トップへ戻る

楽な仕事は勤め人にはない

会社に楽を求めても…

 

 

 

みんな楽がしたい。

 

年金じゃ食べて行けないので

 

仕事をします。

 

なので 『楽な仕事』 となるのでしょうが、

 

なぜ、楽な就職先を探そうとするのでしょう?

 

 

 

仕事 = 就職

 

これではいつまでたっても
多かれ少なかれ 『社畜』 ですよ。

 

 

言葉か過激すぎました。

 

 

でも、一度や二度は
「いつまでこんなことやらなければいけないのか・・・」
そう思ったことがありますよね。

 

 

纏めページにも
『楽な仕事 ベスト〇〇』 なんて記事が書かれています。

 

会社に勤めて何社か渡ったことがある人ならみんな知っています。

 

 

どの会社も 似たり寄ったり 

 

 

少しは前の会社よりいいけど、こっちはこっちで新たな悩みが・・・ 

 

 

楽な仕事は給料が安く
きつい仕事はそれなりに貰えるでしょう。

 

 

人との関わりが少なくてすむ職場もありますね。

 

 

でも あなたの残された人生の貴重な時間を
切り売りしてることに変わりはありません。

 

 

いったい いくつまで働くつもりで
いくらもらえれば満足するのでしょう?

 

 

楽で、給料もそこそこで、大して責任も問われず
誰でも出来るスカスカの仕事。

 

 

一見魅力的ですが、
人として、一日の半分以上の時間を投入し続けて楽しいでしょうか?

 

 

楽に、充分な収入で、しっかりとした自分がそこにあって
自由な時間もきちんととれる。

 

 

そんな仕事が勤め人では得られないのならば、
自分で起業するしかないのではないか?

 

 

私はそんな風に考えました。

 

 

「青山さん、それが出来れば苦労しないよ!」

 

 

ではあなたは本気で道を探りましたか?

 

探して、実際に始めている人って、増えてるんですよ。

 

もちろんほとんどの人は一人での仕事なんて
素人です。

 

 

今は昔と違い、起業のためのハードルは低くなっているという事です。

 

 

 

 

 


身体も頭も衰えてくる

 

 

考えてみてください。

 

今まで何十年とさんざん働いてくたびれており、
体力もバイタリティも若いころとは
随分違ってきているはずです。

 

 

現役のころと同じように動けるとはとても思えません。

 

 

肉体労働はもちろん、頭脳労働もそれは同じです。

 

 

また、身体も壊しやすくなってきます。

 

 

怪我もしやすくなります。

 

 

怪我も病気も若いころのようには、すぐには治りませんね。

 

 

なので医療費だってかかるわけです。

 

 

入院が長引くことだってあります。

 

 

収入は必要なのに、若いころのように働けない。

 

 

 

 

となると、老後サラリーマンとしての収入は高額を望んではいけませんよね。

 

 

フルに働かせてもらえたとしても、身体が悲鳴を上げるからです。

 

 

そして、どんどんお金がかかる身体になっていくのも考慮しなければなりません。

 

 

繰り返しますが、体力が衰えていくからです。

 

 

 

そんな風に考えていくと、
やはり 『老後は楽な仕事を選びたい』となるのです。

 

 

しかも必要な収入は欲しい。

 

 

なにも、さぼろうという気持ちからではありませんよ。

 

 

そんな仕事を探さざるを得ない現実が見えてくるということです。

 

 


楽な仕事は自分で作るしかない

 

 

 

私たち世代の人は『楽な仕事で稼げるわけがない』 という考えを、
強く持っていますね。

 

 

と言うより、『お金をそんなに簡単に稼いではいけない』

 

と言うか、そんな事を考えることが 『悪』 のように教えられましたね。

 

 

 

 

昔は、それでもよかったんです。

 

 

そもそも寿命が違います。

 

 

定年が60として、88歳 (平均寿命) まで生きたら、

 

 

28年 (336ヵ月) 生活を維持しなければならないんです。

 

 

定年後10年生きる人の方が少なかった時代とは、
考え方が違って当然なんです。

 

 

仕事に対する尊い考え方を失ってはいけませんが、
そうも言ってられないのが現実です。

 

 

 

では、楽な仕事とはどういうものでしょうか。

 

 

すくなくとも現役サラリーマンの時のように

 

