トップへ戻る

将来の不安と対策

こんな風にならないためにも

 

将来の生活を描いていますか。

 

 

サラリーマンとして仕事と収入が有るうちに真剣に考えてみる事が重要です。

 

 

定年後、何の対策も充分な貯蓄もないとしたら、

 

 

年金は月に10万円も振り込まれない現実に驚くでしょう。

 

 

生活できないから工事現場で交通整理。

 

 

夏は日焼けで真っ黒、冬は寒さで鼻水を垂らす。

 

 

そんなバイトしかない、すでに老人の自分。

 

 

悠々自適などとんでもない。

 

 

欲しい物や生活必需品すら買えないから結局働いて働いて過ごしてる毎日。

 

 

パートナーは居るかもしれないし、ひとりかもしれない。

 

 

介護する側かも知れないし、動けなくなっていて介護される側かも知れない。

 

 

趣味があればまだいいが、もしかしたら休みの日は、テレビのバラエティを馬鹿ヅラして観てるだけ。

 

 

酒代も惜しむ寂しい毎日。

 

 

老婆心がうずき、息子のような若者に人生を説いてみる。

 

 

『若い時に何でもやっておきなさい。出来るチャレンジは全部やっといた方が良いよ!
まだまだ何度でもやり直せるからさ』

 

 

自分は怖くてチャレンジできなかった事を隠して説教しても、説得力は無いですね。

 

 

バイト先の経営者は、自分より年下。

 

 

彼の車はベンツ。

 

 

時々昼過ぎに顔出しにくる。

 

 

一方自分は、知ったかフリをしているだけのアルバイト爺。

 

 

現役時代と変わらず 朝から仕事。

 

 

今更趣味を探しても、心がワクワクしない。

 

 

体力も自信なし。

 

 

それに最近忘れっぽいし、パソコンを勉強しようとして本を買ってきたものの、さっぱり頭に入って来ない。
何度も前のページを振り返る。

 

 

定年したらやりたい事をやるんだと、今まで何十年も我慢して働いてきたのに

 

 

やる気も起こらなきゃ体力残ってない、そんな残酷な現実に直面する。

 

 

そして心の自然な声が聞こえてくる。

 

『あの時チャレンジしておけば良かった・・・』

 

 

 

 

 

アクションを起こすのは今が一番です。

 

 

なぜでしょう?

 

 

人生で一番若いときは 『今』だからです。

 

 

明日になったら、今より若くないんです。

 

 

今日があなたの人生で、一番若い日です。

 

 

気力も体力も無くなってしまうその時へ、
間違いなくカウントダウンが始まっているんです。

 

 

恐怖をあおっているのではありません。

 

 

これは、現実なんです。

 

 

 

 

今のままは何もしない方が、『楽』です。

 

 

ですが、展望も対策もない ただの『楽』は、必ずしっぺ返しが来ます。

 

 

おっくうでも、面倒くさくても、今更覚えたくなくても、

 

 

明日より今日始めた方が、間違いなく『楽』なんです。

 

 

 

では、何を始めたらいいのか、

 

 

メールマガジンで呼びかけていますので、
あなたのアドレスと名字だけ登録して下さい。

 

 

もちろん無料です。

page top