トップへ戻る

人間の価値

自分の価値を信じよう

 

お前は必要ない

 

 

世の中に、これほど残酷な言葉があるでしょうか

 

 

どんな人も、その人にしか発揮できない自分だけの価値があります。

 

 

嫌いな人だっています。
「あいつなんか居なければいいのに」 と言われる人がいます。

 

 

私も人に対してそう思ったことがあります。

 

 

では、その嫌な人がいなかったら・・・

 

私はその人の故に、言ってはいけない言葉や表情、目つきや態度を学びました。

 

 

また、何かの時にその人と話すことがあり、見た目や言葉遣いから受け取るイメージと本人の人柄が、必ず一致するものでもない という事も知ることが出来ました。

 

 

その人との出会いが無ければ、今でも私は、気が付かないうちに多くの人に嫌な思いをさせていたかもしれませんし、人を見た目で判断していたでしょう。

 

 

脳や精神が大勢の人とは違う病気を持って生まれてきた人がいます。

 

 

その人たちは、往々にして絵の才能が優れていたり、信じられない程ピュアな心を持っていたりします。

 

 

以前いた通販会社に倉庫担当の男性がいました。

 

 

話をしてみても、やや知恵遅れ と見られる人でした。

 

 

倉庫ではいつもラジオの放送が流れており、彼はよくリクエストをハガキに書いて送っていました。

 

 

実は彼の出したハガキは週に一回のペースでラジオ局に採用され読まれました。

 

 

読まれる文章は、驚く程まとまっており、文章の流れも実に自然でした。

 

 

彼はサラリーマンとして見ると、他の従業員から見劣りしましたが、文章で思いを表現する という事では、圧倒するほどの才能を持っていたのです。

 

 

多かれ少なかれ、善きにつけ悪しきにつけ、
私も含め誰しもが、生きてきた中で様々な人に関わりながら
影響を与えてきたはずです。

 

 

影響を与えられた人は、またその周りの人に影響を与えました。
いい影響も悪い影響も

 

 

どんな人も居なくていいはずがありません。

 

 

みんな、とんでもない価値を持った人たちばかりのはずなんです。

 

 

日本の学校の授業では、個性を伸ばすより平均的な事を良しとするようです。
この教育体制にも問題あり ではないでしょうか。

 

 

 

自分にもっと自信を持とう

 

自分の感性を信じよう

 

自分を褒めて、自分を好きになろう

 

自分で判断して、信じて行動してみよう

 

 

 

きっと、想像できなかった 素晴らしい自分が見えてくる。

 

 

無くてはならない存在への飛翔

 

 

誰にでも、唯一無二の価値があるのです。

 

 

 

 

 

お釈迦様が生まれてすぐに7歩、歩いて言われたとされる

 

『天上天下唯我独尊』

 

⇒ 自分という存在は
誰にも変わる事の出来ない人間として生まれており、
 この命のまま尊い

 

 

 

人間の価値記事一覧

自信のない人生は楽しくありません。自信とは何でしょう?それは、願望が実現できると信じられることです。日本人の悪い癖で、自分をつまらない人だと思ったり、大した人生は歩んでいないなどと、決めつけてしまいます。自分は価値のない人間だ と言う人はどこにでもいます。その時点で、願望を抱くことすら放棄しています。願望が無ければ実現するはずはなく、生きがいも頑張る根拠もなくなります。とんでもない話で、同じものを...

こうすれば、過去だって変えられます。思い出したくもない程の過去にとらわれて定年後の人生も 細々と目立たなく生きている人が少なからずいます。あなたの老後の人生は、どうなっていくのでしょうか。よく聞く言葉に「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えることが出来る」そう言ってあげて、起きてしまったことにクヨクヨすることなく、明日から変わって行くようにと励ますことってありますよね。確かに、起きてしまっ...

力道山 これだけでブランドお客さんにとって、私はどんな存在なのか、自分のブランド力は・・・これによって売り上げが左右されるとしたら、まさに自己ブランティングを高く維持することでベネフィット (利益) が変わってきます。普通の人が、お客さんから見ても普通か よくわからない人のままだと商品を買ってもらえる率はうんと下がります。同じ言葉をかけられて、より信用できる人とそうでない人がいます。目の前に二人い...

老後の生活が楽しいか、わびしい時間になるかは、定年後の収入とそれまでの貯えが大きくかかわってきます。必ず来る定年の時期転職にしろ、嘱託で残るにしろ収入の当てが無くなる身は立場が弱く、不利な条件でも受け入れてしまいます。弱い立場なので大幅な収入減か、収入ゼロか しか、選択肢が無いと勘違いしてしまうんですね。その給料で、年金支給開始時期までもちますか ?そして5年後、年金だけでやっていけますか ?雇用...

毎日勤めていたら、気持ちに余裕がなくなります。そのままあっという間に『老後の私』になってしまいます。気持ちに余裕がなくなると、あらゆるものに対して関心が持てなくなり、どうでもよくなります。どうでもよくなると、関心を持とうという気持ちが無くなります。関心がなくなると、新しいこととの出会いが少なくなります。新しいこととの出会いがなくなると、新しい自分と出会えなくなります。新しい自分とは、今までの自分に...