1. 朝九時から午後五時まで 残業三時間あり
2. 職場まで通勤時間が必要で、
3. 休みも駆り出される可能性あり。
4. しかも気に入らない人とも話を合わせ、
5. 賛成できないことにも判を押し、
6. 納期や約束時間に家族ごと振り回される。

 

そんな仕事ではだめですよね、繰り返しですから。

 

 

老後にもできる 『楽な仕事』 というのは、

 

自宅で、
自分の好きな時間に、
人を介せず、たった一人でもできる仕事

 

でないと行き詰ってきます。

 

 

私の選択は、インターネットビジネスです。

 

 

実際に稼いでいる人がいる という事は
ちゃんとやれば 稼げるんです。

 

 

パソコン一台あれば、自宅でもどこでもできます。

 

 

もちろん通勤なんてありません。

 

 

嫌な人間関係もありません。

 

 

 

 

では、インターネットを使ってどんな仕事をすればいいでしょう。

 

 

いろいろありますが
資金がかからないものがいいです。

 

 

また、仕入れて在庫商品を置くなんて、もってのほかです。

 

 

一人で営業に廻る気力も体力もありません。

 

 

でも、社会経験や一般的な常識とか世の中のしきたりは、
経験を積んでいる分、そこそこ長けています。

 

 

さらに、特別な資格や特技、いわゆるスキルなんて
なくてもできる内容でないとダメですね。

 

 

今さら新しいことをたくさん覚えるのは
効率が悪すぎます。

 

 

と言うより、覚えられません (笑)

 

 

 


具体的には何をやればいい?

 

 

そうなるとインターネットの中で

 

 

仕入れも在庫も販売や梱包、発送の手間も無い。

 

 

私は、ブログとメルマガの組み合わせで アフィリエイトを行っています。

 

 

 

営業は、ブログが行います。

 

商品説明は、メルマガが行います。

 

メルマガは、自動で送られるようにしかるべき機関を使って組上げます。

 

 

最初に仕組みを作るまでは大変ですが、
その後はブログの更新だけで収入が発生する という仕組みの物です。

 

 

自動化が出来る ってすごいです。

 

 

そんな馬鹿な

 

インチキ臭い

 

怪しい仕事

 

いろんな声が聞こえてきます。

 

 

そもそもネットビジネス というだけで、怪しまれます

 

 

ですが、老後の仕事や生活苦、健康問題で、
思うように働けない人はたくさんいるんです。

 

 

そういう人は、疑いの気持ちがあったとしても、
本当に軌道に乗せられるような、
楽な仕事があればと、心の中では渇望しています。

 

 

一度あなたの気持ちに素直になって、事実を知ってみませんか?

 

 

そのような人たちに、 “私でも上手く出来たやり方”を伝えていけば、
多くの困っている人たちの不安が解消されるのでは と考えています。

 

 

私は、サラリーマンを辞め、困っているご同輩の方々に向けて
そのような情報をお伝えしていくことに、情熱を注いでいます。

 

 

この記事を読んで、関心を持たれたら
ぜひ、本当に可能なのかを確かめてほしいものです。

 

 

まずは、可能性を追いかけていただきたいと
本気で思っています。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

~~追伸~~

 

あなたのご感想、ご意見を聞かせてください。

 

世の中にはたくさんの考え方があり、人それぞれ事情も違います。

 

より良い情報をお届けするために、生きた声をお届けください。

 

たくさん質問したいこともあるかと思います。

 

ブログの 『お問合せ』 から発信できます。

 

 

 

ぜひお願いします。

 

 

 

 

~~追伸その2~~

 

アフィリエイトを初めインターネットビジネスで

 

すぐに稼げるようになるとは思わないでください。

 

きちんとした仕事なだけに、

 

あなたのお客さんとなる 『ファン』 を作るまでには

 

時間が必要です。

 

簡単に稼げると勘違いして参入してきた人のほとんどは

 

「だまされた」 と言って

 

辞めていきます。

 

簡単に始められるが故の困った問題です。

 

サラリーマン根性の弊害です。

 

仕方ないことです。

 

サラリーマンだったんですから。

 

ですが

 

軌道に乗り始めると面白いように

 

楽して稼げます。

 

怪しい表現になってしまいましたが

 

本当です。

 

ブログの作り方講座もある

 

私のメルマガで、その辺もお伝えしています。

 

 

簡単無料ですので どうぞ。

 

 

 

 

 

 


page top