トップへ戻る

定年の不安を安心に変える

定年はみんなが不安

 

 

定年の時期に不安を抱える人はたくさんいます。

 

 

それは、定年後の収入がどれだけあるかで実生活に大きな影響を与えるからです。

 

 

収入ともう一つ大きな心配が、『夫が家庭にずっといる』 ということが夫婦それぞれに不安の種になっているということです。

 

 

収入に対する不安もさることながら、家庭内の不安も大きなものがあるようです。

 

 

恋愛かお見合いかで結婚された方が多いと思いますが、最初のころはいつまでも一緒に居たいなんて、素敵な思いがお互いの中にあったと思います。

 

 

生活を共にする中で、それぞれの性格や自分のやりたいことが出てくるに従い、平日の昼間は夫がいないという生活が何十年も続いていると、それが当たり前になってどのご家庭も不安になるようです。

 

 

なんだか寂しいような、いつになってもLove Love というわけにはいかないものでしょうか?

 

 

熟年離婚や夫の墓には入りたくないなどと主婦の思いはかなり過激です。

 

 

 

 

それ程までに、不満を募らせてしまった責任は、やはり夫の側にあると反省している私です。

 

 

収入も家庭の団欒も、本来は夫がカギですものね。

 

 

不安の原因の大きなものが夫にあるとすれば、これは何とかしなければなりません。

 

 

そしてその不安が、本人にも一大事件である定年に集中して現れるというのは、出来るだけ早い時期から手を打つ必要を感じるのです。

 

 

一つの部屋で暮らしている場合は、確かにお互いに変な気遣いが出てくるのでしょうが、別部屋で仕事をする、と言うのならお互いいい意味で割れきれるのではないかと思っています。

 

 

少しずつ『一緒にいるのが当たり前』という環境をぜひ、再構築したいものです。

 

 

 

 

私は男ですので、夫側の気持ちしかわからないですが、今まで満足に旅行や外食に連れて行ってあげられなかった分を『定年後に埋め合わせしたい』と思うのですが、奥さんの側からみてどうなのでしょう。

 

 

一緒にいることで心が休まり、人生の最後の最後には
一緒になって良かった」と言って欲しいですから。

 

 

自分だって、仕事のために諦めてきたことや我慢してきたことが、かなりたまっています。

 

 

皆さんもそうではないですか?

 

 

この定年の二つの不安をなんとか同時に解決できないものかと、足らない頭でいろいろ考えました。

 

 

実際私は、定年を迎える前に会社をリタイアしていますが、別部屋で仕事をしていて、特に問題は発生していません。

 

 

男と言うのは、とかく奥さんに甘えてばかりで、何かと呼びつけて用事を言ってしまう傾向にあるのがいけないのではないでしょうか。

 

 

洗濯物を干したり、夕方には部屋に取り込んでたたんでみる。
最初は「そうじゃない」と怒られても、内心喜んでくれてます。

 

 

何か一品でも、おかずを作ってみても良いです。

 

 

理解し合える、共通の動きをしてみるといいですよ。

 


不安を解消できる仕事

 

 

何が言いたいのかといいますと、

 

定年まで働いていた会社と同じ会社で働き続けることが出来ればいいのですが、別の会社へ転職をしなければならないなら、思い切ってコンピュータを使っての独立したビジネスをお勧めしたいのです。

 

 

定年の歳からの再就職は、やはりあまりいい条件の職場は望めないというのが定説になっているからです。

 

 

しかも、普通なら月曜日から金曜日まで、朝の決まった時間から夕方の決まった時間までは拘束され、それが心地いいという人ならともかく、さんざん苦しんできたライフサイクルじゃないですか。

 

 

そのために自分の時間もなく、
やりたかったであろう趣味の世界も我慢した人生ではなかったかと察するわけです。

 

 

体力も少しずつ衰えていきます。

 

 

家でも、散歩がてらに寄った喫茶店でもどこでも作業が出来ます。

 

 

 

 

気分が乗らない時間にむりやりキーボードに向かう必要もありません。

 

 

収入が発生して、時間が増える、

 

奥さんの手伝いもしやすくなります。

 

 

 

定年は夫にとっても奥さんにとっても大きな転機です。

 

 

ひたすら突っ走ってきた今、一息入れると共に仕事のあり方を変えてみるのも一つの選択肢と思います。

 

 

では、コンピュータで何をやればいいのか。

 

 

私はアフィリエイトと言うもので生計を立てています。

 

 

インターネットを使った商売です。

 

 

自分の作ったサイトから品物が売れたら報酬が振り込まれるという、
今やかなりポピュラーになった仕事の形態です。

 

 

商売と言っても仕入れも在庫も発送も入金処理も、人手とお金がかかることは何もやりません。

 

 

面倒なことは、コンピュータにやらせます。

 

 

売る品物はそれこそ何でもありです。

 

 

 

 

デパートなんて比較にならないほどの品数です。

 

 

何を選ぶかで報酬金額が異なりますので、それはあなたが関心のある物の中で売れそうなものや報酬の多い少ないを考慮して自由に決める仕組みです。

 

 

コンピュータと言うと、引いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、普段の仕事は基本的にはブログの更新 つまり、記事を書くことだけです。

 

 

ブログのサイトを検索して覗いてみてください。

 

 

結構なお歳と思われる方々が、たくさん投稿しています。

 

 

今の時代は、簡単に作れるようになっている ということの現れです。

 

 

ブログの作り方や仕組みの構築は、私のメルマガでも事細かに説明しています。

 

 

やり方さえ間違わなければ、根気よく続けることでじわりじわりと報酬が発生します。

 

 

よくありがちな宣伝に乗せられて、手っ取り早く稼げると勘違いして始めた人は、たいがい上手くいかずに挫折しています。

 

 

 

 

『インチキ』とか『怪しい』とか言われる所以です。

 

 

実は私も過去に三回もチャレンジして失敗してます。

 

 

簡単に稼げると口車に乗ってしまった人の一人です。

 

 

だからこそ、今回は上手くいっている人とそうでない人の、やり方の違いや考え方の間違いを調べての再出発でした。

 

 

ビジネスです。 
簡単に手っ取り早く人からお金を引き出せるわけがありません。

 

 

ですが、きちんとそれで暮らしいる人がいるのですから、急がば回れ です。

 

 

 

 

あらかじめ相応の期間を考慮してコツコツ積み上げることが出来れば、企業への再就職よりはるかに高額の収入を得ることが可能です。

 

 

ですので出来れば、定年まで1年~3年くらい前から始めることが出来れば安心ですね。

 

 

不安の解消に役立てば、幸いです。

 

 

 

 

 


page top