トップへ戻る

安定した収入は定年後も安心をもたらす

安定した収入が生活の不安を取り除く

 

安定した収入とは

 

 

日本人は特に『安定』という物が好きです。

 

 

山あり谷ありの刺激的な人生を好む人もいるかもしれませんが、そんな人でも山と谷の『谷』の部分は自分なりの最低レベルを想定しているはずです。

 

 

谷のところに安定を求めているのと同じですね。

 

 

生活レベルと収入は切っても切れない関係かと思います。 
よほど大きな借金を抱えているとか、家族がとんでもなく多いとかですといくら収入があっても自分の手元には残らないので、生活レベルは上がらないでしょう。

 

 

特別なケースでなければ、収入が上がれば生活も豊かになります。

 

 

旬の食材を買ったり、家具や着る物もバーゲン品に囲まれることは無くなるでしょう。

 

 

それ程の贅沢や高級品に囲まれることを望まないでも、食べ続ける事には意外と不安が付きまといます。

 

 

住むところも家賃、ローンの返済、固定資産税やマンション管理費、駐車場代、自治会費 色々必要ですよね。

 

 

着る物も、寒さをしのげれば と言うレベルでは、今の日本ではかなり浮いた存在に見られてしまいます。

 

 

衣食住 という、生きていく上で一番大切な物にお金がかかる変な国なんです。

 

 

それでもこの国に住むのが一番楽ちんなんですね。

 

 

言葉や習慣、特にある程度歳を取ってからの外国移住は、疲れると想像してます。

 

 

日本でずっと、安定した暮らしを続けたい。 
いや ちゃんと働いていれば、そんな定年後はきちんと国が面倒を見てくれると、思っていました。

 

 

あなたはどうですか。

 

 

歳を重ねるにしたがって、
『想像と違う、定年後も働き続けなければ生活できない。我慢していた旅行にも当分、いやずっと行けないままかもしれない。』

 

 

そうです。 今の頑張りが、もっとず~っと続くのです。

 

 

働き続けないと、生活していけるだけの収入が得られないからです。

 

 

嫌でもしょうがありません。

 

 

だとしたら、自分の道はどんな道を選ぶべきなのでしょうか。

 

 

体力も知力も知識の吸収力も記憶力も、全部若い頃の半分くらいでしょうか。

 

 

そんな状態でも出来る仕事でなければなりませんし、第一楽しい仕事にしないと続けられません。 仲間はどんどん減っていく年齢ですし、残っている同年代は基本的に頑固者です。

 

 

少々人間関係にも疲れていますので、一人でやれる仕事の方が望ましいですよね。

 

 

あなたは今更職場へ通勤したいですか?

 

 

私は嫌です。

 

 

職場があなたの所へ来た方が良いに決まっています。

 

 

自分の一日、一週間の行動を他人に決められるサラリーマンではなく、あなたがあなたの一日を決められる、自営の仕事が望ましいです。

 

 

そして、お客さんが無尽蔵にいるところに商売を掛けられる環境。

 

 

資金もあるはずないわけですから、開業資金がかからない仕事が良いです。

 

 

ついでに仕入れや在庫も無いに越したことは無いですね。

 

 

一人でやれる仕事という事ですから、宣伝も集客も販売も発送も集金も人手がかからない仕組が必要です。

 

 

そして、きちんと売り上げが続いていく仕組み。

 

 

夢のようですね。

 

 

コツコツ働いて、僅かな給料から貯金をし、ささやかな暮らしにも喜びを感ずる と言う、お手本のような日本人が、役に立つ日本人なのだと教えられて育ちました。

 

 

小さい頃から刷り込まれた考え方は、なかなか変わりません。

 

 

ですか、あなた自身が考え方や意識を変えていかなくてはなりません。

 

 

世の中特に日本人は、保守が好きです。

 

 

改革は良いイメージが少ないようです。

 

 

変わる事を 『革新』と呼ぶ集まりもありますが、『革新』というと、いつも政府与党に逆らってばかりで代案を用意できない、子供のような政党 と言うイメージが強いようですが、幸せのために自分の考え方を変える必要があります。

 

 

社会に頼ろうとする考え方から、自分の力でしくみを構築して たった一人でも収益を上げ、面倒な作業はコンピュータ任せ。

 

 

そんな都合の良い仕組みと言えば・・・。

 

 

解答は私の無料メルマガで順序立てて解説します。

 

 

page top