トップへ戻る

老後の不安をどうにかするrougo

誰にでも訪れる老後の不安と
手に入れたい自由な生活について考えてみます

老後の不安をどうにかするrougo記事一覧

老後生活に不安を感じている人は、全体の8割にのぼるそうです。 (生活保障に関する調査 /2013年 生命保険文化センター)数年前の調査ですが、景気の体感具合を思うと、今では同等かそれ以上の人が不安を感じているのではないでしょうか。OECDの統計では、日本人男性の実効退職年齢は69.1歳に達しているとされます。日本は、「70歳まで現役」の時代に突入したという事です。定年までと同じ職場で同じくらいの収...

楽しい生活を送っていますか?あなたがずっとやりたかったことを老後も続けられてますか?あるいは、老後の楽しみ方を計画できていますか?人は誰でも幸福を追い求めます。 不幸を退けようとします。 幸福の感じ方は人によって様々でしょうが、考えるだけでもワクワクするようなことをしたいですね。私はいつの間にか何を見ても聞いてもワクワクしない自分になっていました。最初は世の中の仕組みがそうさせたのか、周りの仲間や...

一生懸命に働いた後の老後が、なぜ不安なのでしょうか。先々が不安であれば、キリギリスでもない限り今から不安ですよね。どうしてこんなにも、住みにくい世の中になってしまったのでしょう。隣の芝生は青く見えると言いますが、ヨーロッパなどの肉屋さんに売ってるような 肉の塊 を日本で買う事はなかなか無いですね。日本は、かなり豊かな国の部類だとは思いますが、衣食住にお金がかかり過ぎると思いませんか。家族の人数分の...

私が小学校のころまででしょうか、両親が働き盛りの頃 世の中も町中もなんだか活気がありましたね。昭和の40年から45年くらいでしょうか。国鉄の線路には蒸気機関車も普通に走っていました。工場地帯には煙突がどんどん立ち、もうもうと煙を吐いているのが発展の証のようでした。やっと公害と言う言葉が認識されてきた時代で、空気も水も一番汚くなっていた時代です。働いただけ業績は上がり、それに伴って給料も上がっていた...

老後の生活に不安を感じだすのはいつ頃からでしたか?私は、50歳を過ぎてもまだ実感がなく、55歳を過ぎてからやっと 仕事と家庭について考えるようになりました。第二の人生と言う言葉がありますが、私のイメージでは 『ほどほどに仕事しながら のんびり楽しく生活する」という ノー天気なものでした。勤める という事にこだわれば、やっと見つかった職場からの給料と年金だけでは生活できず、体力の限界に挑戦するかのよ...

定年反対 !ずっと生活をしていくためには、ずっと仕事を続けたいと思うのが普通です。そこで、『定年のない仕事』 というものに関心がいくわけですよね。定年とはある一定の年齢に達したら仕事を退職・退官する場合のその年齢のこと。またそうした仕組みによって退職・退官すること。                      ---- Wikipedia ----となっています。会社によって違いますが、60才だった...

私の生活と仕事と大統領選アメリカの大統領が決まりました。ご存知の通り、トランプ氏です。私は政治家でも経済学者でも評論家でもありませんが、個人的にはとても憂鬱な気分です。それぞれの意見があっていいことなのですが、日本はこれからどう料理されるのかとても心配です。選挙戦の様子を見る限り ( 一部しか報道されてないのでしょうが )良いイメージが湧かない人に見えて仕方ありません。だったらクリントン氏ならいい...

この副業には、定年がありません。老後の事を考えると、あなたに無理を強いない、好きなだけ続けられる仕事が必要です。それだけに将来を考えると、収入の取れる副業の方が本業より魅力的です。勤めていて、「充分な収入があるぞ」 と言える幸せな人は、このブログを読んでいないと思います。不満や不安、そして何より大事な「今を何とかしなきゃ」 と思っている人が見に来て下さると思っています。あなたは「自分の給料は正当に...

