トップへ戻る

老後の生き方とお墓の必要性

お墓って、やっぱり気になります

 

老後と同じくらい気になるお墓の話

 

 

いつもとはちょっと違う感じのお話です。

 

 

 

あなたはお墓をお持ちですか?  ( あっ、セールスじゃ無いですよ )

 

 

その家庭での習わしにもよるのでしょうが、無視できないものの一つですね。

 

 

心の安らぎにも繋がりますし、ご先祖様を敬いお参りする事は、無条件で良いことだと私は考えています。

 

 

実は、私はお墓関連の仕事にも就いていた時代がありますので、もしかしたらあなたよりも知っているかもしれませんので、少しお話ししましょう。

 

 

 

 

昔は家族も多く、家を継ぐ長男がお墓やご先祖様の事も考えていました。

 

 

今の時代、長男だからその家に住み着いて家を継ぐか というと必ずしもそうではなくなっています。

 

 

若い人がみんな都会に出て行って、『お墓は遠い故郷にある』と言う方も増えているようです。

 

 

お墓はあるけど遠くてお参りに行くこともままならず、年老いた親もお墓の手入れが思うように出来なくなって、草ぼうぼう状態のお墓もありますね。

 

 

親や親せきが故郷に居る場合は、お墓を移す という事には反対されると思いますが、管理・手入れをする人がいなくなったお墓を、通いやすいところへ移す 『改葬』を行う人も増えています。

 

 

自分たちのお墓だからと言って、勝手に改葬したら法律に触れてしまいます。

 

 

『墓地、埋葬に関する法律』略して 墓埋法 (ぼまいほう) に引っかかってしまうんですね。

 

 

法律に則った改葬の方法は、

 

①お墓の新しい受け入れ先を探して、そこの管理者から受け入れ証明書を貰う
②移転元の管理者から埋葬証明書を貰う (これが無いと死体遺棄ですね)
③移転元の市町村役場で改葬許可申請書を貰い、必要事項を記入・捺印
④その窓口に埋葬証明書と受け入れ証明書とともに改葬許可申請をする
⑤要件が満たされていれば、改葬許可証が発行される
⑥改葬許可証を移転先の役所に提出すれば、事務的な手続きは終了です。

 

 

それ以外に墓石をどうするのか、受け入れ先が受け入れ可能かも確認が必要です。

 

 

墓石を移す場合も勝手に移動は出来ません。

 

 

お墓の石には、納骨の際に『魂入れ』と言う儀式をしていますので、今度は『魂抜き』という事をしなければなりません。

 

 

石を移転しなくても、その墓石は『魂抜き』をしてから処分しなくてはいけません。

 

 

移転先では、移転してきた墓石であっても新しく作った墓石でも、『開眼、納骨供養』をして魂入れをしてあげるんですね。

 

 

もちろん素人じゃだめですよ。

 

 

僧侶にお願いしなければなりません。

 

 

 

 

 

長男さんは、たいがいお墓をお持ちの事が多いでしょうが、
次男からは、先祖代々のお墓には普通は入りませんから別にお墓を作ることになります。

 

 

よく相談を受けたのが、お寺と霊園はどちらがいいんですか? です。

 

 

結論から言うと、どちらでもいいのです。

 

 

お墓を建立する方の考え方次第なんですね。

 

 

霊園は、お墓を立てるまでの費用がお寺に比べて安いです。

 

 

でも基本的には民間の企業が経営してますから、20年後は倒産しているかもしれません。

 

 

霊園にしろお寺にしろ、墓石そのものの料金に加えて、建てようとする区画の永代使用料なるものが必要になります。

 

 

これは区画の大きさによって料金が変わります。

 

 

墓石を立てる料金も永代使用料も、霊園の方がかなり安く済みます。

 

 

ですが霊園では、お経をあげてくれる僧侶の方が
いまいち信用できないんですね。

 

 

たいていの霊園は、僧侶と契約しています。

 

 

でも各宗派の数だけの僧侶と契約してませんよ。

 

 

つまりその僧侶は 日によって、宗派が変わる ということです。

 

 

依頼されれば、どんな宗派にもなり切ってしまうんです。

 

 

その代わり、お布施も破格の安さです。

 

 

一時期流行った歌のように、

 

『私のお墓の前で泣かないでください、そこに私はいません。』

 

と言う考え方に立てば、これでも充分なものになるはずです。

 

 

