トップへ戻る

老後は社会に頼れない

老後に頼れるのは自分だけ

 

 

老後に頼れるもの

 

 

老後の生活はある意味楽しみであり、不安の塊でもあります。

 

 

理由は明確、収入と健康 ですね。

 

 

自分が身体を壊すかもしれないし、連れ合いがおかしくなってしまうかもしれません。

 

 

明日家族の誰かが急に認知症になる事は無いと思いますが、交通事故などでいきなり要介護者になる事は、十分考えられることです。

 

 

老後の期間の方が確率は高いでしょうが、いつでも起こりうることです。

 

 

 

幸いにして、私の家族には要介護者はいません。

 

 

想像を絶するほどの大変な毎日が訪れると聞いています。

 

 

今の時代は、介護施設がたくさんあります。

 

 

ですがその施設に入れる人は限られています。

 

無料ではないからです。

 

 

定年後の収入はどうなるでしょう。

 

 

子供の教育がひと段落した人であっても、介護をはじめ医療費がどんどんかさむことになるでしょう。

 

大きな病気もするかもしれません。

 

では、現役以上の収入は得られるでしょうか?

 

常識的に考えて、不可能です。

 

 

まして介護や入院のお見舞いが日常化すれば、今までのように毎日勤めているわけにもいきません。

 

社会はどんな面倒を見てくれるでしょうか。

 

 

 

大震災後の仮設住宅  どれくらいの家族が仮設を出れましたか?

 

では、仮設住宅で少しでも生活しやすいような施策や補助を差し伸べてくれているでしょうか?

 

それがほとんど成されていないか、少なくとも役に立っていないことは、仮設住宅での老人の孤独死が如実に物語っています。

 

 

 

社会に頼っていても幸せにはなれないのです。

 

 

生活補助は、逆に便利な持ち物を奪い取っていきます。

 

こんな贅沢品があるなら、補助は出来ない とか。

 

 

私たちが納めてきた税金は、外国の不自由な人にも送られています。

 

国内の困っている人には十分に行き渡っていないのにもかかわらずです。

 

 

社会に頼らないで、自由な生活を取り戻すべく、自分たちで何とかしなければいけないのが事実です。

 

 

自分たちで稼ぐ力を身に付けなければならないという事です。

 

 

そして、若い頃のように馬車馬のように働くことは難しくなるわけですから、短時間で効率よく、そして一人でも空いている時間で収入を得る方法を身に付けなければなりません。

 

 

 

どのような形であれ、雇われている状態では無理だと思いませんか?

 

自分でお金を生む資産を作っていかなくてはなりませんね。

 

 

お金のための仕事ではなく、資産構築のために仕事をする という方向に変えていかなければ、いつまでたっても時間を奪われるだけです。

 

 

一人で空いている時間に、やれる場所で仕事が出来れば一番いいですね。

 

 

コンピュータを使ったネットビジネス、それもアフィリエイトビジネスが、最も近道だと信じています。

 

資金がかからない開業 という事で考えれば、他を押しのけてダントツです。

 

 

 

独立開業のリスクとは何でしょう。

 

 

最も大きなものは、上手く行かなかった際の借金返済ではないでしょうか?

 

 

私はアフィリエイトビジネスを始めようとする人の中で、借金をして始めた という人を知りません。

 

 

中には、コンピュータも無く買うお金もない人が、親戚か誰かに数万円借りるかもしれませんが、一般の独立開業には数百万から数千万の資金が必要なのに比べれば、借金のうちに入らないレベルです。

 

 

つまり、失敗してもリスクが無いに等しいという事です。

 

 

そうは言っても、
「ネットビジネスと言う枠で実際稼いでいる人は、ごくごく一部の人だけだと聞いているぞ」

 

 

そんな声が聞こえます。

 

 

 

 

この世界は、95%の人が1円も稼げずに諦めて辞めていきます。

 

 

つまり、約5%の人しか稼げてないんです。

 

 

その事実は私もよ~く知っています。

 

 

過去に二度も失敗し、三度目の正直で軌道に乗せた本人ですから。

 

 

内容をお話ししますと

 

やろうと思い立った人の80%は、気持ちがあるだけで実際には行動に移さなかった人たちです。

 

 

行動に移せた人20%のうち、80%はやり方を間違っていたり実績が出るまで我慢して続けることが出来なかった人たちです。

 

 

つまりは行動に移せた人達の20%が稼げる人になれたという事です。

 

 

計算すると4%が 稼いでいる人たちの割合です。

 

約5%の人しか稼げないという数字に近づきますね。

 

 

 

要するに行動に移して実際に取り組むだけで、勝ち組候補の20%に入れる世界です。

 

 

いいでしょうか やらない人があまりにも多いだけなんです。

 

 

何だか、自分にもできそうな気がして来ませんか?

 

 

社会に頼らない生き方とは、会社というコミュニティにも頼らない という事です。

 

 

会社があなたに何をしてくれましたか?

 

時間と労働力を吸い取り、身体を壊しても「自己管理が出来てない」と切り捨てられるのが落ちでしたね。

 

頑張った見返りは充分でしたか?

 

 

 

老後も社会に頼らないアフィリエイトビジネスは、軌道に乗るまではそこそこ大変です。

 

 

ですがこの仕事は、他のアルバイトと違って、会社勤めが終わった時間からでもコツコツ出来る仕事なんです。

 

 

軌道に乗るまで、今までの仕事をつづけながら資産を生む仕組み作りを構築できるのが特徴です。

 

 

 

やれば、老後の生活に大きな可能性が開かれます。

 

やらなければ、可能性はゼロです。

 

 

 

結局、老後に頼れる人は自分だけなんです。

 

 

あなたがあなたの事を何とかするしかないんです。

 

 

まだ「何とかしなければ」という気力が残っているうちに、門をたたいてみませんか。

 

 

明日は、今日より歳を取っています。

 

 

今日があなたの人生の中で、一番若い日なのですから


page top