不安な時こそ行動してみるこれからの人生に不安のない人はいないと思います。どんな生活レベルの人でも安心できる社会ではありません。人の満足度も、常に今より少し上を求めるものです。「収入があと3万円増えたら・・・」普通のサラリーマン家庭では、よくありがちな希望ではないでしょうか。そんなよくある思いが、『平凡な主婦が一日 15分で ひと月10万円』 というキャッチにやられてしまうんですね。簡単そうに誘う話...

高齢者の交通事故最近高齢者の交通事故が増えています。以前は時々しか発生してませんでした。アクセルとブレーキを踏み間違えた高速道路の逆走認知症なぜ、今増えているのでしょう。申し合わせたようにあっちでもこっちでも、そんなことに流行りがあってはたまりません。『自分は大丈夫』という自信も良し悪しです。昔は家族の人数が多く、爺さん婆さんは若い人が送り迎えをしていましたし、「危ないからもう乗るのはやめろ」と止...

職業そのものが消滅する実際に始まっています。すでに憶測ではありません、現実です。オックスフォード大学のオズボーン准教授の論文によりますと、「10年から20年後には、約47%の人の仕事がなくなる」との予測でしたね。発表は少し前の事でしたが、覚えておられる人も多いかと思います。人から仕事を奪っていく要因としては、3つの大きな要因があります。

あなたは老後の事を不安に感じますか?実は余程の恵まれた環境の人以外は、老後の生活に不安を感じています。一番の不安は、老後に必要なお金は、どのくらいなのだろう二番目の不安は、自分に介護が必要になったとき健康問題です。この二つにはあなたも納得かと思います。みんなが抱えている問題なのですが今現在 『独身』 の場合は、そこに心細さが加わります。寂しさに加えて全て自分で手を打たなければなりません。若くて元気...

老後こそが本当の人生老後 老後と言いますが、今や男女平均で寿命は何と83歳だそうです。定年を迎えてなお、20年という人生が待っています。60歳以上の夫婦二人家庭へのアンケートでは、一月の最低必要生活費は 平均27万円年金支給は同じく二人で 約22万円毎月 5万円の赤字です。年に 60万円  20年で 1200万円 必要となります。これには、賃貸の家賃や家のローンは含まれてませんよ。長めの旅行や、ゆ...

老後は社会に頼らない生き方の勧め私は会社に頼って生きてきました。会社に行っていれば給料を貰える。そして将来のために会社が厚生年金を積み立ててくれている。だから定年になったら社会が面倒を見てくれる。つまり社会に頼っていたのです。いや、信用していました。どちらかというと、あなたもそうではなかったですか ?あなたも私もやがて歳を取ります。歳をとっても家族とともに生活を続けなくてはなりません。住むところ ...

あなたは外国で働いたことはありますか?私はありませんので実態はわからないのですが、日本のように年齢で切られてしまうのでしょうか?外国の老後は、小太りの初老の男性が景色のいい山間の田舎で、奥さんとコーヒーを飲みながらゆっくりとした時間を過ごす・・・。映画の影響でしょうかね?日本には定年という大きな出来事が存在します。自営業の方は関係ないのでしょうが、後継者探しという大きな問題をクリアしていかなくては...

老後の事にはほとんどの方が不安を抱えています。決してあなただけではありませんので、安心してください。老後の不安とは何が原因なのでしょうか?老後の不安は、全ての意味で『生活ができるだろうか』と言う事ですよね。生活を続けるためには、まず健康 そして経済問題、つまり収入のあて です。身体はどんどん衰えてしまいます。そうなると抵抗力も弱くなり、些細なことで病気や怪我をしてしまいます。お金がいくらあっても、...

"自宅で出来る仕事"を探してみたことがある人は、かなり多いのではないでしょうか。あなたもきっと 探してますよね。毎日の通勤や気の合わない得意先や同僚、いい歳してまで上司の管理下に置かれるのが嫌だからです。体力的から考えても、できることなら自宅での仕事を実現したいものです。寿命が延びているだけに定年後の収入や老後の生活を支える仕事選びは、深刻です。私が思うに本来、仕事とは、『人の困った』を手助けする...

