トップへ戻る

過去を変えて老後を楽に生きる

人は過去を変えて自由になれる

 

 

 

こうすれば、過去だって変えられます。

 

 

思い出したくもない程の過去にとらわれて
定年後の人生も 細々と目立たなく生きている人が
少なからずいます。

 

 

あなたの老後の人生は、どうなっていくのでしょうか。

 

 

 

 

よく聞く言葉に

 

「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えることが出来る」

 

 

そう言ってあげて、
起きてしまったことにクヨクヨすることなく、
明日から変わって行くようにと励ますことってありますよね。

 

 

確かに、起きてしまった過去を変えることは歴史を変えることであり、タイムマシンでも使って過去に戻って、失敗する少しだけ前からやり直すようなことでもしない限り、無理なことです。

 

 

そして、他人の性格や行いを変えることは、それと同じくらい難しいですね。

 

 

であれば、これから起こる未来を失敗しないように
生きていくことの方が、はるかに現実的です。

 

 

それに自分は、自分の意思で少しずつではあっても変えていけます。

 

 

なので、とんでもない失敗をしでかしてしまった時には、
とても希望的で心が軽くなる 元気の出る言葉です。

 

 

そうは言っても
私たちは、多かれ少なかれ過去にとらわれます。

 

 

そのために、それがトラウマになって普通に振る舞えなくなったり、
自信を無くしたりするんですね。 

 

 

それがもとで、必要以上に悪い結果を出してしまうこともあります。

 

 

同じ間違いを繰り返す元になったりします。
重荷ですよね。

 

 

すっかり忘れたつもりでも、
同じようなシチュエーション (似た場面) になったりしたら
急に思い出してその時の失敗が大きく大きく頭の中を支配しだします。

 

 

そんな忌まわしい過去って、いったいどんなものなのでしょう。

 

 

過去ですから、今の現実ではないですよね。

 

つまり無い物 てす。

 

では、いったい何なのでしょう ?

 

 

私たちの中での過去とは、あくまでも記憶です。

 

 

それはつまり、過去の出来事を、『どうとらえたか』 ということです。

 

 

 

同じ出来事を 良くとらえることが出来たのなら
それは良い思い出として記憶され、心を解放し自信につながります。
また、ウキウキ楽しくなりますね。

 

 

反対に、悪くとらえたとしたら
それは悪い、忌まわしい記憶となって私を縛り始めます。
心も暗くなります。

 

 

同じ出来事でも自信がある時に起きたのと
弱気になっている時に起きたのでは、
とらえ方が全く違ったりします。

 

 

思いの世界なら、
今の現実の私が過去のとらえ方を変えることで、
自由に "良い思い出" にしてしまうこともできると思いませんか。

 

 

人間の脳の力はとても大きなものです。

 

 

過去は変えられませんが、その過去を良い出来事として記憶しなおすことは出来るんです。

 

 

あの事件があったからこそ、今こうしてこんな出会いが出来ている。

 

とか、

 

あの時、理性を忘れて恥ずかしい自分があったからこそ、
今の私はしっかりと地に足を付けて、判断することが出来るようになった。

 

 

あの出来事があって良かったなぁ 

 

 

などなど、長い人生を "良い" 思い出ばかりにすることも可能なわけです。

 

 

良くない過去にとらわれないで、
自由な立場で、現時点での最良の道を
自信を持って選んで歩くことが出来る。

 

 

これは、私の言うところの 5つ目の自由

 

心の自由』 ですね。

 

 

あなただって、過去は変えられるんです。

 

 

恥ずかしい、消してしまいたいような過去が
喜ばしい、自慢したくなるような過去に
変わったとしたら…

 

 

あなたの過去が、輝かしい思い出ばかりになります。

 

 

やや悲観的だったかもしれない あなたの人生が ( 失礼 !)
明るく誇らしい歩みに変わります。

 

 

そうなった時のそれからの人生は、どれほど希望的でしょうか?

 

 

老後をもっと楽に生きられると思いませんか?

 

 

どれほど自信に満ちた毎日となるでしょうか?

 

 

忌まわしい過去なんて、
あなたが忌まわしいと思っているだけかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 


page top