トップへ戻る

雇われる不自由が嫌なら起業してみればいい

雇われていたら、ずっと理不尽

不自由で理不尽な毎日

 

 

雇われる事での不自由で理不尽な毎日は、

 

雇われている間、ずっと続きます。

 

つまり永遠に不自由のままという事です。

 

 

 

私は、サラリーマンとしてお給料を貰うという事は、
ガマンすることを容認したようなものだと思うようになりました。。

 

定年した後も引き続きガマンを続けたいとは思えませんでした。

 

 

 

あなたは老後も気合を入れて走り続けたいですか?

 

平和な雰囲気の会社もあるでしょうが、基本は利益追求です。

 

 

 

しかも身体を壊したら 
『自己管理のできない自分に甘いヤツ』 と陰口を叩かれるだけです。

 

 

 

そんな境遇のあなたに

 


私は以前、こんな目にあいました

 

 

昔、こんな仕事に就いていた時期もありました。

 

 

土地を持っている地主さんに (地主さんは普通に土地持ってますね 笑)

 

土地活用という事で、アパート経営を勧める仕事でした。

 

 

最低でも4千万くらいからの商談です。

 

 

私にとっては見たこともないお金の額です。

 

 

少し大きなマンションだと、すぐに数億円です。

 

 

金額の単位が私の生活とは全然違います。

 

 

 

 

この会社の営業職は
三か月間に1件以上の契約が取れないと、
一日中研修所に送り込まれます。

 

 

そこは研修というより、「お前らみたいなのが会社を傾かせるんだ」と

 

 

その人のやる気をなくさせて、
『自主退職を促す場』 なんですね。

 

 

人を育てる教育の場ではないんです。

 

 

 

 

また各人、会社から持たされた携帯電話には、GPSがついていて
時々「ピピッ」となります。

 

 

支店の中で支店長がPCの画面を見ながら、営業マンの動きを監視している音です。

 

 

たまたまだと思いますが、ある営業マンはトイレに行きたくて寄ったパチンコ屋でGPSが作動し、翌日こっぴどく怒られていました。

 

 

サボってると思われたんです。

 

 

そこの会社は全国に支店がありますが、毎年一人か二人、自殺してます。

 

 

今だったら、すぐに社会問題となっていたでしょう。

 

 

でもその会社は、今でもテレビでよく宣伝する一部上場企業です。

 

 

私は入社から半年ほどで何とか2棟契約できましたので、
入れ替わりの激しい会社の中では頑張った方でしたが、
その契約後はさっぱりだめで、研修所送りとなりました。

 

 

研修所では、『無実績何か月目』というように、何か月間無実績の人なのかがオープンにされ、無実績が長い順に座らされ、攻撃を受けます。

 

 

そしてその月も無実績が続けば、次の月も送り込まれると言う訳です。

 

 

私は最終的には 無実績12か月まで送り続けられました。

 

 

皆はそこまで行かないうちに退職します。

 

 

私は変なところが強いみたいです。

 

 

 

 

 

その研修所に来なくなる人は、新たに契約が取れたわけではなく、辞めていってるんですね。

 

 

13か月目の時には、本社の方から「あいつはもう出なくていい」と言われたそうで、お声はかからなくなり、代わりに他支店に異動を告げられました。

 

 

結局異動になってからすぐに体調を壊したこともあって退職勧告を受ける形になったのですが、幾つも転職した中では、最も苦しいサラリーマンでした。

 

 

 

 

私が在籍していた 二年のうちに20人以上の人が、入っては辞めていきました。

 

 

若い人よりは年配者が多かったです。

 

 

 

テレビのCMでは、そんな雰囲気は全く感じさせませんよ。

 

可愛い女の子が 『モルジブ旅行』勧めてましたね。

 

 

 

でも実情はひどい環境でした。

 

 

起業の勧め

 

 

人はなぜ、そうまでしてサラリーマンをやろうとするのでしょう。

 

 

自分でやってみれば、出来る仕事もあるだろうに。

 

 

 

・・・とは、今だから、
私がやってみて出来たから、言える事なんですね。

 

 

私だってその当時は、
自分で何かしらの仕事を開業しようなんて、
怖くて真剣には考えられませんでした。

 

 

もしかしたら
あなたもそんな感じで、サラリーマンに収まっているのではないでしょうか。

 

 

 

出来る事なら
平日だろうが休日だろうが
誰からも縛られる事なく
もっと自由に生活したい。

 

 

贅沢はしないまでも
必要なものは値札を気にせず、
自分が気に入るか 気に入らないかで購入したい。

 

 

大好きな趣味を時間を気にせず、飽きるまでやり続けてみたい。

 

 

こんな気持ちも、雇われている以上は諦めなくてはなりませんでした。

 

 

 

不自由な人生から脱却するために
雇われない生活』 (起業) を お勧めします。

 

 

 

「一人でも出来るんだよ」 というメッセージを送りたくてしょうがありません。

 

 

やってみて分ったのですが
始める前に怖がっていた
・経営とは?
・会社の運営はどうするのか?
・経理や税金の申告は?
・銀行との交渉は?

 

これらの、およそ脱サラ組が恐怖に感ずることは
何も必要ありませんでした。

 

 

普通のサラリーマンの年収位なら
運営みたいなことで悩まなくて大丈夫でした。

 

 

このインターネットビジネスで
どうやって稼いだらいいのだろう?

 

これだけを考えていれば、
当分の間は、問題は起きませんよ。

 

 

 

 

自分と家族のための人生なのですから。

 

 

 

ツラい割に決して報われないサラリーマンを卒業して、

 

 

『自分の力で稼いで自由に人生を組み立てたい』 

 

『通勤という当たり前から解放されたい』

 

『家族と自分の時間を人生の中心にしたい』

 

 

そんな理想を実現しようとしている方々向けに、

 

最初の一歩が踏み出せるよう、

 

このブログとメルマガが 『道しるべ』 です。

 

 

これからも書き続けていきます。

 

 

 

 

 

 


page top