『楽しくのんびりと、老後を過ごす』 もはや過去の話。今は何と、老後破産や下流老人なんて言葉が出てくる始末です。そうならないためには老後資金が何千万とか一億とか言われますが、早くに結婚して子供が独立してからの期間がたくさんある人でないと用意できる金額では無いですね。平成25年の4月からは、希望すれば定年後も65歳までは雇用する義務が出来ました。  (高年齢者雇用安定法)とは言え、賃金が下がった人は継...

アフィリエイターは集客の達人資格があれば定年を考えずに安心が手に入ると考える人は多いですが、取得する苦労以外に、失敗しないために準備しておくことはないのでしょうか?現役時代から社内の昇進試験などで鍛えられている人は別ですが、久しぶりの勉強はなかなか大変みたいです。それでも受験するのは資格があれば再就職や定年後の独立に役に立つはずだ というのが理由です。ところが実際には、独立開業して成功する人と「資...

自由への近道は、たった一人で稼げるようになる事宝くじは当たりませんからね。自由の意味は人によって違うでしょうが、まずは早く手に入れる事に集中しましょう。今まで「あっと言う間」に過ぎていた 1年間。きっと今日からの 1年間も「あっと言う間」です。何となく 1年経っているかもしれません。だったら今日からの 1年間を自由を手にするために使ってみませんか?今までの一年と同じようにきっと「あっという間」に自...

この本プレゼントしてます幾つになっても人生は変えられます老後を諦めるのではなく今日から行動に移しましょうなぜならばこれからのあなたの人生で一番若い日は、今日だからです========================================定年後、そして老後にこそ自由を求める人がたくさんいます。なぜかと言いますと、仕事に追われて自分や家族との時間が取れなかった人達ばかりだからです。毎日が不自...

老後に頼れるもの老後の生活はある意味楽しみであり、不安の塊でもあります。理由は明確、収入と健康 ですね。自分が身体を壊すかもしれないし、連れ合いがおかしくなってしまうかもしれません。明日家族の誰かが急に認知症になる事は無いと思いますが、交通事故などでいきなり要介護者になる事は、十分考えられることです。老後の期間の方が確率は高いでしょうが、いつでも起こりうることです。幸いにして、私の家族には要介護者...

自由になれば老後は楽しい老後が楽しめないなら今までの苦労はなにも報われないことになります。今まで、散々我慢しましたよね。休日のはずが、いきなり会社や上司から電話が入り、出社しなければならない事、きっと何回もありましたでしょ。出てくれ (出社してくれ) と言われれば出て行かなければなりません。出てくれならまだいいですが、出るのが当たり前 のような言い方される時もありませんでしたか?約束があるのに、急...

あなたには貯金があるあるのに老後の事を考えると不安になる。何故お金をためられたかというと、・あなたがあまり浪費をしなかったから、・贅沢を我慢したから、・お金のかかる趣味を持っていなかったから・お給料が高い会社に勤めていたから、そういう会社ですと、退職金もまとまった額があります。私から見れば、ウラヤマシーそれでも、あなたは老後の事を考えると不安なんですよね。お金を貯めることが出来た理由  = 使わな...

先送り人生、私もそんなタイプですが、老後の生活苦は間違いなく近づいてきます。老後 と言うと、まだ先のようなぼんやりしたイメージですが、定年という節目は具体的にイメージできますね。何度も書いてきましたが、自分で稼ぐ力を身に付けないと、今まで同様、不自由で喜びの少ない生活からは抜け出せません。自分で稼いできたつもりでも、サラリーマンとして誰かが作ってくれた仕組みの中に入らせてもらっていただけです。稼が...

