トップへ戻る

定年でも収入を増やしたい

60歳になってからの仕事って・・・

 

 

定年後に収入を増やすことが出来ます。

 

 

 

60歳で定年したのに、
今までと同じところで仕事していて変わったのは給料だけ。

 

まさかの半額

 

噂には聞いていたけど、本当に自分に起こると
やはりショックがある。

 

給料が半額だから出社の日数も半分でいいかというと、
そんなはずはなく、定時で帰っても特別変には見られないというだけ。

 

以前の役職は名前だけで、実権限は無し。

 

気楽だけど、いつもどこかに
『居てもいいのかな』 感が漂っている。

 

 

定年したら、もっと自由に楽しめる

 

そんな淡い期待も裏切られた。

 

 

 

私の先輩の愚痴です。

 

 

 

定年したら平日に
のんびり本を読んだり
映画を観に行ったり
ゴルフに行けると思っていた。

 

 

 

 

現実を考えたら
退職金がたくさん貰える会社でもなく
貯えがあるわけでもなく
年金が支給される年齢に達していない。

 

家族を食べさせる義務から解放されたわけもない。

 

いつ病気になるかもわからないので、
収入は継続していないと不安で押しつぶされそう。

 

 

いつまで続くのだろうか

 

いつまでも通える身体でいるはずがない。

 

会社に通えなくなったらどうなるだろう

 

それより会社から『いらない』と言われやしないか

 

 

そうなる前に安心して辞めたい。

 

辞めても心配事が無いようにして辞めたい。

 

 

 

先輩の愚痴の続きでした。

 

 


みんなが思う 「こんなはずじゃなかった」

 

 

もしかしたら
あなたも先輩のような不満と不安を抱えそうじゃないですか?

 

 

60歳というのは人生における大きな節目ですが、
生活サイクルはちっとも節目になっていません。

 

楽しみな節目どころか
収入が半減して、より節約をしなければなりません。

 

『こんなはずじゃなかった』

 

素直な心の声ではないでしょうか。

 

サラリーマンになることを義務付けられたような教育の結果がこれです。

 

 

定年してからの転職は、まず無理です。

 

転職できても、待遇は似たり寄ったりでしょう。

 

というより、もうサラリーマンはイヤですよね。

 

 

 

サラリーマンでは限界 独立も努力が必要

どんな経験でも生かしましょう

 

 

サラリーマンではない形で収入を得ないと変われません。

 

60代になったら自分で仕事をして自由を掴むしかありません。

 

 

でも、普段から生活費が脅かされている中で、
独立開業の資金があるはずもありません。

 

資金がいらない仕事
勤めながらでも少しずつできる仕事
人脈に頼らなくても出来る仕事
特別なツテを必要としない仕事

 

 

私の場合ですが、
持っている物は経験だけでした。

 

 

経験と言っても
ただ生きてきた、働いてきた、いろんな人の話を聞いた、

 

そんな程度の経験です。

 

 

お金も人脈も特別なスキルも資格も 何もありませんでした。

 

そんなものを身に付ける時間も補助もしてもらえないまま、
歳だけをとっていきましたからね。

 

 

努力をしなかった と言われれば、
反論も出来ませんが・・・

 

 

収入があるうちに、独立する準備をしなければ と
思いました。

 

 

私が何をしたかと言えば、
パソコンを使ってブログを書くことでした。

 

 

 

 

自宅で、勤めが終わってからの時間でも出来るからです。

 

 

経験してきたことを文章に織り交ぜて生かすことができます。

 

 

私はブログがお金になる事を知って、
詳しく勉強し始めました。

 

 

簡単ではなかったけれども
今は上手く行っています。

 

具体的に何が大変で
どんなふうにやったのかは
メルマガで読んで下さい。

 

 

 

よく言われる表現ですが、
『出口の見えないトンネル』

 

まさにその状態が続きます。

 

 

 


私に出来れば、あなたにも出来る

 

 

不安のあまり、そんな事を検索してみると
やはり、90%以上の人がそこで諦めて辞めていくらしい
というのがわかりました。

 

 

なので
『辞めずに続けていれば、いつか出口が見える』

 

そんな小さな希望だけで続けました。

 

 

辛く厳しく報われない
サラリーマンを辞めることのできる日を夢見て
日々 地味に努力するだけでした。

 

 

理不尽な命令にも身を粉にして働いてきた
それでももらえる給料は
一月やっとの生活。

 

そんな生活に終止符を打てると信じて。

 

 

 

 

 

頑張った甲斐があって

 

今では

 

朝 起きる時間は、仕事のために決める必要はありません。

 

健康を第一に考えて起きればいいんです。

 

あなたもそうなったら、
奥さんの家事を手伝ってみてください。

 

最初はお互いに戸惑いますが、
そこから新たな会話も生まれます。

 

一日の時間は自由ですから、
思い立ってから旅行に行くことも自由です

 

会社に通勤するために
旅行を切り上げて帰って来なくてもいいんです。

 

 

長い間に滲みついたサラリーマン感覚が
しばらくは邪魔をしましたが、
今ではこんな生活が当たり前になってきました。

 

初めのうちは時間がある事で、
落ち着けなくなっていたんです。

 

 

 

私は 今の生活スタイルの方が好きですし、

 

思い切って 舵を切って良かったと思っています。

 

 

 

あなたにだって、必ずできます。

 

 

 

 

 


page top