお金を得ること そのもの を目標にしていたら、

 

 

実現したとたんに 目標=欲望 を失ってしまいます。

 

 

達成すべき欲望が無くなったら、楽しさ 喜びもそこで終わりです。

 

 

 

 

 

私は、5つの自由を求めてアフィリエイトビジネスを始めました。

 

 

5つの自由のうちの1番目に掲げた『時間の自由』は

 

 

自分が忙しくて、ずっと我慢してきた様々な楽しみ、

 

 

思いっきり読書  
平日の旅行  
気分が乗ったらすぐにオーディオ鑑賞
地方に行って食べ歩き  
思い立った時に出発するドライブ
気が済むまで楽器の練習

 

 

こんな風に、好きな時に趣味を満喫できるためと

 

 

家族や大事な人との時間を楽しむための自由です。

 

 

なので、本当にやりたいことを用意しておかないと

 

 

すぐに退屈で死にそうになります。

 

 

サラリーマンを辞めた後、

 

 

ある程度の自由が手に入ったら、

 

 

ある時期から本当に『ぼ~っ』となるんです。

 

 

 

 

5つの自由のうちの 4番目の『お金の自由』とは

 

 

お金がふんだんにあり、お金を自由に使えることも もちろんそうなのですが、

 

 

お金の事を、自由や幸せになるための単なる道具と思えるほどに

 

 

お金に執着せずともゆとりの気持ちで暮らしていけることを意味しています。

 

 

お金の亡者になることではありません。

 

 

もっと稼ごうと、あくせくコンピュータに向かってばかりいたのでは、

 

 

不自由で窮屈な会社員時代と何も変わりませんね。

 

 

 

 

ですから、早期にお金を稼ぐ仕組みを作りあげて、

 

 

あとはその収入の範囲で自由気ままに楽しく生活することが大事なんです。

 

 

『過分なる欲望』 に支配されてはいけないのです。

 

 

欲望が私の主人ではなく、私が欲望の主人でなくてはいけませんね。

 

 

『足るを知る』 この精神で、落とし穴に落ちることなく、

 

 

健全で自由な生活を満喫しましょう。

 

 


page top