みんな楽がしたい。年金じゃ食べて行けないので仕事をします。なので 『楽な仕事』 となるのでしょうが、なぜ、楽な就職先を探そうとするのでしょう?仕事 = 就職これではいつまでたっても多かれ少なかれ 『社畜』 ですよ。言葉か過激すぎました。でも、一度や二度は「いつまでこんなことやらなければいけないのか・・・」そう思ったことがありますよね。纏めページにも『楽な仕事 ベスト〇〇』 なんて記事が書かれていま...

老後の不安が解消出来たら、残りの人生をどれほど楽しく生きられることでしょうか。老後に不安を少しでも感じている人は、100人のうち何と80人以上もいるそうです。(生命保険文化センター調べ)多くの人たちはそれぞれの仕事を一生懸命続けてきており、老後の生活に不安が残るようないい加減な生き方はしてきていないとの自負があるでしょう。年金だって税金だって健康保険だって、サラリーマンであれば給料から嫌でも差し引...

--- たった2つですよ ---社会に頼ることなく、老後の人生を不安なく、楽しく生きるために何をすればいいのか。『老後に不安を感じている人』は、何と8割以上もいます。昔は “老後” のイメージと言えば、『仕事を辞めてのんびり縁側に座って日向ぼっこ』そんなのんびりお気楽なイメージでしたが 今は何だか、暗く寂しいイメージじゃないですか?寿命が延びて、定年から20年以上も生きなければならない事と、リタイ...

ある農家の若旦那の健康観今日は、『老後と健康』について書いてみようと思います。あなたは、『お金はあるけど病気ばかり』と『健康だけど貧乏』のどちらがいいですか?茨城県で農業を営む人と知り合いになったのですが、その人はあることをきっかけに人生観が変わったそうです。ご自分で「うちは大地主」とか「大農家」とか言う人なので、正直あまり好きではないのですが、これも勉強 とばかりにいろいろ聞いてみました。田んぼ...

これからは、ますます老後が厳しくなります老後に不安を感じている人は多いですよね。もっともっと老人たちに優しくない社会になるというお話です。『定年になったらどうしよう』多くの方の不安は、まさにこれです。あなたの不安も、これなのではないですか?不景気と就職難、社会保障予算の削減、少子化による納税者の減少、高齢者の増加と長寿命あらゆる商品の価格競争とサービス過剰ただでさえ日本という国は、先進諸国の中では...

悩み 犬にだってきっと・・・将来あなたがどんな悩みを抱えることになるのか気になりませんか ?知っていれば今からでも準備ができます。現在、高齢者が悩みがちなことのランキングと、解決出来そうな対策とは何があるのか避けて通れない、高齢者対策を考えてみます。

歳を重ねてから学ぶべきは一体何なのか?これからの老後の人生を生きていく上で、何を学べばいいのか?切羽詰まったところとして、『定年後を如何に生き抜くか』を知りたい人は多いでしょう。そして、「よく分からない」と言う方も多いのではないでしょうか。今さら学ぼうとしても、硬くなった頭が受け付けないとおっしゃるかもしれませんが、『定年』と『老後』を生き抜く術は、サラリーマンの延長だけでは苦戦すると思いませんか...

定年とその後の収入への不安は女性も同じ将来の収入に不安を抱えているのは女性も同じで、数多くいらっしゃるでしょうに、私のブログはどうも男性向きに偏っていた気がします。青山は、ずっと定年と言う境目を中心とした年齢層の人たち向けにブログを書いて来ました。それは、私自身定年近くの歳になって改めて自分の未来がいかに危険な状態かに気が付いたからです。そのくらい、私はのんびりしていました。( 家族が気の毒ですね...

老後くらいは、時間を作って趣味でもして楽しみましょうよ。そんな事言われなくても増やした時間に趣味を楽しもうと考える人はたくさんいる事でしょう。ところがそれがかえって悩みの種になっている人も少なくないようです。どういう事でしょう ?意外と趣味を持っていないんですね。忙しかった興味が湧くものが無かった仲間がいなかった趣味を楽しむだけのお金が無かった自分に何が向いているかわからなかった新しいことをするの...

