トップへ戻る

老後に自由を手に入れるための自活とは

人生はもっと自由でもいい

 

 

 

狩猟や農耕で食べ物を調達して、
着物は物々交換で手に入れる、
それで満足できる時代の文化ならそれで充分でした。

 

 

だんだんと美味しい食べ物 
暖かい服から綺麗な服 
丈夫で住みやすい家 
時間がある時に過ごすときの趣味。

 

 

贅沢こそが、お金が必要になった元のようなものですね。

 

 

 

 

自分だけ原始生活でもいい と言ってもなかなか許されません。

 

 

現代社会で生きていくためには、お金が必要になります。

 

 

少しでもいいお給料をもらうべく少しでもいい会社に入ろうと、
頑張って勉強してきた人はたくさんいる事と思います。

 

 

サラリーマンになるための勉強だったわけです。

 

 

 

 

社会人になって20年以上経ってからやっと気が付きました。

 

 

私は一生懸命・・・ではありませんでしたが、勉強しました。

 

 

サラリーマンを悪く言うつもりは全くありませんが、
最も自由の少ない人生を歩いていたことになります。

 

 

 

 

せめて老後くらい 自由な生活が欲しい

 

 

遅めの朝ご飯をゆっくりと食べます。  内容は質素でいいんです。

 

 

ご飯はゆっくりと しっかり噛んで 時間をかけて食べると、無駄に量もいらないし、満腹感は得られるし、身体にも良いです。

 

 

ある程度の年配にならないと、わからない感覚かも知れませんね。

 

 

若い頃は、とにかく 量 でしたから。

 

 

仕事に追われないからと、誰からも干渉されないからと、ごろごろしていたら身体はすぐに弱くなりますし、心が死んでしまいますから外へ出かけてみます。

 

 

通勤の主流とは逆の方向へ向かいます。

 

 

朝は下り線、夕方は上り線、それだけで夢のようです。

 

 

反対の方へ向かう人たちの顔は・・・ほんの少し前まで私もあんな顔だったんだ。

 

 

笑ってる人は皆無。

 

 

今日の仕事にワクワクしてそうな人もいません。

 

 

遊びに行くわけではないから、笑ってなくてもいいのですが、それにしても希望に満ちてない顔。

 

 

 

 

自由な生活を手に入れた人の側から見ると
こんな感じです。

 

 

 

自由を手に入れるのは、自活できていることが大前提です。

 

勤め人、つまりサラリーマンでは自由は手に入りません。

 

 

 

会社に通うという発想を切り替えることが出来た人から
自由が近づいてきます。

 

 

自分で仕事を立ち上げて、一人で稼ぐなんて
サラリーマンしか経験してない人には怖いですね。

 

 

資金はどのくらい用意すればいいんだろう

 

品物を仕入れるお金やそれをストックする部屋はどうしよう

 

経理なんてわからない

 

誰が営業してお客さんを連れてくるんだろう

 

仕入れても売れなければ、大量の在庫を抱えて破産?

 

売れても代金はちゃんと回収できるのか

 

仕事用に電話を引かなければ

 

移動はどうしよう  仕事用に一台いるのかな

 

 

 

心配事は尽きません。

 

 

 

私の自活手段は
アフィリエイトビジネスです。

 

 

上記の心配は、

 

資金は3万円ほどかかりました。

 

品物は仕入れないのでお金も部屋も要りません。

 

お金のやり取りは ASP がやってくれます。

 

本格的な経理が必要になれば大したもんです。

 

営業はパソコンがやってくれてます。

 

仕入れないので在庫で悩むことはありません。

 

基本、電話のやり取りは無くネット上で進みます。

 

自宅の部屋か、近所の喫茶店しか行かなくて済みます。

 

 

 

つまり、何も心配いらなかった と言う訳です。

 

 

 

サラリーマンでは、絶対に得られない 好きに使える時間ができます。

 

 

普通は
何の収入の保障もなく ぼーっと過ごしていたら、
心の底からじわりじわりと不安な気持ちが押し寄せてきます。

 

 

ですが、
ぼーっとしていても収入が発生する状態での ぼーっには、
サラリーマン時代には到底感じられなかった、
本当の ぼーっ があるんです。

 

 

それは、不安のない、ただリラックスするための優しい時間となるんです。

 

 

 

 

 

それでいて
サラリーマン時代以上の収入が得られれば、
あなたには再び大きな可能性が生まれます。

 

 

だって、考えられないほどの時間が得られているんですから。

 

 

温泉が好きなら
温泉街で暮らすことも出来ます。

 

 

<% 温泉 %>

 

 

誰の干渉も受けません。

 

 

もちろん我がままに生きるという意味ではありませんよ。

 

 

私たちは社会に便利に使われた感じがありますが、
同じ仕打ちで返すのではなく、
ゆとりの気持ちをもって何等かの奉仕をするのって素敵だと思いませんか。

 

 

その時間とお金をどう使うかは、あなた次第ですし、
私の提唱する5つの自由の5番目である、心の自由を実現してくれることでしょう。

 

 

 

一人でも稼ぎだせる力を身に付け、
たとえ老後になっても社会に頼らず自由な生活を手にしよう 
というスローガンを、これを読んで下さるあなたも一緒にみんなで実現しましょう。

 

 

人はもっと、自由があっていいはずです。

 

 

もっと楽しく生きていいはずです。

 

 

もっと心が満ち足りてもいいはずです。

 

 

 

 

 

 

こうすれば人生はもっと良くなる

 


page top