お墓はお墓 ですから。

 

 

 

 

一方、お寺の場合、まず宗派と言うものがあります。

 

浄土真宗 とか 真言宗 とかですね。

 

 

今のお寺は昔と違い、檀家になる前の宗派は問わなくなっています。

 

 

ですが、いったん檀家になると、そのお寺の宗派になってしまう という制約が付きます。

 

 

そのお寺にお墓を立てるという事は、そのお寺の宗派になる
 → 檀家になる という事です。

 

 

とは言っても、一般の方は宗派による違いなんてほとんど知りません。

 

もともと実家の宗派が何だったのかを知らない若者も増えています。

 

という事は、もともとの宗派のしきたりも知らずに関係ない生活を送っていたはずです。

 

なので、これからの宗派で何が変わるのかなんてことも、ほとんど影響ないのが現状です。

 

お寺も檀家さんは大切ですから、あまり無理なことは強要しなくなりました。

 

 

でも檀家になるためには、先ほどの料金にさらに加えて、『入檀料』も必要です。

 

 

その代わり、折に触れてのお寺ごとの行事で、きちんとお経をあげてくれますし、ご存知かどうか知りませんが、毎朝毎晩、檀家さんの名前を挙げてお経を唱えてくれているんです。

 

 

安くて縛りが少ない霊園を選ぶか、お金はかかるけどきちんと供養してもらえるお寺を選ぶか、その人の考え方 と言うか価値観によって決めてもいいのではないでしょうか。

 

 

私がその業界に携わっていた時の仕事内容は、お寺のご住職相手にお墓を売らせてもらう交渉をすることでしたので、ご住職のお話をたくさん聞くことが出来ました。

 

 

いわゆる、『裏話』というヤツです。

 

 

今回は、その『裏話』のコーナーではないので、またの機会に譲る事にします。

 

 

それから、霊園はほぼ100% お寺でも 70% くらいは、契約している石屋さんにしか墓石を作らせない ことになっています。

 

 

実は、そこでお金が動くんですね。

 

 

出来れば、「知っている石屋さんで立ててもいいですか」と聞いてみて、許しが出れば、そこは基本的に良いお寺さんです。

 

 

そんなところで業者との癒着があること自体、宗教的じゃないですよね。

 

 

地元の石屋さんが、そのお寺の檀家さんだったりすると、かなり厄介ですが・・・。

 

 

お墓の石は、知っている石屋さんに頼むことが出来れば、お寺で提示された料金の半額も可能です。

 

 

石の原価、びっくりするくらい安いです。

 

 

もちろん、国産の庵治石や本小松石なんかだと、高級外車が買えるほどの金額が相場ですが、それ以外のたいていの石は、そうでもないのです。

 

 

 

 

 

ちょっとオカルトちっくな話になりますが、世の中で成功をおさめている人は、総じて先祖参りをきちんとしています。

 

 

お墓が無くて、歳を重ねるごとにお墓が気になるとすれば、それは迷うことなくお墓の建立を真剣に考えるべき時なのだと思いますよ。

 

 

お墓を立てる
法事
お施餓鬼  などなど

 

その都度 お布施を用意しますよね。

 

 

料金の相場が全く分からない、不思議な世界ですが、
納めたお金がどう使われているかは、考えない方が良いです。

 

仏教の世界には、 "追善供養" と言う言葉がありまして、
故人が生前に積みきれなかった徳を、故人に代わって遺族が徳を積む という意味があるそうです。

 

良い霊 と 悪い霊 があるそうですが、徳を積んで良い霊となったご先祖様は、生きている人に良い運勢や良い判断が出来る様、働きかけてくれるのだそうです。

 

反対に徳を積めず、遺族も追善供養をしてくれないと、その霊はいわゆる悪霊となって良くない現象を引き寄せてくるのだそうです。

 

 

成功者の多くがご先祖様を敬い、
お墓の手入れも法事もお墓参りもきちんとしている理由がわかりますね。

 

 

 

とは言え、ここにもまとまったお金が必要なわけで、

 

これからの永き将来にわたって、

 

安定した そして身体に無理のない 

 

そんな仕事で生きていける技術を身に付ける必要性が出てきましたね。

 

 

 

 

ご先祖様をがっかりさせないような、老後の生き方をしたいものです。

 

 

どうすればそんな生き方が手に入るのか

 

 

私のブログのトップページに、ヒントが散りばめられています。


page top