将来、老後の不安の一つ、『お金の不安』経済的なゆとりはどこから来るのでしよう。私が思うに、貯金は絶対的な安心とは言えません。たとえ何千万円あってもです。なぜなら、老後のサラリーマン収入は現役時代ほどには望めないわけですから、貯金は増えることなく減る一方になるからです。人は誰でも、ある物の量が少しでも減ると 妙に不安になります。それがお金であれば、なおさらです。もう一つの不安『自分やパートナーの健康...

私は思います。 楽して生活できればこれほど良いことはない。人は基本的に怠け者です。本音のホンネでは、間違いなく楽がしたいんです。学校時代から競争させられ、社会人となっても好むと好まざるにかかわらず、比較されてきました。そして気が進まなくても努力を強いられ、常に何らかの形で実績を追及されてきました。「あぁ~ もう解放されたい 好きなだけゴロゴロしていたい」「就職と共に我慢してきた趣味の世界、家族との...

老後も夫婦仲良く楽しんで良いはずの老後に趣味もなく、やることが見つからず、奥さんとは気持ちがズレっぱなし・・・人にとやかく言われながら頑張って働きとおした結末がこれではあまりにも悲しすぎます。それに、一生懸命に真面目に働いてきた人ほど、定年後にぼけてしまうようです。一人になる事が増えて、楽しみがないまま "分からない人"になっていく。これにはデータが取れているようで、右脳を使って生きてきた人ほど認...

子や身寄りのいない人の老後老人ホームに入る場合に保証人が必要だという事をご存知ですか?  子供がいないなど、身寄りがいなければどうしましょう。老後の壁は至る所にありますよ。認知症になった時に財産の管理がきちんとできなければ、詐欺にあう事もあります。自分の財産を詐欺師のために積み上げたつもりはありません。これも子がいない人の不安ですね。意識不明になってしまったときに、たった一人で植物人間のようになっ...

子なし夫婦は社会現象?子供がいない理由は様々です。健康の理由経済的な理由どこにも問題はないのに子宝に恵まれない亡くなってしまってその後はもうけたくない夫婦だけで生きていきたいどのような理由であれ、他人がとやかく言える内容ではありません。心無い、差別的な言葉は無視しましょう。ただ、この時代になって急に増えたように見え、問題が大きくなってきたかに思えます。どんな問題かと言うと、子なし夫婦の老後問題です...

サラリーマンの4割の人が定年後の事をきちんと考えていないというアンケート調査があるそうです。『安心』 『安定』 会社勤めのそんなイメージが、定年後の事を深刻に考える気にさせないのかもしれません。会社にもよりますが、60歳の定年の前に55歳で役職定年というものが来るようです。 定年後の老後の生活がどんどん不安なものになっていく気がしています。定年退職してから年金支給までの5年、60ヵ月を貯金や退職金...

定年後をどう過ごすか?毎日のように外を出歩く人は少数派です。多くの人が家でゴロゴロ。ゴロゴロしていても生活が出来るくらいの貯えなり何らかの収入がある人が羨ましいですが、そうでない境遇の人もゴロゴロしてしまうようです。これは、毎日朝から晩まで管理された数十年のサラリーマン生活への反動です。やっと定年になったので、外には出たくなくなるんです。ですが、しばらくはそれもいいでしょうが、いつまでもそんな事を...

老後が怖いと感じている人が増えています。お金はどうしよう、家族の誰かが大病にかかったら・・・、いつかは一人になってしまうのだろうか、いつまでも、ここに住み続けられるだろうか。いろいろな不安が恐怖へと変わっていきますが、多くは老後の生活費、『お金』 にまつわる怖さです。お金のことは現実的で、ある意味分かり易い と言うのも影響しているかと思います。なぜ『怖い』までの気持ちになるかと言うと、①年齢がいく...

page top