トップへ戻る

定年の不安

定年の不安

 

 

若いころ、定年というイメージは、
『長年勤めあげてご苦労様 後はゆっくり余裕で暮らして下さい』
というものでした。

 

 

私も実際、そう思っており自分もそんな時期が必ず来るものなんだと思っていました。

 

 

定年とは、サラリーマンにしか訪れないもの という認識もありませんでした。

 

 

そもそもサラリーマン以外には考えていなかったという、発想の貧困さが恥ずかしいのですが、子供のころの教育は、『事業を起こすためにこうせよ』というもので無かったことは間違いありません。

 

 

給料の額と支給される年金の額、何歳になったら支給される なんていう考えは、いつぞやの “ミスター年金” の政治家が大騒ぎしてくれなかったら気にもしなかったでしょうし、今でも ボーっとしていたままかもしれません。

 

 

年金だけでは生活できないと知ったのも、それ程前の事ではありません。

 

 

実は私、そのくらい のんきな性格です。

 

 

私の給料は、決して高くはなかったですが、最低レベルでもありません。

 

ですが、定年を向かえたあとは生活できません。

 

その当時の収入より下がってしまうと、とたんに生活費に困り始めます。

 

 

 

定年が年々近づくにつれて様々な不安が襲ってきます。

 

家族はどんな目で私を見るだろう。

 

今までご苦労様 というのは、そのおかげで今も生活ができる事が条件のはず。

 

家に居てもいいのだろうか。

 

出かけるといってもお小遣いには限界があるだろうし。

 

再就職できるのだろうか。

 

どんな仕事があるだろうか。

 

仕事に就けなかったらどうなるのだろう。

 

自営で何ができるか。

 

配達 ?

 

喫茶店経営 ?

 

今からそばの屋の修行でもするか ?

 

店を出す資金なんてないし。

 

何をやるにしても元手が必要だが、定年間近の人間にお金を貸してくれるところがあるか?

 

 

お金がない  
住むところも追い出される  
食べ物は?  
みすぼらしい服  
楽しみは無い  
家族には愛想をつかされる  
恥ずかしくて友人に連絡もできない

 

考えれば考えるほど恐ろしくなりました。

 

自分の計画性のなさを悔やみました。

 

家族への申し訳ない気持ちがどんどんこみ上げてきました。

 

何を始めるにも もう遅いのでは。

 

なぜ、もっと早くに気が付かなかったのだろう。

 

早ければ、打つ手もあったろうに。

 

 

 

これからもっと、高齢者が増えて来るのに 職は限られている。 
とすれば、更に再就職の道は、狭き門となっていくだろう。

 

何かないかとインターネットで検索すれば、怪しげな商売の紹介ばかり。

 

私は、これらのネットを使ったビジネスで、過去に三度も失敗しています。

 

 

冷静に考えてみました。 自分の持っている資格、経験、能力、資金、希望。

 

考えられる候補が 一つ また一つと 消えていきました。 消去法ですね。

 

 

残ったもの・・・ ネットビジネスでした。

 

私には、これしないのか。


不安の解消は自由につながる

 

 

私は、考え方を変えようと努力しました。
仕方なくやるのではなく、自分の仕事として前向きに積極的に捉えてみようと。

 

 

以前、三回もチャレンジして三回とも上手くいかずに挫折した経験。
だからダメなんじゃなくて、
ダメだった原因と成功している少数派の人たちの違いは何か。

 

 

ダメだった原因がわかればそこを修正して、
成功している人のやり方がわかれば そのやり方や姿勢を取り入れれば、
道は開けてくるのではないかと。

 

 

ネットで成功してお金を稼いでいる人たちには、二種類のタイプがありました。

 

一つは、インチキでもなんでも、言葉巧みに集客をし、その気にさせて購入させて、あとは知らんぷり。

 

もう一つは、お客さんの心に沿うべく、お客さんの得を考慮に入れて、納得してもらって最後は感謝してもらえるタイプの人。
そして、このタイプの人には、リピーターが付くということ。 
時間はかかるが、長期にわたって、信用を土台にビジネスが行えること。

 

 

私は、後者を選択しました。 なぜなら、過去の失敗は、全て前者に引っかかったからです。
ネットを使ったアフィリエイトビジネスというものです。

 

 

そして、悪徳なタイプも善良なタイプも、共通のスキルを身に付けているらしいということ。
そして、それは一度身に付けたら一生ものの宝となるようなスキルだということ。

 

 

こういった下調べに時間をかけて、師匠と呼べる人を決め この仕事を始めるべく、勉強しながらの日々がスタートしたのです。
つまり、自分で稼いで、
『老後も社会に頼らず自由な生活を手にする』 仕組み作りです。

 

 

 

一か月目くらいは、何が何だか全体像すらわかりませんでした。
三か月目にしてやっと、仕組みの基本的な部分が出来上がりました。
だって、コンピュータに関しては、素人に毛が生えただけのおじさんですから。

 

 

半年くらい経つと、何とか収入が発生するんですよ。
さぼらずに、コツコツと続けることで、その収入は増えていき、
サラリーマン時代の給料を超えていくんですね。

 

 

しかも、元手はノートパソコンと、以前の時よりもうんと安い、良心的な教材代。
あとは、知識を得るためのいろいろな書物。

 

 

お店を出そうなんて考えていたら、この 100倍以上は必要だったでしょう。

 

 

おかげで、定年前に自分から会社を辞めました。
自分の自由で定年を決めたんです。

 

 

 

会社に行かないというのは、自分の時間が、自由な時間が 突然与えられるということです。

 

一日のうちの好きな時間にパソコンで仕事します。

 

気が乗らない時は、しなくてもいいですし、そのことをとやかく言う人もいません。

 

小うるさい上司も、嫉妬の塊の同僚も、指示通り動けない部下もいません。

 

節約した食事ともサヨナラ出来ました。

 

思い立ったら好きな時に旅行にも行けるようになりました。

 

 

でも、無駄遣いは禁物ですね。

 

 

 

一度ならずも三度も失敗したネットビジネスで、定年も老後も社会の保障に頼らないで自由な生活が手に入りました。

 

あの不安な気持ちからも解放されました。

 

 

私でも上手くいった、
アフィリエイトビジネスの組み立て方と考え方
無料で公開しています。


page top