トップへ戻る

不労所得は罪悪なのか

働く時間は長い方がいいですか

 

 

働かないことが罪悪 ?

 

 

働かずに一日好きなことをやっていて、そこそこ収入がある人を見たら
「金持ちのボンボン」と言われるのが落ちですね。

 

 

特に日本人は、本人も罪悪感を感じるんですね。

 

 

働いている人は真面目  働かない人は不真面目

 

 

朝から晩まで言われたことをひたすらやり続ける人は
ある意味真面目でしょうが、
社会の評価 本音での評価はどうなのでしょう?

 

 

平日の朝からゴルフ三昧の社長さんや会社のお偉いさんは、不真面目なのでしょうか。

 

 

 

 

まぁ中にはそんな人もいるかもしれませんが、自分の役割をちゃんと果たしている人が多いんですよ。

 

 

働き方・その内容 が、問われるのではないですか?

 

 

その人の役割は、自分が居なくても会社に収益が上がり続ける仕組を管理し、壊さないこと。

 

 

ビジネスを所有する側の人は、働かなくても収入が入って来るんですね。

 

 

昼から出勤でもいいんです。

 

 

働かないことに罪を感じるのは、従業員思考なんです。

 

 

私のように、ずっと従業員としてやってきた人間にとっては、何かしら働いてないといけないような錯覚を起こします。

 

 

働かないと罪悪感を感じる と言う思考のままでは、いつまでたっても自由は手に入りません。

 

 

毎月一生懸命に働いて、生活できるギリギリくらいの給料をもらい続けるのが従業員。

 

 

経営者思考に切り替えなくてはなりませんし、大金が入ってきても上手く管理できる器になっていかないと、どんどんお金が去っていきます。

 

 

貧乏に慣れてる人は、突然大金が入ってくると、『どうやって使おうか』と考え、くだらないことに湯水のようにお金を使って、悲惨な生活になる様です。

 

 

お金を使い慣れている人は、同じ『どうやって使おうか』でも、さらにお金を生む仕組みを発展させるために投資をしたり、自分のスキルを高めるために自己投資をするんです。

 

 

お金持ちは、さらにお金が集まるようになるんですね。

 

 

貧乏な人は、ずっと貧乏なままです。

 

 

考え方、発想が違うからです。

 

 

いろんな本を読んで私も学んでいます。

 

 

滲みついたものは、なかなか抜けませんが・・・ (笑)

 

 

ずっと貧乏な生活に慣れていた私ですから、人一倍勉強して意識改革をしないと、お金の奴隷になってしまうんです。

 

 

お金に対して私が主人になるのは大変なことです。

 

 

私のためにお金に動いてもらうという事です。

 

 

今までは、お金の奴隷だったものが急に立場を入れ替えて、主人になるのですから。

 

 

アフィリエイトで稼ごうとしている人の中には、お金との向き合い方も悩んで考えておられる方も多いです。

 

 

そういう人達は、すでに不労所得の域に達しているわけです。

 

 

 

 

 

インターネットは、世界とつながっています。

 

 

その可能性は無限大ですし、そのビジネスチャンスは、いたる所に転がっています。

 

 

普通の一般人が、見た事も予想もしてなかった成功をおさめる可能性に溢れています。

 

 

人生を変えてしまうチャンスをみすみす逃すのでしょうか、掴むのでしょうか。

 

 

お金を生み出す仕組みを作って、その仕組みを管理して、足りないところを随時補修して、

 

 

それが出来れば、残りの時間は自由に好きなところで好きなことをやっていればいいんです。

 

 

それでも充分 不労所得です。

 

 

 

 

 

経営者思考です。

 

 

罪悪感にとらわれる必要なんて、全くありません。

 

 

だって、立派に仕事をしているんですから。

 

 

 

この仕事は、

 

まっすぐ 不労所得に向かえる仕事てす。

 

詳しく知りたければ、メルマガでお伝えしています。

 

今なら登録の方にプレゼントがあります。

 

 

プレゼントをお送りするメールアドレスをご記入ください。

メールマガジンと共にお送りします。

 


苗字  *
メールアドレス  *


入力いただいたお名前やメールアドレスは、当方からのメルマガやお知らせ以外の用途に使用されることはありません。



 
PageTop▲
トップページ プロフィール お問合せ プレゼントを受取る 推奨教材