トップへ戻る

ガマン強すぎる日本の仕事人

なぜそんなにガマンする?

写真のスポーツと本文は関係ありません

 

 

日本の仕事人は、我慢しすぎ

 

 

日本の当たり前が老後の人生を圧迫している、としたらどうしますか?

 

 

言った事は実行して当たり前
納期は守って当たり前
順番は並んで待つのが当たり前
褒められたら謙遜するのが当たり前
約束は守るのが当たり前
仕事は切りのいいところまでやるのが当たり前
   ・    ・
   ・    ・
   ・    ・
   ・    ・
そんな日本人は、会社の方針に従うのが当たり前と思っています。

 

 

そのために、自分の人生が楽しいものでなくなっても
家族と一緒の時間が無くなっても、
大事な人の死に際に間に合わなくても、
家族との約束を何度破っても

 

「仕事なら我慢するしかない」と 反論を口にすることをやめます。

 

 

家族が怒っても、「仕事なんだからしょうがないだろう」が正論です。

 

 

なんか 変ですよね。

 

 

私の兄が仕事でインドに赴任していた時の話を聞いたことがあります。

 

 

インドの人は、仕事での時間にしょっちゅう遅れるそうです。

 

 

そんな時、彼らは必ず言い訳をします。

 

 

日本人なら「そんな事が理由になるか」と、一蹴されるような理由です。

 

 

娘が「どうしても話したいことがあるから、まだ出かけないで欲しい」と言ったんだ。

 

 

それを聞いた周りのインド人たちは、真剣な目つきで「それでは遅れても仕方ない」と言うのだそうです。

 

 

また、約束が 14時だったとします。
遅れてしまって、その日の仕事がパーになった時には
「また明日も 14時は来ますよ」

 

大陸の発想と言うか、
流れている時間が違うというか・・・。

 

 

約束を守れない事情があるのなら、守らなくていい と言う理屈が当たり前に通用するそうです。

 

 

お国柄もあるとは思いますし、約束を守る事がおかしいと言うつもりはありません。

 

 

外国が素晴らしいとか、理由さえあれば自分を正当化してもいい と言う考えを擁護するつもりでもありません。

 

 

約束は守るものですし、そのために最大限努力をすべきだと思います。
周りのために自分を犠牲にする心は尊いものと信じてもいます。

 

 

私が言いたいのは、
“仕事のためなら『何でも』犠牲にするのは日本人だけらしいぞ” という事なんです。

 

 

そして自分だけが犠牲になるだけではなく、
家族や大事な人までも巻き込んで、
それを我慢するのが まるで『美徳』のように信じている日本人はおかしいんじゃないか という事なんです。

 

 

 

とは言え、社会がそうですから会社と言う組織の中で一人で叫んでいても、左遷かクビになってしまうだけです。

 

 

そんな社会だという事も分っているつもりです。

 

 

そして多くの人は、そんな会社に気に入ってもらわないと家族を養っていけないと本気で思っているし、知らず知らずのうちにそんな教育を受けていたとさえ思っています。

 

 

 

会社や社会全体の考えや構造・価値観は、簡単に変わるものではありません。

 

 

であれば、です。

 

 

自分を変えていきましょう。

 

 

家族や本当に大事な人・そして自分の人生を、もっとちゃんと見ながら歩いて行ける環境を自分の手で作りませんか。

 

 

たった一人で、
自由な環境で、
好きな時間に数時間だけ時間を割くことで、
家族が生活できる収入が得られれば、 
今までのような仕事にかかわるガマンは
しなくてもよくなりますよね。

 

 

インターネットを利用したビジネスで、
誰でも間違いなく成功出来ます  
なんて、
ウソを言う気はありません。

 

 

ですが、時間に縛られる事なく上記の様になれる可能性は
他の仕事ではかなり難しいと思っています。

 

 

サラリーマンでは 100%無理ですよね。
別の仕事で起業しても、確率は低いでしょう。

 

 

なぜならば多くの会社の社長さん、特に中小零細企業であれば、夜遅くまで残って仕事しているのは他でもない社長さんですから。

 

 

まだ気力が残っているうちに
まだ頭が回転しているうちに
旅行に出かける体力が残っているうちに
趣味に没頭したい気持ちがあるうちに

 

あらためて、やってみる価値を感じた方はぜひ、
取り組んでみましょう。

 

私のメルマガを読んでみてください。

 

 

 

 


page top