トップへ戻る

ASPがなければ始まらない

ASPって何なのよ

 

 

ASP (アフィリエイト・サービス・プロパイダ) と呼ばれるサービス機関とは、

 

広告主とアフィリエイター、
そして購入するお客さんをの間を結び付けて、
面倒な処理を引き受けてくれるところです。

 

 

 

普通の生活には関係ないように思えますね。

 

 

でも、あなたがインターネットで商品を購入したことがあるなら、
知らないうちにかかわっていたかもしれませんよ。

 

 

 

 

有名どころでは

 

A8.net

 

インフォトップ です。

 

 

また大手通販会社 ( Amazon 楽天 ) は、その会社そのものがASPです。

 

 

他にもたくさんありますので、"ASP" で検索してみてください。

 

この仕事もそうですが、
業界ごとに知らない言葉がたくさん出てきます。

 

自分でインターネット検索する癖を付けましょう。

 

 

ASPは、商品を作るメーカーと購入するお客さん、
そしてその商品の広告を扱うアフィリエイターの間を取り持つとても便利な機関です。

 

メーカーは一つでもたくさん売りたい、でも広告費はかけたくない。
アフィリエイターもたくさん売りたい、でも商品を直接扱いたくない。

 

この両者を取り持ちます。

 

ASPはたくさんのメーカーのたくさんの商品と契約を結んでいます。
そして、その商品ごとにいろいろな種類の広告をそろえています。

 

アフィリエイターは、ASPと契約することで、そのASPが取り扱う様々な商品の広告を取得して
自分のページに張り付けることが出来ます。

 

そのページの広告を見たお客さんが欲しくなってクリックすると、メーカーのサイトに飛びます。

 

そして購入すると、広告を貼ったアフィリエイターに報酬が発生します。

 

メーカーは、商品をお客さんに発送します。

 

お金の流れも、これらASPがきちんとやってくれますので安心です。

 

 

 

これで、メーカーは無駄な経費を掛けずに売れた分の広告費だけを支払えば済みます。
アフィリエイターは、商品を自分で仕入れて在庫を作る事も無ければ、煩わしい発送の仕事に追われることもなく、報酬を手にすることが出来ます。

 

 

ですので、
「いろんな人のブログに貼ってあるような、
      あんなカッコイイ広告作れないよ」

 

そんな不安はいりません。

 

ASPからその商品のHP用の広告数種類の HTMLタグ (ホームページ製作用の暗号みたいな文字の集まり) がもらえます。

 

 

それをページにコピペ(コピーアンドペースト)するだけです。

 

 

 

整理すると
①あなたのサイト・ブログを作る
②ASPに登録する
③ログインして好きな広告を選ぶ
④自分のサイト・ブログに、その広告を貼る
⑤サイト・ブログをUP (公開) 反応を待つ
⑥成果に応じて、ASPから報酬が振り込まれる

 

 

 

ASPによって、得意としている商品は様々です。

 

また同じ商品でも、ASPによって売れた時の報酬額が違う事もあります。

 

 

 

その報酬は、売値の何% とか 1商品に付き○○円 と言う風に決まっています。

 

誰でもが知っている大手通販会社で扱う商品は、大抵売値の数% です。

 

・・・少ないですね。

 

それに対し情報商材と呼ばれる類の商品は、多いと売値の50%にもなります。

 

 

 

 

どんな商品を売りたいか、自由に選んでかまいません。

 

①あなたの趣味に沿ったブログや、特集にしたいHPの内容に沿った商品か、

 

②市場をにらんで売りたい商品(売れそうな商品) を決めてから、それに沿ったページを書き続けるか、

 

大きくは、この二通りの選択肢から選び出す人が多いです。

 

 

 

決まりはありませんので、あなたの好みで選べばよろしいかと思います。

 

大抵のアフィリエイターは、複数のASPに登録しています。

 

 

登録にお金は必要ありません。

 

ASPもたくさんメーカーと広告の契約をして、
たくさんのアフィリエイターに広告を貼ってもらって、
商品がたくさん売れた方が良いからです。

 

 

 

まずは登録ですが、
その際に、広告を貼るあなたのサイトなりブログが無ければなりません。

 

稼ぐ目的のサイトやブログの作り方

 

登録するときにそのURLを入力しなければならないからです。

 

 

 

 

 


page top