トップへ戻る

独身の老後と貯蓄無しの生き方

みんないつかは一人になってしまう

 

 

あなたは老後の事を不安に感じますか?

 

 

実は余程の恵まれた環境の人以外は、

 

老後の生活に不安を感じています。

 

 

 

一番の不安は、

 

老後に必要なお金は、どのくらいなのだろう

 

 

二番目の不安は、

 

自分に介護が必要になったとき

 

健康問題です。

 

 

 

この二つにはあなたも納得かと思います。

 

 

 

みんなが抱えている問題なのですが

 

今現在 『独身』 の場合は、そこに心細さが加わります。

 

寂しさに加えて

 

全て自分で手を打たなければなりません。

 

 

 

若くて元気なころは気も強く 

 

真剣にぶつかれば何事も解決できそうな自信がありました。

 

 

 

年齢の力は大きいです。

 

 

特に親戚もいない場合は、不安が恐怖に変わる人もいるでしょう。

 

 

親も高齢です。

 

 

親の面倒を診るのは自分しかいない。

 

 

頑張り通せたとして、

 

 

親が亡くなったら、今度こそ本当に

 

『一人ぼっち』 になってしまう。

 

 

 

 

私って こんなに寂しがり屋だっただろうか ?

 

 

親が病気で動けなくて、迷惑ばかりかけてたとしても

 

今まで一緒に居た人がいなくなると

 

ぽつん と一人だけになってしまいます。

 

 

 

気が強くて頑張ってきた人ほど

 

心の落差が大きいのではないでしょうか。

 

 

 

ですが、

 

人は必ずいつか 『独身』 になります。

 

 

結婚した人でも、事故か何かで一緒に死なない限り

 

必ずどちらかが先に逝き、どちらかが一人になります。

 

 

 

そういう意味では、

 

パートナーを失う悲しさを味合わない分

 

独身で生きてきたからと

 

特別孤独を感じなくてもいいのかもしれません。

 

 

 

心の寂しさも含め、どんな環境が訪れたとしても

 

ある程度のお金があれば、生きていくための何らかの方法が見つかります。

 

 

 

ということで、

 

一番目の不安である

 

老後に必要なお金はどのくらいなのかを考えてみましょう

 

 


貯蓄が無い人だらけ

 

 

貯蓄がある人は、、このページを見に来てません。

 

 

老後に貯蓄が無い人は、

 

なんと 48.1% もいるのだそうです。

 

独身で、老後が不安で、貯蓄が無くても

 

心配しないでください。

 

まわりは仲間だらけという事です。

 

 

 

 

65歳から年金が支給されます。

 

 

国民年金だと、

 

40年納付し続けた人で

 

毎月 6万5千円 貰えます。

 

 

 

生活費はいくら必要でしょう

 

これには、いろんな金額が出てます。

 

人にもよりますが、

 

一月に 13~15万円はないと、何かとつまらなさすぎますよね。

 

 

学生は、もっと安く生活しています。

 

これに家賃の支払いがあればその分が乗っかります。

 

 

まあまあの生活水準を保とうとして

 

月に 18万円でやっていくとします。

 

 

年金を受け取っても 毎月11万5千円の赤字です。

 

 

65歳から平均寿命の84才まで生きるとすると

 

死ぬまでに 年金以外に 2,620万円必要になります。

 

 

 

このページは、貯蓄の無い人が見に来てくれてます。

 

 

 

この金額だけを見ると 「無理でしょ ! 」

 

 

 

でも、毎月 11万5千円以上の収入があればいいのです。

 

ただ、定年退職して再雇用で雇ってもらったら

 

だいたい給料は半分になります。

 

 

 

女性だと、手取りで23万円以上貰ってなかった人も

 

多いのではないでしょうか。

 

足りませんね。

 

 

給料の問題だけではありません。

 

 

いつまでも元気に動けませんし、

 

動きたくもありません。

 

 

頭だって、何事にも時間がかかるようになります。

 

 

 

そこで、自分で自宅で何らかの収入の目処を付けておくと安心です。

 

 

 


こんな働き方もあります

 

 

 

いらないものをインターネットで販売している人が増えています。

 

自分で作ったパンやクッキーを全国に売っている人もいます。

 

針金やペンチを使ってアクセサリーを作って売っている人もいます。

 

届いた原稿の校正をしている人もいます。

 

一つの商品をテーマに、記事を書くことでお金を得ている人もいます。

 

 

そのほとんどが、

 

パソコンを使ったインターネットビジネスです。

 

 

今は、パソコンが安く手に入ります。

 

そして昔ほど難しいことを知らなくても操作できます。

 

インターネットの普及には目を見張るものがあります。

 

 

この時代の武器を使わない手はありません。

 

老後の貯蓄不足を自分の力で解消できるのです。

 

 

どこかのCMではありませんが

 

あなたのいらないものは

 

誰かのいる物 なんです。

 

 

あなたが普通だと思っている経験や知識は

 

誰かにとっては新鮮で貴重な情報です。

 

 

どんなものでもインターネットで商売に結び付けられます。

 

 

 

生きて行く以上、

 

生活するためのお金が必要です。

 

若い頃のように働けなくなるのは目に見えています。

 

 

 

極端に言えば、インターネットによる商売は、

 

老人ホームに居ても出来る、数少ない仕事です。

 

 

 

独身者もそうでなくても

 

在宅インターネットビジネスのやり方を知っていれば

 

生活だけではなく、心にもゆとりができます。

 

 

 

私がやっているインターネットビジネスのやり方は、

 

プレゼントの本と一緒にメールマガジンで解説しています。

 

 

 

 

 


page top