無料ダウンロードできます『こうすれば人生はもっと良くなる』ずっとガマンしてきた人生は誰にでも変えることができます夢物語だと諦めていた自由な生活少しの勇気で人生は変えられます========================================気が付くと現状を抜け出すことを諦めていた。何でも出来ると思っていたあの頃はどこへ行ったのでしょう。子供のころは楽しかったです。地面がすぐ近くにありま...

定年の不安を少しでも解消しようと、ほとんどの人が貯金を考えますね。毎月の生活を切り詰めて、少しずつでも貯金をしているのではないですか?いくらくらいのお給料をもらって、いくらくらい貯金に回しているのでしょうか。給料と同じくらいの金額を貯金に回す、つまり平均的なサラリーマンの倍の給料をもらっている人は、そこそこ貯まるかもしれませんね。毎月節約して 3万円を貯金に回せたとして、一年で 36万円。 10年...

人付き合いが苦手な人に読んでほしいページ人見知り これは子供なら許されますが、大人がそんな事を口にしてマゴマゴしていたら変な目で見られます。ですが、大人でも人見知りはありますよね。初対面の人に対し、さも旧知の仲のように話せる人もいますが、私には難しいことでした。これを読んで下さっているあなたはどうですか。仕事上、人見知りなんて言えない環境も多々あるでしょうが、出来ればそっとしておいて欲しい人ってい...

みんな本当は自分を信じたいあなたは、あなた自身の事を信じていますか。どのくらい自信がありますか。私なら出来ると、人生の中で何回くらい突進できましたか。もし、ブログを書いておられるのでしたら、どのくらい人生での出来事をもとに経験談を語りましたか。ブログには、知っていることや経験したこと、信念として持っている考え方を書いていきますね。たまには、想像できる架空の事を書いたりもするでしょうし、最初から空想...

十人十色その職場で勝手に自分は『ダメなやつ』と思い込んでませんか ?勝手に 『そう思われている』と決めつけていませんか ?確かにどこの職場にも必ずと言っていいくらいに居ます。本当に『ダメなやつ』 (笑い)ふつう『ダメなやつ』 とはメモしないで、大事なことを忘れる時間を守れないたった一本の連絡が出来ない何度も同じ間違いをする知らないくせに相談しない動かないもっともこれは大体、若い人に多い症状です。中...

自分に自信が持てない人は、今の時代の日本には多いとのことです。何を隠そう、私も自分に自信が持てませんでした。人からどう思われているか私のいう事を、相手はどのくらい真剣に聞いてくれるのだろう自分ではこの場合、こう判断するけど間違ってないかな他の人は、どう判断するだろう自分ではOKだと思うけど、他の人も同じ考えかな周りの人たちからの視線や反応ばかりが気になって、自分の意見をはっきり言えない人でした。こ...

写真のスポーツと本文は関係ありません日本の仕事人は、我慢しすぎ日本の当たり前が老後の人生を圧迫している、としたらどうしますか?言った事は実行して当たり前納期は守って当たり前順番は並んで待つのが当たり前褒められたら謙遜するのが当たり前約束は守るのが当たり前仕事は切りのいいところまでやるのが当たり前   ・    ・   ・    ・   ・    ・   ・    ・そんな日本人は、会社の方針に従う...

成功してる人と成功しない人の違いはどこにあるのでしょう。別の見方をすれば、経済的に、対人関係的に、自由の度合いで老後に余裕のある人と不安の塊の人との違いです。同じ大学で同じような成績を取り、仲良しでよく遊んだ。でも15年後には全然違う人生を歩いていた。一人は小さいながらも利益をどんどん出している会社の経営者。一人は企業の平社員。仕事のやり方も生活レベルも違います。経営者の彼は大して準備もしない...

社会人人生の前半くらいまでは、学歴を聞かれることが多いです。後半の半分くらいの期間は、肩書がものを言いがちです。学歴や肩書は、決してその人を表しているわけではありません。少し古いですが、総理大臣の肩書を持っていた田中角栄さんは、小学校しか出てません。キリスト教のイエス様は、当時としては無学ですし、肩書は祭司長でも律法学者でも何でもありません。松下幸之助さんは、小学校4年生で中退です。 のちに関西商...

『疲れても休めない』  これは日本独特の、それも古くからの変な習慣です。江戸時代、そんなモーレツ社員的な人はほぼいなかったようです。3時間労働 ? 休み時間を入れても4時間くらいしか働かなかったようです。明治に入ってから『富国強兵』とやらで、貧しくても勤勉な人が素晴らしいのだと教育され始めたんですね。その結果が今です。テレビのCMでも「24時間働けますか?」なんてのが平気で放送されていました。2...

私たちは気が付くといつの間にかマイナス思考になっています。「何をやっても上手く行かない」「またどうせ、出来ないに決まっている」「きっと今日も契約取れない」なにかしらの新しい提案があった時に「それは〇〇な問題が出るからダメじゃね ?」こんな考え方を『マイナス思考』といいます。上手く行かないことを経験するごとに、このように悲しい方向ばかり向く発想が日常化していきます。実は、上手く行かない事実の前段かい...

page top